東京都中小企業団体中央会トウキョウトチュウショウキギョウダンタイチュウオウカイ
業種 団体・連合会
本社 東京

先輩社員にインタビュー

支援課
小針  匡貴(28歳)
【出身】拓殖大学  政経学部 経済学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 中小企業組合を支援することが私の仕事
主な業務としては、中央会職員が各組合を直接訪問する巡回指導及び電話等の相談業務を通じて、中小企業組合の運営支援を行っています。また、その他の支援として、講習会の開催や補助金事業等の各種事業を実施しています。その中で私は、事業承継や事業継続に向けた課題の解決に取り組む中小企業組合を対象として講習会を開催する「団体向け小規模事業者持続化支援事業」を担当しています。業務の流れとしては、事業説明会を開催して、支援を希望する組合を募集し、内部の審査を経て支援する組合を決定します。公金であるため、申請内容が事業の趣旨に合致しているか、また、支援決定後、適正に事業を実施されているかを確認しています
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
ありがとうの一言がやりがいに
支援事業を担当していると、稀に事業実施の要件に該当しない組合からの申請もございます。その際は単に事業の対象とならない旨を組合に伝えるのではなく、他の課の事業が利用できるかどうか、また、他の支援機関の事業で利用できるものがないかを確認してから組合に連絡しています。実際に他の課の事業を利用した組合の方から「ご丁寧に対応いただきましてありがとうございました」と言っていただいたときは、本当に嬉しかったです。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 若手のうちから経験が積める
入社して2,3年で巡回指導員として自分の担当を持つため、様々な業種の方々と携わることができる点や講習会の企画・運営や補助金・助成事業の担当等、多くの経験が積めるところが選んだポイントです。
 
これまでのキャリア 労働課(2年間)→振興課(2年間)→支援課(今年で3年目)

この仕事のポイント

仕事の中身 企業経営について、コンサルティングしていく仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

就職活動は、さまざまな業種の企業を見ることができるチャンスだと思います。自分の目で直接確かめて、入社後のギャップを少しでも減らすことが重要です。

東京都中小企業団体中央会の先輩社員

中小企業団体等に対する指導、連絡、教育、情報の提供、調査及び研究

労働課
谷 直樹
青山学院大学 法学部・法学科

情報誌の作成、HPの更新等広報活動に係る業務及び組合支援

情報課
梶田 晴之
明治大学 政治経済学部経済学科

事務職  中小企業組合に対する支援を行う

振興課
大下 誠之
中央大学 法学部・法律学科

組合の設立、巡回支援及び展示会の開催を通じた中小企業の総合的な支援

振興課
橋本 昌季
青山学院大学 法学部法学科

組合の巡回指導及び助成金事業を通じた中小企業の総合的な支援

支援課
橋本 真尚
日本大学 経済学部・金融公共経済学科

巡回指導員、組合設立支援、講習会企画運営

振興課
O・E
専修大学 経営学部 経営学科

先輩社員をすべて見る

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる