ビジョンバイオ株式会社
ビジョンバイオ
2021

ビジョンバイオ株式会社

検査試薬開発/受託検査サービス/研修・セミナー/資格試験/
業種
コンサルタント・専門コンサルタント
その他製造/その他サービス
本社
福岡、千葉

私たちはこんな事業をしています

<オリジナリティのある高い技術で社会に貢献>

「見分ける技術」を通じた安全・安心をサポートする企業として、分析部門、プロダクト部門、ソリューション部門の3つを柱に事業を展開しています。

DNA検査の分野において評価をいただき、独自開発技術によるオリジナリティのある製品・サービスを目指して業務を拡大。試薬の開発・販売など、独自性の高い商品やサービスを提供しています。

当社の魅力はここ!!

戦略・ビジョン

「見えないものを価値あるものへ」カタチにする独自の開発技術。

当社はDNA検査をはじめとする受託検査業務において国内屈指の実績と評価を得ていますが、いわゆる「検査機関」ではありません。本来目指しているものは「世の中に新しい価値を提供し、社会に貢献すること」。1997年の設立以来、独自の技術開発にこだわり、他にはない製品やサービスを展開してきました。現在も「見えないものを価値あるものへ」という理念のもと、既成の概念にとらわれず、多彩な検査技術の確立、プロダクト(検査試薬・キットなどの自社オリジナル製品)の開発、セミナーや研修、さらには新しい事業部門と広い視野での事業展開を進めています。そこには、「当社にしか出来ないこと」で成長していくという強い意志があります。

事業優位性

「少数精鋭」「独自技術」でお客様の課題解決に貢献

独自性の高いサービスで、お客様の課題解決、付加価値向上に貢献することをテーマにしています。そのため、「できないことをできるようにする」「今までにないものにチャレンジする」姿勢を大切にしています。例えば、オレンジの食物アレルギー検査。お客様の「あったらいいな」をきっかけに、入社3年の社員が開発しました。一人一人が社歴に関わらず主役になれるのは、少人数・成長中の企業だからこそ。また、事業も「DNA」「検査」といった分野に限定されるわけではありません。言いかえれば、独自性が発揮できることであれば、将来的に何でも出来るということ。今後も技術力、開発力を武器に、画期的な製品、サービスを生み出していきます。

社風・風土

「社員の可能性も育てる」充実の職場環境。

当社の行っている事業の多くは、地道に積み上げてきた検査結果や分析の上に成り立っています。それだけに、「携わる社員が安心してじっくりと仕事に取り組めるような福利厚生・待遇面での整備」と「年齢や社歴に関係なく、誰もが自分の能力を発揮して活躍できる環境づくり」の両面に力を注いでいます。福利厚生においては、社員一人ひとりの可能性や成長を支援するものが多く、また同時に成長を評価し、提案やアイデアを促進する制度も充実しています。仕事・プライベートの両面でのサポートによって、一人ひとりが主体性を持って業務に取り組み、成果に報われ、人生を楽しむことが出来る。そんな職場をつねに心がけています。

会社データ

事業内容 検査試薬(簡易検査キット)等の開発・販売や受託検査を手掛ける研究開発型企業です。
≪見えないものを価値あるものへ≫のミッションのもと、独自の技術で世の中にないサービスを生み出しています。


<プロダクト部門>
品質管理、検査コストの削減、高付加価値化を実現した自主検査キット

【主な製品】
・新潟県コシヒカリBL判別マーカーセット
・お米鑑定団
・コシヒカリ鑑定団
・お肉鑑定団
・異物鑑定団


<サービス部門>
主に食品業界(メーカー、商社・卸、小売、外食・中食など)を対象に、
DNA検査や理化学検査などのサービスを提供

【検査センター】
・食品検査センター
・異物検査センター
・自然環境分析センター


<ソリューション部門>
検査技術をもとに、お客様の付加価値向上や課題解決をサポート

【主なサービス】
・セミナー・研修(異物鑑定団技術セミナー など)
・資格試験(異物検査技能検定、DNA鑑定能力検定)
・品質管理、付加価値向上支援(Safety Checkマーク認定・DNA検査システム導入認定)


*一般社団法人 検査技能検定協会について*
専門知識・技能が必要とされる各種検査・分析業務に関して、研修・セミナーや資格認定を行う団体として、当社が中心となり立ち上げました。上記のセミナー・研修、資格試験は、一般社団法人検査技能検定協会が主催しています。

▼一般社団法人 検査技能検定協会
http://www.atst.or.jp/

設立 1997年6月
環境調査を行う「有限会社ビジョン環境研究所」を設立。その後約5年間、環境アセスメント等に関わる調査や予測評価業務に取り組み、その間には、九州大学などと環境ホルモンの生物学的影響を検出する技術について共同研究を実施。2000年以降の食品に関わる事件や事故により食の安心安全に対する社会的な関心が高まる中、「オリジナリティのある高い技術で社会に貢献すること」を目指して、事業を「環境」から「食品」へと大きくシフトし、現在に至っています。

資本金 1,000万円
従業員数 14人(2019年5月現在)
売上高 1億7507万円(2018年5月期)
1億7365万円(2017年5月期)
1億4733万円(2016年5月期)
代表者 代表取締役社長 塚脇 博夫
・日本DNA多型学会
・日本法科学技術学会
・日本法医学会
・DNA鑑定学会会員
本社 ◎本社
〒839-0864 
福岡県久留米市百年公園1-1  久留米リサーチセンタービル1F
Tel:0942-36-3100
Fax:0942-36-3101
事業所 ◎東日本オフィス/東京R&Dセンター
千葉県柏市柏の葉5-4-19 東大柏ベンチャープラザ206B

◎関西オフィス
京都府京都市下京区中堂寺粟田町93 KRP4号館3階 KRP BIZ NEXT
所属団体 福岡県バイオ産業拠点推進会議
DNA鑑定学会
日本精米工業会
自社HP コーポレート http://www.visionbio.co.jp/
食品検査センター http://www.visionbio.com/
異物検査センター http://www.visionbio.jp/
主要取引先 農林水産省/国土交通省/総務省/地方自治体/農協/生協/卸問屋/メーカー(食品、工業製品、医薬品等)/百貨店/小売店/外食/商社/生産者 等
主要取引銀行 筑邦銀行/三井住友銀行/佐賀銀行
特許 平成26年01月 バイオマス試料の由来判別方法(特許第5466428号)
平成26年09月 アレルギー物質の検出方法及びアレルギー物質の検出に用いる
            プライマー(特許第5611510号)
平成26年12月 コメの産地判別方法(特許第5663654号)
平成27年02月 DNA検体保管および個人識別方法(特願2015-52640)
主要製品 各種検査で蓄積した技術とノウハウを注ぎ、独自性の高いプロダクトを生み出しています。

■お米鑑定団
米の品種の確認や他品種混入の有無を判別、また不明品種を特定するための検査試薬キット。150品種以上(精米、玄米、種籾、炊飯米、葉)の判別に対応しています。

■お肉鑑定団
肉種判別や他肉種混入の有無を判別するための検査試薬(定性検査)キット。加工食品内の肉種判別検査として、原料肉はもちろんのこと、ミンチ肉・加工肉製品などにも幅広く対応しています。

■異物鑑定団
混入異物のスクリーニング用試薬キットです。食品、工業製品、化成品等の製品から発見された異物について、大まかな分類と過熱状態を簡便に判別できます。

■コシヒカリ鑑定団(DNA実験キット)
先生方の声から生まれた学生実験専用キットです。DNA実験を安心・安全・効率よく行うことができます。DNA実験のキットとしては、全ステップがパッケージ化された国内唯一の教育向けキットです。

■新潟県コシヒカリBL判別マーカーセット
平成23年から令和元年までの全号数の相互識別に対応した国内唯一の判別マーカーセットです。

検査センター 各種検査においては、非常に幅広い検査をフォローしています。

<食品検査センター(食品や原料の検査)>
■DNA検査
米品種判別検査、穀物品種判別検査、肉種DNA判別検査、魚介類DNA判別検査、動物DNA同定検査、植物DNA同定検査、原材料純度確認検査、微生物DNA同定検査、微生物叢検査、遺伝子組換えDNA試験(ISO対応)

■理化学検査
食物アレルギー検査、グルテンフリー確認検査、放射能検査、残留農薬検査、動物医薬品検査、カビ毒検査、米カドミウム検査

■産地判別検査
牛肉産地判別検査、しじみ産地判別検査

■衛生検査
異物検査、異物DNA同定検査、虫類DNA同定検査、虫類形態識別検査、血痕(付着血液)検査


<異物検査センター(製品やパッケージ等に混入・付着した異物の判別・特定)>
■ヒト由来物
ヒト血痕判別検査、ABO式血液型DNA検査、毛髪人獣判別

■生物由来
DNA同定検査、微生物DNA同定検査、虫類形態識別検査

■無機物ほか
EPMA、FT-IR


<自然環境分析センター(生物多様性の保全を目的とした、希少生物や特定外来生物のDNA検査)>
■動物・植物DNA同定検査
微生物から高等生物まで31万種のデータを網羅しています
・環境省のレッドリストに対応(その他の条約等にも対応)
・環境省が指定する特定外来生物等一覧に対応
・DNA配列の解析により、外観からは判別できない生物の「種」も同定可能

■猛禽類個体識別検査
オオタカ、クマタカ

沿革 -------------------------------------------------------------------------------
平成09年06月 資本金300万円により、有限会社ビジョン環境研究所を設立
-------------------------------------------------------------------------------
平成14年03月 資本金1,000万円に増資の上、株式会社に組織変更
-------------------------------------------------------------------------------
平成15年06月 中小創造法に基づく研究開発等事業計画に認定
-------------------------------------------------------------------------------
平成16年04月 ビジョンバイオ株式会社に社名変更の上、福岡県久留米市
                     に本店移転
-------------------------------------------------------------------------------
平成16年08月 MIT-EFJ ビジネスプランコンテストで優秀賞を受賞
-------------------------------------------------------------------------------
平成17年04月 中小創造法に基づく研究開発等事業計画に認定
-------------------------------------------------------------------------------
平成17年09月 中小企業事業活動促進法に基づく異分野連携新事業分野開
                     拓計画に認定
-------------------------------------------------------------------------------
平成20年09月 ちくぎんバイオベンチャー研究開発大賞を受賞
-------------------------------------------------------------------------------
平成23年01月 ISO/IEC17025 認定取得
-------------------------------------------------------------------------------
平成23年10月 自然環境分析センターを開設
-------------------------------------------------------------------------------
平成24年11月 第42回食品産業技術功労賞 地方発部門を受賞
        (福岡発、全国網羅のDNA鑑定)
-------------------------------------------------------------------------------
平成26年10月 異物検査センターを開設
-------------------------------------------------------------------------------
平成27年06月 東京R&Dセンター開設
-------------------------------------------------------------------------------
平成28年05月 東日本オフィス開設
-------------------------------------------------------------------------------
平成29年06月 会社設立20周年
-------------------------------------------------------------------------------
平成30年02月 関西オフィス開設
-------------------------------------------------------------------------------
平成30年11月 第48回食品産業技術功労賞 地方発部門を受賞
        (異物鑑定団)
-------------------------------------------------------------------------------
★こんな先輩が活躍しています★ ≪大学・大学院での専攻分野≫
--------------------------------------------------------------------------------
技術・開発
--------------------------------------------------------------------------------
・物質創造工学
・生物・生命科学
・情報工学
・有機化学
・生化学
・相関環境学
・園芸利用学  など

--------------------------------------------------------------------------------
営業
--------------------------------------------------------------------------------
・応用微生物工学
・生物資源学  など


≪研究テーマ≫
「ヒアルロン酸の分子構造と肝類洞内皮細胞のレセプタータンパク質の認識特性の解析」
「ショウジョウバエを用いた減数分裂組み換え抑制の遺伝学的解析」
「有毒気体試料の等価体を用いた開放系反応の開発」
「膜糖鎖分解酵素のアイソザイムを識別する阻害剤の探索」
「細胞周期チェックポイントタンパク質の機能解析および新たな研究手法の確立」         など
★こんな技術・知識が活かせます★ ・タンパク質の実験技術(ウエスタンブロット、ELISAなど)
・核酸の抽出、PCR、シーケンスなどの遺伝子操作
・バイオインフォマティクス

※専門分野の技術・知識はもちろんですが、物理化学、生化学、有機化学、分析化学など、幅広い分野に対して興味を持てることが重要だと考えています。
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)