ネグロス電工株式会社ネグロスデンコウ
業種 金属製品
非鉄金属/建材・エクステリア/商社(電機・電子・半導体)/商社(建材・エクステリア)
本社 東京

先輩社員にインタビュー

技術本部 技術支援部
田中 英幸
【出身】日本大学  生産工学部 機械工学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 お客様からの要望を受け、製品をより良く生まれ変わらせる仕事です。
技術支援部として、自社製品に関する問い合わせ対応や、既存製品の管理などを行っています。「この部品の耐久力をもっと高めてほしい」という要望を受けて、強度の再計算や素材の見直しを行ったり、「ネジ穴を3mから5mに広げてほしい」といったマイナーチェンジを部内で対応したりと、業務内容は様々。時には、個別のお客様から発注を受けた特注品を一から制作することもあります。地道な仕事ですが、お客様にとってのより良い商品展開のためには私たちのサポートが欠かせません。お客様の声が直接届くのもモチベーションに繋がっていますね。また、同じ技術本部の設計部・開発部と比べても特に幅広い製品に触れられる部署なので、日々新しい発見や学びが多く、楽しんで働けています。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
自分の工夫・アイディアを形にするやりがいを知りました。
お客様から「ある製品に使用する、風に強い部品を作ってほしい」という特注を受け、私が設計を担当しました。先輩と一緒にお客様の所へ話を伺いに行き、その発注内容をもとに図案を作成。風から受ける負荷を一点に集中させるのではなく、分散させることで強度を上げるなど、様々な工夫を凝らしました。1~2ヶ月かけて出来た試作品は、結果的にお客様から大好評。「こういうのが欲しかったんだよ!」と笑顔でお言葉をいただけた時は、長期間の苦労が報われた気持ちになりました。モノ作りのやりがい・面白さに気づいてからは、より「もっと色々な製品作りに携わりたい!」と思うように。いずれは開発部に行き、自身のアイディアを活かした新たな自社製品を生み出していけたらいいですね。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 私生活も充実させながら、しっかりと社会に貢献出来る点が魅力。
学生時代は生産工学部として、破壊実験を通して様々な物質の耐久性を調べるなど、製造開発の現場に近い視点での研究を行っていました。就職活動中に重視していたのは、「これまで学んだことを活かせる職場」かつ「福利厚生が充実している」こと。ネグロス電工のことはインターンで知り、大学での知識を活かせるのではないかと思い参加してみました。製造工場で実際に業務に関わり、会社のことを知っていくうちに、製品ニーズの高さやしっかり休める環境に魅力を感じるように。人々の生活に欠かせないモノを扱っていて、ずっと業績が安定している点も決め手になりましたね。応募したのはこの会社1社だけで、内定をもらってすぐに入社を決めました。それほど自分にピッタリだと思える企業に出会えて本当に良かったです。
 
これまでのキャリア 2018年4月入社 技術支援部(現職)

この仕事のポイント

職種系統 生産・製造技術開発
仕事の中身 生活基盤や社会インフラを作り上げる仕事
仕事のスタイル 自分の仕事を自分で決めていく仕事
仕事でかかわる人 その道のプロと呼ばれる人と一緒に進める仕事
仕事で身につくもの 新しいモノを生み出す力が身につく仕事
特に向いている性格 信念を持って物事に取組むことのできる人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

色々な会社をなんとなく受けるのではなく、全てが本命応募のつもりで一社一社と全力で向き合うべきだと思います。そのために大切なのは、企業のことはもちろん、自分のこともしっかりと“分析”すること。自分が何をしたいのか、将来どうなっていきたいのかを突き詰めていけば、自ずと進むべき道が見えてきます。心から行きたいと思える業界・企業が決まったら、入社試験や仕事へのモチベーションも大きく変わってくるはずですよ。

ネグロス電工株式会社の先輩社員

目標は“今の主力商品を超える品を生む”こと!挑戦しがいのある仕事です。

営業本部 営業企画部 特需開発課
堀越 亮介
城西大学 経済学部 経済学科

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済 説明会・イベント予約 インターンシップにエントリー
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる