社会福祉法人恩賜財団済生会横浜市南部病院
オンシザイダンサイセイカイ
2021

社会福祉法人恩賜財団済生会横浜市南部病院

急性期総合病院/高度専門医療/小児医療/地域医療連携/非営利団体
業種
医療関連・医療機関
福祉・介護/その他サービス
本社
神奈川

私たちはこんな事業をしています

南部病院は、1983年に横浜市南部地区の地域拠点病院として、
横浜市と済生会によって全国で初めて官民共同で設立された急性期の総合病院です。
以来30年以上にわたり、横浜市初の地域医療支援病院の認定を受けるなど、
地域の方々のために常に医療の質の向上を目指してきました。
今後も職種・キャリアを問わないタテ×ヨコ×ナナメの組織構築によって、
患者さん目線での医療サービスの改善に取り組んでいきます。

当社の魅力はここ!!

企業理念

地域の患者さんに選ばれ続ける病院であるために

横浜市と恩賜財団済生会の協力のもとで開設された当院は、急性期病院でありながら併設施設として訪問看護ステーションや地域ケアプラザ(地域包括支援センター、居宅介護支援事業、デイケアサービス、地域交流事業 ※横浜市指定管理事業)も運営しています。地域医療機関との連携を進めていく中で横浜市初の地域医療連携支援病院の認定も受け、開設された30年以上前からずっと地域医療の中核であり続けています。また、済生会の礎ともいうべき無料定額診療事業にも力を入れており、生計困難な方々に対しても積極的に医療サービスの提供をしています。南部病院は常に地域の患者さんにとってのいちばんであり続たいと考えています。

戦略・ビジョン

患者本位の医療の提供、地域貢献、医療の質・職員の質の向上

他の医療機関にはない設立の経緯や長年の信頼、最新の医療設備を整えた当院ですが、競争に勝ち残っていかなければならないのは一般企業と同様です。私たちは「患者本位の医療の提供、地域貢献、医療の質の向上、職員の質の向上」の理念を実現し、地域の人々に選ばれ続ける医療機関であり続けるために、職員には医療従事者としてのプロ意識を持つよう育成しています。「現場は命、人は宝」。患者の意見、地域住民の意見、医師や看護師の意見、さらに病院職員の意見をしっかり受け止め、待ちの姿勢ではなく自ら積極的に情報発信できる人材。時代の変化を嗅ぎ取り、フットワーク軽く大勢の人に働きかけることができる人材を育てていきます。

会社データ

事業内容 ◆地域医療連携支援病院
◆DPC対象病院
◆災害医療拠点病院
◆神奈川DMAT指定病院
◆横浜市小児救急医療拠点病院
◆地域医療支援病院
◆神奈川県がん診療連携指定病院
◆横浜市産科拠点病院
◆横浜市小児がん連携病院
◆厚生労働省指定臨床研修指定病院
◆看護師等養成実習病院
◆認定医・専門医教育指定病院
◆訪問看護ステーション・地域ケアプラザ運営
◆無料定額診療事業
設立 1983年6月
職員数 1050名(2018年4月1日現在)
代表者 病院長 今田 敏夫
事業所 【所在地】
神奈川県横浜市港南区港南台3-2-10
沿革 昭和58年 済生会横浜市南部病院開院。救急指定病院認定。

昭和61年 ICU・CCUフルオープン(合計500床)。

平成 6年 在宅支援サービスセンター開所。

平成10年 神奈川県災害医療拠点病院の指定。

平成15年 地域医療連携支援病院の認定(横浜市で初)。

平成17年 横浜市小児医療拠点病院の指定。医療の質奨励賞受賞。

平成25年 済生会横浜市南部病院開院30周年記念式典。

平成30年 済生会横浜市南部病院開院35周年記念「済生会フェア」。

平成31年 地域周産期母子医療センター認定。
基本金
売上高
ホームページ http://www.nanbu.saiseikai.or.jp/
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)