ダイワボウ情報システム株式会社ダイワボウジョウホウシステム

ダイワボウ情報システム株式会社

DAIWABO INFORMATION SYSTEM CO., LTD  (略称:DIS)
業種 商社(事務機器・OA関連)
コンピュータ・通信機器・OA機器/情報処理/ソフトウェア/通信
本社 東京、大阪

先輩社員にインタビュー

東東京第3支店
加藤時啓(30歳)
【出身】生産工学部 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 選ばれる営業。
大手通信・キャリア系企業の営業担当として、PC、サーバ、OA機器の販売を行なっています。グループ会社含め、まだまだ取引がない部署が多い中、1部署、1部署ずつ丁寧にフォローしています。選ばれる営業担当になりたい!と考え、対応の早さと理解の深さを鍛えています。まだ修行中の身。先輩である営業アシスタントの関川には迷惑かけっぱなしですが・・・。いつも姉のように面倒見てくれてありがとうございます。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
案件獲得の瞬間、興奮しました。
1年目の10月、上司から全国に数多くの拠点を要する大手グループ会社の営業担当に指名されました。ミッションは、ほぼ取引がない現状を切り拓くこと。ハードルの高さもさることながら、新人が入社半年でお客様を担当するという異例の出来事。正直、何から手をつけていいのかわからない状況でした。先輩を捕まえてはミーティングを繰り返し、アドバイスを頂く毎日。「機器不良対応はどうしてくれるの?」「短納期の要望には応えられる?」など厳しい宿題をクリアしていく中で、翌年6月、大型の案件契約を獲得することが出来ました。その数は2年間で数千万台。案件獲得の瞬間は、興奮しましたね。2年目にして、大きな仕事に挑戦し、達成できたことが何よりも嬉しかったです。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 先輩、後輩なのに対等。
学生時代は、生産工学部で生産ラインのマネージメントを勉強していました。その影響もあり、「モノを仕入れて卸す」という商社の仕事も近いのではないかと思い、業界を絞って活動をしていました。最終的に、この会社に入社しようと決断したのは、雰囲気が馴染めたから。当時、人事採用担当をされていた方々が、上下の関係にも関わらず対等に意見を主張し合っていました。きっと、先輩が後輩の話を聴いてくれる社風なんだろうなと感じました。
 
これまでのキャリア 入社後、アシスタント業務を半年経て、初めてのお客様を担当。現在に至る。2年目の10月に支店長の久保が上司になってから、働き方が一変。同期に先駆けてお客様を担当するなかで、大きく成長できたと思っています。

この仕事のポイント

職種系統 営業(企業向け・得意先中心)
仕事の中身 快適なオフィスづくりを支える仕事
仕事のスタイル 機敏なフットワークと行動力が必要な仕事
仕事でかかわる人 企業を相手に商談を行う仕事
仕事で身につくもの 交渉力・折衝力が身につく仕事
特に向いている性格 ヒトの気持ちを理解し、相手に合わせた対応がとれる人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

世の中には本当に多くの企業が存在します。どんな業種があって、どんな企業が活躍しているのか?それを肌で知るには、まず飛び込むことです。とにかく多くの会社に訪問することが大切ですね。色々見て回る中で、「この会社は自分の一番だ!」という出会いがあるはずです。その1社に出会えるまで、動き続けましょう。

ダイワボウ情報システム株式会社の先輩社員

営業を支える仕事

中央東京第1支店
関川佑美子
法学部

支店長として組織作りに奔走。

東東京第3支店 支店長
久保公和
経営学部

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる