白河オリンパス株式会社
シラカワオリンパス
2021
業種
医療機器
精密機器
本社
福島

私たちはこんな事業をしています

当社は、首都圏の外郭として重要性が高まる福島・白河で操業を開始しました。

消化器内視鏡 世界シェア70%を誇るオリンパスにて、医療用内視鏡システムの光源装置・撮影装置などをはじめ、
超音波内視鏡やカプセル内視鏡の開発・生産を行い、グループの一翼を担っています。

当社の魅力はここ!!

事業優位性

消化器内視鏡世界シェア約70%

当社は内視鏡医療関連機器の開発・生産・修理拠点として着実な発展を遂げ、特に内視鏡医療分野は日進月歩の発展を続けるとともに様々な方向に拡大を続けています。1950年に世界に先駆けて胃カメラの実用化を果たしたオリンパスは、今日までの半世紀の間に内視鏡技術を大きく発展させてきました。現在では、消化器内視鏡の世界シェア70%がオリンパス製品というグローバル・リーダーに成長。当社から生まれる製品は、21世紀も高度な内視鏡診断をサポートし、世界のドクターと共に活躍していきます。そして私たちは、高品質の内視鏡製品の開発から製造・修理まで、常に新しい価値を創造し、医学の発展と進歩に貢献していきたいと考えています。

社風・風土

上下の隔たりのない開放的な会社

職場は風通しが良く、上下の隔たりがない、人間関係が良好な働きやすい環境です。また若い社員が多いので活気に満ち溢れています。上下関係にとらわれず、自分の考えや意見を発言出来る環境は、ものづくりの現場には必要不可欠。世界のトップにいても現状に満足せず、「もっとやれる」「もっといいものを作れる」という常に上のレベルを目指す姿勢で、社員全員が日々業務に取り組んでいます。当社では社員のスキルアップも支援。社員のスキルアップがあってこそ企業の発展が成り立つと考えています。

会社データ

事業内容 オリンパス株式会社の担当工場として、
世界トップシェアを誇る医療用の内視鏡システムの開発、製造、修理を行います。
設立 1978年11月30日
資本金 8000万円
従業員数 約1100名 (男性:約700名 女性:400名)
代表者 村上 不二男 代表取締役
事業所 本社/福島県西白河郡西郷村大字小田倉字狼山3-1
売上高 404億2400万円 (2017年度実績)
関連企業 オリンパス株式会社
オリンパスグループ
国際規格認証 ISO14001認証(品質管理システム)
ISO13485認証(環境管理システム)
OHSAS18001(労働安全衛生マネジメントシステム)
その他、諸外国より様々な認証を受けております。
主な取引先 オリンパス(株)
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)