株式会社三葉製作所ミツバセイサクショ

株式会社三葉製作所

流体力学、機械工学、ロボット工学、電子制御工学、PLC制御
業種 機械
自動車/鉄鋼/商社(機械)/商社(自動車・輸送機器)
本社 長野、東京

先輩社員にインタビュー

製造課 生産技術係
渋沢 祐二
【出身】金沢工業大学  機械工学部 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 設計開発者と現場の技術者との間に立って、調整を図ること!
生産技術係は、設計者と向上現場の技術者との間にいるような部署です。
設計者は現場に対し、「こういった加工をしてください」と要望を出しますが、現場の技術者にとっては「これは難しい」ということも多々あります。こういった時に間に入り、加工がしやすいように設計を修正したりしながら、現場との調整を図っていくのが私の仕事です。
ですから、調整力・折衝力が求められる仕事です。こういった仕事では、曖昧に物事を進めてしまうとうまくいきません。できること・できないことをはっきりと伝えて理解していただき、その上で調整を図ることを心がけています。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
加工時間を従来の約半分まで短縮し、難しい加工を短期間で可能にしました!
製造に丸々1週間かかる部品の製造が必要となった時のことです。
設計者は「これが必要だから作ってほしい」と言うけれど、現場の技術者は「1台の機械を丸々1週間使ってしまうような加工は難しい」と言っており、なかなか調整がつかない時がありました。現状では納得のいく方法が見つかりませんでした。
そこで視点を変えて、今の機械をそのまま使うのではなく、加工が早く出来るような工具に変えたらどうかと考えました。世界中を探してみたところ、ぴったりの工具が見つかり、それを使うことで加工時間を約半分まで減らすことが出来ました。
結果、設計者の方にも現場の技術者の方にも納得して進めることができ、とても嬉しかったです。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 少量多品種メーカーに面白さを感じました!
大学で機械工学を学んでいたので、メーカーでの就職を希望していました。いくつか受けていましたが、少量多品種生産のメーカーである部分に面白さを感じ、当社に入社を決めました。
少量多品種といってもどの程度だろうか?と思っていましたが、入社して「想像以上だ」ということを感じました。予想以上に部品の種類が多く、今でも参ってしまう時もありますが、その分スムーズにこなせた時のやりがいは大きいですね。
 
これまでのキャリア 製造課 生産技術係【現職:今年で6年目)

この仕事のポイント

職種系統 生産・製造技術開発
仕事の中身 日常生活や身の回りで欠かせないモノやサービスを扱う仕事
仕事のスタイル 慎重さと正確さが問われる仕事
仕事でかかわる人 企業を相手に商談を行う仕事
仕事で身につくもの 顧客の嗜好を洞察する力が身につく仕事
特に向いている性格 ヒトの気持ちを理解し、相手に合わせた対応がとれる人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

たくさんの会社を見て、本当に自分に合っている!と納得できる会社を見つけたら、そこへ飛び込んでみたら良いのではないでしょうか。
また、当社に向いている方というところで言うと、知識よりもコミュニケーション能力が大切だと思います。コミュニケーションのポイントは常に笑顔でいること。周りの方も話かけやすい雰囲気を作ることが出来ると思います。

株式会社三葉製作所の先輩社員

機械設計。2D CAD、3D CADおよびシミュレータを利用した設計業務。

技術部 第2課
奥田 光太郎
金沢工業大学 工学部 航空システム工学科

押し出し機の付属品の設計開発をしています

技術部 第二課
清水 政樹
新潟工科大学 機械システム工学科

押出成形機の営業職。要望に合った装置をオーダーメイドで作り上げる

営業部 第2課
名取 健太郎
早稲田大学 先進理工学部 化学・生命化学科

電気設計、配線や図面の作成。

技術部5課
匿名
芝浦工業大学 システム理工学部 電子情報システム学科

社内ネットワーク・サーバーの運用・保守、ヘルプデスク、プログラミング等

技術部 情報技術課
匿名

ラインを構成する機械の設計をしています。

技術部 技術2課
匿名

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済 説明会・イベント予約 インターンシップにエントリー
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる