株式会社ベネフィット・ワン
ベネフィット・ワン
2021

株式会社ベネフィット・ワン

東証一部上場/パソナグループ
  • 株式公開
業種
商社(総合)
インターネット関連/広告/コンサルタント・専門コンサルタント/情報処理
本社
東京

私たちはこんな事業をしています

ベネフィット・ワンが描く『サービスの流通創造』が実現した世界。
それは誰もが、自分自身にとっての「良いサービス」を
比較検討した上で選び、安心安全に買える世界です。
例えば…話題の映画を観る 仲の良い友人と食事に行く
久しぶりに家族と旅行に行く
日々当たり前のように、そして様々な場面で使う
「サービス」の情報をすべて集約し、適正な価格で選び、買うことができる
プラットフォームを創ろうとしています。

当社の魅力はここ!!

戦略・ビジョン

『サービスの流通創造』への挑戦

1996年、当時インターネットビジネスにおいてアメリカ発である『広告型』のモデルが主流となる中、『サービスの流通創造』というビジョン実現のため、当社が選んだ道は会員制定額サービスである『サブスクリプション型』。「いちばんお得を好きなだけ」利用できる「Benefit Station」というサービスマッチングサイトを構築してきました。「1度使ってみないと良さは分からない」そんな何気なく持っているサービスの常識を覆し、仮想空間であるインターネットを通じて、もっと便利な世界を創り出そう。そうすれば、人々の生活はもっと豊かに、感動的になる。そんな想いから生まれたビジョンです。

事業優位性

独自のビジネス展開で創り上げた、挑戦のためのステージ

1996年パソナグループの社内ベンチャー第1号として設立され創業22周年。福利厚生事業シェアトップ、国内13拠点、海外7拠点、会員数約760万人、前年比2桁台の増収増益を達成(2017年3月末時点)。主な収入源は会員企業からの月会費であり、前月の売上に翌月の売上が着実に積み重なっていく“ストックビジネス”のため収益が安定しています。当社のサービスを使っていただいている団体は業界・規模問わず約9000団体。また約140万以上のサービスコンテンツを提供しており、様々なサービス業とも取引があります。この安定した収益基盤と培ったネットワーク/ノウハウのもと、新規事業や海外展開など、幅広いフィールドで挑戦できる環境があります。

仕事内容

ビジネスを0から創り上げる面白さを感じる

唯一無二のビジョンを実現するため、これからは自分自身がプレーヤーとして活躍するだけではなく、ビジネスの全体像を見据え、成長スピードを上げながら仕事を進めていく必要があります。つまり、ビジネスの全体像を把握し、実現に必要な要素を0から創り上げる面白さがこれからのベネフィット・ワンにはあります。その面白さを実感するのに、年次・年齢は関係ありません。自分のアイデアを発信し、行動に移せるか否かでつかめるチャンスの数は無限大です。

会社データ

設立 1996年3月15日
資本金 15億2,700万円 
※2018年9月末現在 
従業員数 978名(連結) 741名(単体)
※2018年9月末現在
売上高 320億8,900万円
※2017年度通期
代表者 代表取締役社長  白石徳生
事業所 ■東京本社
■支店/大阪・名古屋・札幌・仙台・横浜・静岡・京都・神戸・広島・高松・松山・福岡
■松山オペレーションセンター
グループ会社 ■株式会社ベネフィットワン・ヘルスケア
■株式会社ベネフィットワン・ペイロール
■株式会社ディージーワン
■ベネフィット・ワン上海
■ベネフィット・ワンUSA
■ベネフィット・ワン インターナショナル
■ベネフィット・ワン タイランド
■ベネフィット・ワン インドネシア
■ベネフィット・ワン ドイツ
■リワーズ
主要取引先(敬称略) 旭硝子(株)/警察共済組合/(株)神戸製鋼所/敷島製パン(株)/全日本空輸共済会/ソフトバンクグループ/
東海旅客鉄道(株)/東京海上日動火災保険(株)/東北電力(株)/パナソニック(株)/東日本旅客鉄道(株)/
(株)日立製作所/丸紅(株)/三井住友カード(株)/(株)三井住友銀行/三越伊勢丹グループ共済会/
(株)三菱東京UFJ銀行/(株)リコー/早稲田大学健康保険組合 他(五十音順)
事業内容 -----------------------------------------------------------------------------
23年で築き上げた基盤を活かし、
  
 「サービスの流通創造」実現への躍進
     企業課題を多角的に解決する「BPO事業※」の推進
           ※BPO=Business Process Outsourcing
                        (企業の業務プロセスを外部の専門企業に任せること)

            2つの軸で更なる飛躍を目指していく…

-----------------------------------------------------------------------------

■サービスの流通創造の実現
創業時からのビジョンを実現するため、
『Benefit Station』の販路を開拓/拡大しています。

『Benefit Station』を企業のお客様向けの
特典やオプションサービスとして提供/販売し、
企業のお客様がその企業のファンであり続けるための支援をする
『CRM/パーソナル事業』。

訪日外国人観光客向けに提供し、
日本旅行の満足度向上を図る
『インバウンド事業』

BtoB、BtoC双方の視点で、
『Benefit Station』を展開し、
ビジョン実現へと近づいています。

■BPO事業の推進
現在約9,000団体が使う『福利厚生事業』をはじめ、
従業員のモチベーション向上のサポートをする
ポイント制報奨プログラムを提供する『インセンティブ事業』、  
企業の健康経営を後押しする『ヘルスケア事業』、
その他、出張支援サービスの『BTM事業』など
様々な当社のサービスを提供しています。

今後は各事業のビッグデータを解析し、
企業の課題・ニーズに応じて、より良いソリューション提案が
できるようプラットフォームを構築。
コンサルティングとソリューション提案を推進しています。

就業人口の減少や同一労働同一賃金などを背景に
「働き方改革」が求められる現代。
当社のBPO事業に追い風が吹いています。
オリジナル社内制度 ---------------------------------------------------------------------------
★社内制度
---------------------------------------------------------------------------
■オープンポジション制度
公募されたポジションにチャレンジできる社内公募制度のことです。
海外展開や国内での新規事業からプロジェクトまで、あらゆる社内のポジションについて社内で公募します。
募集にあたり経験年次の条件をつけることはほとんどなく、挑戦したいと思う人に平等に応募する権利を与え、主体的にチャレンジできる環境を提供しています。
この制度により、シンガポール拠点の立ち上げには当時入社3年目の女性社員、ドイツ拠点の立ち上げには当時新入社員の男性が選ばれました。

■社内ベンチャー制度
新規事業の創出や、チャレンジ風土の醸成を意図してつくられた制度です。
年に1回、全社員が新規ビジネスや業務改善に関する案を経営陣に直接プレゼンテーションできる機会を設け、優れたアイデアについては事業化に向けてのバックアップをしています。
当社では、社員一人ひとりが主役となってチャレンジしてもらいたいと考えており、入社1年目から参加することができます。

■ジュニアボード制度
毎年、1年間を任期に選抜された社員が社長直轄で様々な経営課題に取り組み、
トップとの意見交換や情報共有を行うと同時に具体的なプロジェクトを推進していく制度です。
この制度を利用して、社員の「発想力」「判断力」「経営感覚」の養成を目指します。

■自己申告制度
年に1回、社員一人ひとりが自ら考えるキャリアプランを直接人事部へ申告できる制度です。
キャリア実現に向けた具体的なステップを、人事部と共に考え実践していく仕組みです。
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)