株式会社東洋コンサルタント
トウヨウコンサルタント
2021
業種
建設コンサルタント
水道/ガス/電力・電気/エネルギー
本社
東京

私たちはこんな事業をしています

上下水道を中心に道路、橋梁、河川、公園・景観等の都市環境計画といった社会インフラの調査・計画・設計を、自治体等の事業体から依頼を受けて手がける事業を行います。最近は施設の新設から既存の施設を計画的に長く、安全・安心に利用できるようにするためのストックマネジメントへの対応が増加。新設から維持管理への変化に対応し、新たな技術やノウハウの取得を追求し、次世代コンサルタントというカテゴリーを創出しています

当社の魅力はここ!!

事業優位性

古い物を長く活かす。21世紀型の社会インフラを追求しています

上下水道をはじめとする社会インフラが現在、直面している大きな課題は「老朽化」「耐震化」への対応です。私たちが手がけるプロジェクトも、最近ではこうした「老朽化」「耐震化」に関連したものの割合が増えてきています。新しいものを建設するのではなく、既設の施設や構造物をこれからも長く活かしていくためにはどうすればいいか。私たちはこうしたストックマネジメントに向けたさまざまな技術やノウハウ、そして実績を積み重ねてきています。時代の変化に対応する中で、私たちは持続可能な社会の実現に向けて貢献していこうという意識を持って、21世紀の新しい社会インフラのあり方を追求している会社である、とも言えるのです。

事業・商品の特徴

「期待以上の結果や成果で応える」ことをモットーとしています

弊社は、人々が生活する上で不可欠な上下水道や道路、橋梁といった社会インフラの調査・計画・設計に携わり、今年で50周年を迎えます。長年にわたる実績とノウハウは、自治体などの依頼主の方々からの信頼につながり、大きな期待を寄せられています。私たちのモットーは、「期待以上の結果や成果で応える」こと。たとえば設定された予算を徹底して有効活用できるような計画内容にこだわったり、施工開始前に問題や課題が現れた時にもできる限りフォローアップしたり。一般的な「建設コンサルタント」の枠組みにとらわれず、よりよい生活環境を実現する社会インフラ構築のために全力を尽くすことで、より厚く、深い信頼の獲得を実現しています。

社風・風土

「社員の意見に耳を傾けてくれる会社」だから、風通しが良い

先輩社員の多くが「当社は社員の意見に耳を傾けてくれる会社だ」と、口を揃えます。たとえば新入社員が「下水管の現地調査でウェアラブルカメラを使ってみたらどうだろう」という提案をしたところ、「やってみよう」と前向きに検討が始まったと言います。同じく文系出身の新入社員は「わからないことがあれば聞いたら丁寧に教えてくれる」と、安心して働けているとか。そんな風通しの良い雰囲気が、極めて低い離職率につながり、勤続年数の長い社員が多い環境につながっています。またこれまでの計画・設計実績の資料を全社員が共有できる仕組みがあったり、個人の資格取得には全社で応援したりと、スキルアップを推奨する風土も根づいています。

会社データ

創業50周年! 1969年4月に設立し、年々成長を続けてきた当社は
今年2019年に設立50周年を迎えます。

その記念行事として、4月には50周年パーティーを開催!
永年勤続社員の表彰を行います。

さらに6月末には2泊3日で社員旅行(沖縄)を予定!
4月入社の新入社員も一緒になって、楽しんで頂けるよう
ただいま様々な企画を計画しています。

今年で半世紀を迎える当社を、
今度はあなた達と一緒に盛り上げていきたいと思います。
働き方改革推進中 当社は厚生労働省が定め、平成30年7月に施行された
「働き方改革に関するガイドライン」を遵守した
様々な福利厚生の充実化を進めています。

例えば、
●年次有給休暇の確実な取得
一定日数(年5日以上)の年次有給休暇を取得して頂きます。

●勤務間インターバル制度の運用開始
前日の終業時刻と翌日の始業時刻に11時間の休息を確保。

●勤怠管理システムの導入
社員一人ひとりの労働時間の状況把握の実効性を実現。

●時間外労働平均月20時間(2017年度実績)
当社は長時間労働の是正を目的に、
時間外労働の上限は45時間(年360時間)を原則とし、
特別な場合でも単月100時間未満・複数月平均80時間未満・年720時間未満を
限度に設定しています。

上記のように当社では様々な制度を導入し、
実際に運用・厳守することで
社員一人ひとりが安心して働ける
環境づくりを行なっていきます。
採用方針 当社は多彩な学部・学科卒の方の採用を行っています。
地域のインフラを支える建設コンサルタントの仕事ですが、
近年はIT技術を活用してプロジェクトを進める例もあり、
工学系・情報学系などの学問を学んでいた方も、
学生時代の経験を活かせるチャンスがあります。
IT化の事例 建設コンサルタントの仕事の中には、
インフラを整備するエリアの現地調査が含まれます。
そして近年こうした業務で活用されつつあるのが「ドローン」。

人間が立ち入れないエリアを迅速に調査できたり、
災害時の損壊状況などに関してもすぐに確認できるため、
仕事をスピーディに進めることが可能となっています。

また、「GIS」「VR」などを始めとしたシステムの活用事例も増えているため、
デジタル機器やPCの操作が得意という方も活躍しやすいフィールドです。
事業内容 ●下水道計画・設計
<営業種目>
・下水道ストックマネジメント計画 ・管路診断・改築・修繕計画・設計
・下水道全体計画・事業認可計画 ・下水道基本設計・詳細設計
・都市型浸水対策調査・計画 ・雨水流出解析(XP-SWMM)
・災害用マンホールトイレ設計 など

●上水道計画・設計
<営業種目>
・送水管・配水管実施設計 ・耐震設計・診断 ・給水管調査・設計
・浄水施設、配水池計画・設計 ・水利権更新申請書作成
・給水台帳閲覧検索システム ・水道台帳GIS管理システム など

●都市環境調査・設計
<営業種目>
・道路設計 ・電線共同溝設計 ・橋梁点検 ・公園・景観設計
・各種防災点検調査 ・土質調査 ・地すべり調査 など
設立 1969(昭和44)年4月1日
資本金 5000万円
従業員数 60名
売上高 8億500万円(2018年3月期)
9億円(2019年3月期見込)
代表者 代表取締役社長 小林幸男
事業所 本社:東京都豊島区高田3-18-11 シルヴァ高田馬場ビル

支社:関東(東京都豊島区)、北海道(札幌市中央区)

支店:神奈川(川崎市中原区)、埼玉(さいたま市南区)、千葉(千葉市稲毛区)、福島(福島県郡山市)、北陸(新潟市東区)、長野(長野県安曇野市)

営業所:相模原(相模原市南区)、船橋(千葉県船橋市)、松戸(千葉県松戸市)、柏(千葉県柏市)、茨城(茨城県水戸市)、取手(茨城県取手市)、静岡(静岡市葵区)、静岡東部(静岡県沼津市)、大町(長野県大町市)、松本(長野県松本市)、千曲(長野県千曲市)、山梨(山梨県南アルプス市)、栃木(栃木県佐野市)、群馬(群馬県高崎市)、道東(北海道釧路市)
許認可・登録 ●建設コンサルタント登録 建30第1575号
※登録部門:下水道、上水道及び工業用水道、鋼構造及びコンクリート、地質、道路
●測量業者登録 第(10)-7522号
●地質調査業者登録 質27第1921号
●一級建築士事務所登録 第60873号(東京都)
加盟協会 公益社団法人 全国上下水道コンサルタント協会
一般社団法人 管路診断コンサルタント協会
公益社団法人 日本下水道協会
東京商工会議所
一般社団法人 日本非開削技術協会
21世紀水倶楽部
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)