北海道住電精密株式会社
ホッカイドウスミデンセイミツ
2021
業種
金属製品
本社
北海道

私たちはこんな事業をしています

当社は住友電工ブランドの超硬合金工具である刃先交換式チップの専門メーカとして操業し、その後、超硬工具の原料である完成粉末の製造も開始し、生産規模を大きく拡大してきました。工業部品の製造には機械加工が必ず必要であり、私たちの刃先交換式チップがその担い手となります。刃先交換式チップは、自動車をはじめ、鉄鋼、造船からIT産業に至るまで幅広い工業分野で使われており、世界の産業発展と共に需要が拡大しています。

当社の魅力はここ!!

事業・商品の特徴

刃先交換式チップおよび完粉の専門メーカーとして事業展開

当社は、刃先交換式チップおよび完粉(超硬合金用完成粉末)の製造という非常に専門性の高い事業展開を行っています。超硬合金の刃先交換式チップは、自動車、鉄鋼、造船、IT分野など幅広い工業分野で使用され、当社は国内で業界トップクラスのシェアをもっています。海外への輸出も多く、世界のものづくり産業の発展に大きく寄与していると自負しております。新製品開発と生産技術の開発、改善についても力を注いでおり、さらなる飛躍を目指して企業努力を継続しています。専門性の高いメーカーとしての社会的役割を担う中、誇りを持って業務に臨んでいただくことができます。

社風・風土

北海道の気候に合った製品生産と地域密着の活動による地元貢献

当社の粉末冶金技術にとって、北海道の冷涼乾燥の自然は最適な環境であり、製品の品質と新素材開発力の強い支えとなっています。北海道発で国内はもとより世界のものづくりに貢献している企業といえるでしょう。また、地域への貢献として、「芝桜まつり」を毎年実施、構内に敷詰められた約6万株の芝桜のもと、地域の方々に構内を開放しています。催し物を実施し、地域の人々との交流を深め、町の一大イベントとして親しんでいただけるなど、地域に密着した活動を通して地元に貢献しています。

会社データ

事業内容 刃先交換式チップおよび完粉(超硬合金用完成粉末)の製造
設立 1972年7月1日
資本金 24億5千万円
従業員数 約600名(2019年1月末)
売上高 174億円(2018年3月期)
代表者 社長 大屋敬雄
事業所 【本社】
北海道空知郡奈井江町字奈井江776番地
沿革 1972年7月 会社設立
1980年11月 操業開始
1990年5月 操業開始10周年記念「第1回 芝桜まつり」開催(2800人の来訪者)
11月 操業開始10周年記念式典及び祝賀会開催
1992年1月 特別高圧電力受電開始
1996年10月 ISO9002認証取得(02年10月ISO9001認証取得)
2002年10月 TPM優秀賞第一類本審査合格(1998年6月TPM活動キックオフ)
2009年3月 北海道ツールエンジニアリングセンター(Hi-TEC)オープン
2010年2月 労働省労働基準局長「第二種無災害記録証」(350万時間無災害)
11月 操業開始30周年記念式典及び祝賀会開催
2013年12月 住友電工ハードメタル株式会社との共同出資で北海道精密ツール株式会社設立
2014年4月 従業員500人を突破
ホームページ http://www.nnss.co.jp/hokkaido/company.html
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)