株式会社安田屋
ヤスダヤ
2021

株式会社安田屋

アミューズメントホール「やすだ」
業種
レジャー・アミューズメント・パチンコ
ゲーム・アミューズメント機器/その他サービス/専門店(複合)/その他専門店・小売
本社
東京

私たちはこんな事業をしています

関東圏でアミューズメントホール「やすだ」を27店舗運営。

企業理念の「公正の徹底」「快適の創造」「信頼の蓄積」。
短期的な利益よりも顧客への還元を重視し、急激に店舗拡大をするのではなくお客様一人ひとりの満足を高め、地域に根ざした店舗づくりに専念する。
これらは創業者・冨田泰由が生涯貫き通した経営哲学に通ずるものです。
時代が移り変わっても、DNAとして次の世代にしっかりと受け継がれていく想いです。

当社の魅力はここ!!

施設・職場環境

比べて下さい!業界トップクラスの厚待遇と充実の教育制度

私たち安田屋は業界トップクラスの厚待遇を用意しています。業界平均を大きく上回る給料で、余裕ある生活設計が可能です。更に月9日の休み、有給休暇消化率はほぼ100%。「仕事もプライベートも充実させたい」その想いを叶えられる企業です。また、従業員一人ひとりが安心して成長できるよう、手塩に掛けて育てます。例えば多種多様な本社研修に加え、評価項目と自身の課題が明確になる新人用チェックシートがあります。それをもとに先輩や上司が丁寧なフィードバックを行う。着実に成長できる環境が整っています。だからこそ良い人材が育ち、良い仕事ができるようになる。そしてそれがお客様に支持され、愛される店舗づくりにも繋がっています。

企業理念

信念を貫く、安田屋。

70年近い歴史を持つ安田屋。現在の店舗数は27店舗。決して多くはありませんが、その一つひとつをじっくりと丁寧に、そして着実に「地域一番店」へ育ててきた自負があります。一方で、忘れてはいけないのが、チャレンジ精神。挑戦し続けること。安田屋のチャレンジ精神の象徴となるのが2017年、アミューズメント文化の更なる発展と、お客様への新しい価値を提供するために生み出された「YASUDA7」です。同業他社に先駆けた完全オリジナルパチスロ機の作成。業界に大きな影響と可能性を与えた出来事でした。「経営は堅実に、営業戦略は大胆に」安田屋の歩みはまだまだ続きます。

社風・風土

自分に賭ける、未来へ駆ける!~とことんカケルことができる会社

あなたが働く上で重視することは何ですか?自身の成長ですか?職場環境や人間関係ですか?待遇の良し悪しですか?私たち安田屋は、あなたの将来像を「描ける」ようにすることができる会社です。自由に使えるお金と時間がタップリ生まれる厚待遇。休日出勤やサービス残業がなく、働きやすい職場環境。70年の歴史の中で創り上げた強固な営業基盤と財務基盤。これら全てがあなたの人生を「賭ける」に値する根拠です。さらに、誰もが1から着実に成長していけるフォロー体制と明確な評価制度があります。自分の理想の未来へ向かって「駆ける」環境の整った安田屋で一緒に『カケテ』みませんか?

会社データ

7つの「カケル」価値のある会社!?    ◇安田屋には、7つの「カケル」価値があります◇
―――――――――――――――――――――――――――――
 【1】全力で「駆ける」ことができる活気溢れる職場環境

 【2】”人”に、”地域”に、自分の想いを「懸ける」やりがいある仕事

 【3】社員を手塩に「掛けて」育てる温かい社風

 【4】未来を「描ける」明確なキャリアパス

 【5】人と人との「架け橋」となれる人材を育てる教育制度

 【6】共に未来へ「翔け上がる」、想いを持った仲間の存在

 【7】自分を「賭ける」に値する、安定した営業基盤と財務基盤
―――――――――――――――――――――――――――――

このように私たちは、
全てにおいて「カケル」価値のある会社だと自負しています。

あなたも安田屋で自分に「カケテ」みませんか?




★==【安田屋の気になる7つの数字】==★

「0」
休日出勤、サービス残業は0!
プライベートを充実させることで、更に仕事に打ち込めるようになります。

「10.39」
1ヶ月の平均残業は10.39時間!
拘束時間が短く、自由な時間が多いのが安田屋の魅力!

「71」
愛され続けて創業71周年!長い歴史は信頼のあらわれ。
お客様の安心、従業員の安心につながります。

「99.8」
有休消化率は驚異の99.8%!
大切な有休が消滅する前に、会社側から積極的な消化を勧めています。
 
「1,327」
27店舗で売り上げは1,327億円!(2019年3月期)
創業以来ずっと赤字ナシの実質無借金経営です。

「20,200」
社員寮の家賃はたったの2万200円!
全国展開をしておらず、関東のみの出店ということは…
どこも家賃が高いということ。そんな中とてもお得な寮制度です。

「260,000」
当社の初任給はなんと月給26万円!
初任給の時点で手取りが20万円を超えるので、余裕ある生活設計が可能です。


安田屋の魅力は、まだまだあります!

ここだけでは伝えきれません。
ぜひ一度、会社説明会にお越しください!
事業内容 〇アミューズメントホールの経営 ―――――〇

現在、東京、埼玉、千葉、神奈川、群馬に、
パチンコ・パチスロ店「やすだ」を展開しています。
現在27店舗で1,327億円(2019年3月期) 業界でもトップクラスの客入りを誇ります。
経営目標 〇やすだグループ経営目標 ―――――〇

1. 遵法営業に基づく地域一番店をめざす。
2. 薄利多売による、お客様への還元をめざす。
3. 業界トップの厚待遇をめざす。
創業 〇1949年名古屋にて創業 ―――――〇

安田屋のルーツをたどると、名古屋で営業していたうどん店「冨田屋」に行き着きます。
その後、安くて誰もが気軽に足を運べる店であり続けるという想いを込めて「安田屋」と改名しました。
名古屋・熱田駅前に「安田屋遊技場」を開店したのが、1949年のこと。
大衆的な飲食店から、大衆娯楽の遊技場へ。
事業内容は変われど、常にお客様に喜ばれることを追求してきた精神は、今も受け継がれています。
設立 1959年12月
資本金 3,000万円
従業員数 954名 ※正社員468名(2019年4月現在)
売上高 〇1,327億円(2019年3月期)―――――〇

3,000社を超えるアミューズメント企業の中で10~15位にランクインしています。

ちなみに、台売り(パチンコ台、スロット台の1日あたりの売上)で比べた場合、安田屋はランク上位のあらゆる企業様を圧倒しています。
代表者 〇代表取締役社長 山下 信浩 ―――――〇

創業者である先代の冨田泰由と二人三脚で、安田屋の歴史を創ってきた人物です。
社長となった今でも自ら各店舗に足を運び、直に現場とお客様の様子を把握する行動力と情熱を持っています。

「これからの安田屋を創っていくのは若い人財です。様々なアイデアを集約・実践し、刻々と変化する『社会のニーズ』『お客様のニーズ』『従業員のニーズ』に応え続ける会社を目指します。」
事業所 〇関東圏に27店舗を展開 ―――――〇
 
本社/東京都板橋区大山町26-8

店舗/東京・埼玉・千葉・神奈川・群馬に27店舗

【東京エリア(13店舗)】
大山1号店/大山2号店/大山4号店/大山北口5号店/大山駅前店/清水町店/
仲宿店/スロット仲宿店/西池袋6号店/東池袋7号店/東池袋9号店/江古田店/ひばりヶ丘店

【埼玉エリア(6店舗)】
東大宮店/八潮店/戸田店/所沢店/三郷店/朝霞店

【千葉エリア(5店舗)】
幕張店/稲毛駅前店/四街道店/柏店/南流山店

【神奈川エリア(2店舗)】
相模原店/大和店

【群馬エリア(1店舗)】
前橋店
関連会社 株式会社メルス
株式会社冨田商事
沿革 〇誠実で、着実な歩みこそ、私たちの歴史―――――〇

1949年
名古屋にて「安田屋遊技場」をオープン
☆名古屋はパチンコ発祥の地でもあるんですよ☆

1951年
東京に進出し、板橋店をオープン
☆安田屋の本社も板橋区にあります☆

1953年
同業他社様に先駆け、クーラーを店内に設置
☆当時は百貨店等にしか存在しない代物でした☆

1959年
株式会社安田屋を設立

1981年
法人所得ランキングで業界第1位を獲得
☆慢心せず、お客様への更なる還元や待遇向上に努めました☆

1985年
新卒採用開始
☆業界の中でも非常に早いスタートでした☆

1989年
創業者の冨田泰由、日遊協副会長に就任
プリペイドカードシステム等を導入し、業界全体の透明化をリード

1993年
各店のバリアフリーを強化
☆「お客様の快適・安心」のため、何でもやる会社です☆

1995年
全店共通、接客サービスマニュアルの運用開始
☆接客レベルと接客意識の向上に励んでいます☆

1999年
創業50周年を迎える
☆イメージキャラクター「ヤンクル」を製作、発表☆

2009年
全店舗にAED(自動体外式除細動機器)設置
☆いざという時のための使用訓練も行っています☆

2017年
完全オリジナルパチスロ機「YASUDA7」を開発、発表
☆業界内に大きな衝撃と可能性を与える一大ニュースでした☆

2019年
創業70周年を迎える
☆百年企業、さらにその先に向けて驀進中です☆
CSR その1 ・東日本大震災発生後、被災地での復興支援ボランティア活動を行っています。
※東北地方に限らず、2016年は熊本地震・2018年は広島水害の被災地で支援活動を行いました。

・林野庁主催、海岸防災林復旧の「“みどりのきずな”再生プロジェクト」に継続的に参加し、植樹活動を行っています。

・地域の活性化を目指し、フリーマーケットを行っています。特に前橋店では定期的に開催。フリーマーケットの収益金で地域の社会福祉協議会に車いす等を寄贈しています。
CSR その2 CSR活動というと…
「その1」にあるようなボランティア活動や募金活動にばかり注目が集まりがちです。

ただ、知っておいていただきたいです。日々の営みにもCSRは散りばめられています。

・お客様が安心して遊べる場、安心して仲間と集えるコミュニティの提供。

・今なお20兆円ほどの巨大な市場を誇るアミューズメント業界は、存在するだけで経済支援、雇用支援という名の社会貢献ができている。

・企業の使命のひとつ、「利益の追求」 
70年近い歴史の中で、1年たりとも赤字に陥ったことのない安田屋。
つまりそれだけ「納税ができている」ということ。
ある意味、「これ以上ない社会貢献」と言えませんか?
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)