社会福祉法人野田芽吹会ノダメフキカイ
業種 福祉・介護
医療関連・医療機関/教育関連/その他サービス
本社 千葉

先輩社員にインタビュー

生活支援員
吉沢 知美(24歳)
【出身】川村学園女子大学  文学部心理学科 卒
【年収】非公開
頼りになるオーガナイザー
これが私の仕事 日々の生活のなかで、利用者さんの暮らしを全面サポートしています。
私が所属する「かえで班」では、棒立てやパズル、箸入れ等を行なったり、体力作りのためにラジオ体操や散歩に出掛けたりしています。

また、平日は利用者さんと一緒に作業を行なっています。休日は自身が担当している利用者さんと買い物に出かけたり、ご飯を食べに行ったりするなど、楽しんでもらえる外出を企画しています。

利用者さんの中には、食事・入浴・排泄など一人では困難な方もいます。できることは利用者さん自身で行ってもらい、出来ない部分だけを支援する。それが、私たちの支援のやり方です。また、出来ないことをそのままにしておくのではなく、“出来ることを増やしていけるような支援”を心掛けています。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
利用者さんとの距離が縮まるのと同時に、新たな発見に出会えます。
利用者さんの中には会話でのコミュニケーションが困難な方もいます。最初はそういった方達と、どう接していいか分からずに悩むことがありました。

ですが、日を重ねるごとに相手の気持ちが少しずつ理解できるようになり、また、伝え方もわかってきて、利用者さんと接することがどんどん楽しくなりました。

コミュニケーションがうまくいかなかった利用者さんとも今ではハイタッチをしたり、向こうから手を繋いできてくれるほど仲良くなれています。利用者さんの気持ちを理解することは難しいことではありますが、関わっていく中で新たな発見もあるため、楽しくも思います。そういった楽しさがあるから、私はこの仕事を続けることができています。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 和やかな雰囲気や日々の取組みを、説明会で感じられました。
学生時代にボランティアサークルに所属していたこともあり、人と接する仕事がしたいと考えていました。

就活の際は、全く違った職種の採用試験も受けてきましたが、サークル活動で知的障害を持った男の子と出会ったことをきっかけに、福祉の仕事に携わりたいという気持ちが生まれてきました。まずは説明会に行って話を聞きたいと思い、リクナビで探した時に一番最初に出会ったのが野田芽吹学園です。

たくさん話をうかがうことができ、また実際に施設を見学したことで学園の和やかな雰囲気を知ることもできました。利用さん達が作業している姿や職員の方々が真摯に支援している姿を見て、私も一緒に働きたいという思いが強くなり、入職を決意しました。
 
これまでのキャリア 入職2年目。かえで班に所属しています。

この仕事のポイント

職種系統 社会福祉士
仕事の中身 高齢化社会について考える仕事
仕事のスタイル 臨機応変な対応力が必要とされる仕事
仕事でかかわる人 高齢者と接する機会が多い仕事
仕事で身につくもの 臨機応変な対応力が身につく仕事
特に向いている性格 誰とでも親しくなれる人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

少しでも興味があるなら、まずは説明会などに積極的に参加する事をお勧めします。就職して「こんなんじゃなかった。」とギャップが生まれない為にも、自分の目と耳で見たり聞いたりして確かめることは本当に重要だと思います。

社会福祉法人野田芽吹会の先輩社員

サービス管理責任者として、支援計画の作成や見直しを行なっています。

サービス管理責任者(介護福祉士)
結城 良昌
江戸川大学総合福祉専門学校 社会福祉学科
[指向タイプ]わが道を行くパイオニア

利用者さんの昼間の作業の支援のほか、夜勤も任せてもらっています。

生活支援員(女性棟主任)
近藤 未央
千葉県立流山北高校
[指向タイプ]頼りになるオーガナイザー

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済 インターンシップにエントリー
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる