株式会社とらやトラヤ

株式会社とらや

チェーンストア/衣料スーパー・バラエティストア
業種 アパレル・服飾・雑貨・皮革製品
スーパー・ストア/その他専門店・小売
本社 静岡

先輩社員にインタビュー

商品部
小澤 緑(31歳)
【出身】都留文科大学  文学部英文学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 商品の仕入、在庫・売り上げ管理、商品売場づくり
仕入では、大きな買付として年に2回の展示会があり、そこで春夏・秋冬の商品セレクトをします。あとは月に1~2回程の出張や商談で売場におく商品を決定しています。この時私が大事にしていることは、『とらやに来て頂くお客様』がどんな商品を欲しがっているのか、どんな品質で、どのくらいの価格なら満足して購入し、使用して頂けるかということです。また、それは売場づくりでも同じです。自分がぜひ買って頂きたいと思い、仕入して商品をどのように陳列すれば、お客様にアピールできるのか、自分が満足するだけでなく、お客様も買い物がしやすかったと思って頂けるのかを考えながら売場づくりをしています。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
お客様から『買った商品を気に入って、また買いに来た』と言ってもらえた時
商品部は本部で事務作業をするだけでなく、売場にも立って接客をすることもあります。それは、今の実際の売場状況を知ること、お客様の要望を知ることや今後の商品選びのために非常に大切なことです。その時に、お客様と会話する機会も多いのですが、自分がセレクトして売場に並んだ商品を実際にお客様が気に入って購入するのを見たり、前回買ったものがよかったからとまた買いに来て頂けた時は、本当に嬉しく感じます。お客様の満足があってこそ自分の仕事の満足感へも繋がると思います。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 小さい時から利用していた身近なお店だったから。
自分の家の近くにも昔からとらやがあり、家族みんなで利用しているお店でした。季節の変わり目や何か学校行事がある際は、母と来て肌着を選んだことを覚えています。おもちゃやおしゃれな洋服ではなくても、新しいものを買う時、買ったものを家であける時、ワクワクしたのを思い出します。そういった気持ちを自分が売場に立ったり、商品を揃えることで、人に提供していける仕事に魅力を感じたからです。
 
これまでのキャリア 運営部(1年)→商品部(7年目)

この仕事のポイント

職種系統 バイヤー
仕事の中身 生活にプラスアルファな喜びや潤いを提供していく仕事
仕事のスタイル 目標をきちんと予定通り進めることが必要な仕事
仕事でかかわる人 一般消費者・利用者と接する仕事
仕事で身につくもの 客観的に整理・分析する能力が身につく仕事
特に向いている性格 信念を持って物事に取組むことのできる人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

自分が大学生の時に想像していた以上に社会に出ると、新しいことやびっくりするような現実がたくさんあります。そういうことを経験していけばいくほど、自分の中の世界や考え方がどんどん変わっていきます。今が自分の人生のすべてが決まる時ではないと思います。たくさんのことを経験し、たくさんの人に出逢って、様々な考え方を知って、自分の気持ちを大切に動いていって欲しいと思います。漠然としていてもこういう自分になりたいと行動していれば、結果もついてきます。

株式会社とらやの先輩社員

エリアマネジャー

運営部
則竹 亮輔
神奈川大学経済学部現代ビジネス学科

エリアマネジャー

運営部
川田 裕太郎
静岡大学 人文学部経済学科

お客様に安心・喜んでもらえる商品を作るパターンナ―

商品部デザイン室
片平 幾美
名古屋モード学園 ファッションデザイン学科

チラシ、POP、パッケージの制作手配

商品部VMD
松村 早苗
静岡県立清水西高等学校

バイヤーアシスタント

商品部
深澤 慶子
獨協大学

バイヤーアシスタントとして、主に商品の発注・管理をおこなっています。

商品部
片瀬 絢子
都留文科大学 文学部国文科

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる