株式会社イノメディックスイノメディックス

株式会社イノメディックス

オリックスグループ
業種 商社(医療機器)
医療機器
本社 東京

先輩社員にインタビュー

横浜営業所
J・I
【出身】鹿児島大学院  農学部 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 さまざまな医療機器から顧客ニーズを汲取り提案できることが最大のやりがい
横浜周辺の2つの大学病院を担当。ほぼ毎日担当の病院を訪問して、医療材料(消耗品)の提供や新しい医療機器の提案を行っています。私の場合、ジェネレーターやレーザーなど手術器具の提案機会が多く、導入頂いた後も機器の使用方法をお伝えしたり、時にはオペに立ち会うことも。ドクターは医療現場のプロですが、機器のスペックや操作方法に関しては私の方がプロ意識を持って対処しなければならない、そんな緊張感や責任感もやりがいのひとつです。また、医療機器メーカーの営業とは違い、さまざまな商品の中からドクターのご要望に沿ったものを提案できることがなによりもこの仕事の醍醐味に感じています。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
ドクターの漠然としたご要望にもしっかりお応えすることで、大変感謝された
現在担当している病院を先輩から引き継ぎ、半年が経過しようとしたある日のこと。ドクターがある有名な論文に記載されていたレーザーのことを話題にされ、その機器を提案してほしいと。ただ機器の機能や特性を漠然としか記憶していらっしゃらなかったのです。私は心当たりのあるメーカーに片っ端から問い合せ、ドクターがおっしゃっていた要望にピッタリのCo2レーザーをみつけることに成功。後日、提案にうかがうと、条件を満たした機器に大変満足して頂けました。医師のご要望をカタチにして、お役にたつことができる。これほど嬉しいことはなかったですね。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 自分のやりたい営業のスタイルが実現出来る
私の専攻が農学部ということもあり、就活当時は、食品系あるいは広く医療系の研究に携わる仕事を探すことからはじめました。しかし、いったん研究職を選んでしまうと仕事の拡がりを感じられなくなると思い、医療に関わる提案営業を目指す方向に軌道修正。中でも医療機器の分野に関心を持ち、そこでメーカーか商社かという選択肢にぶつかりました。当社の最終面接で、「メーカーはよくも悪くも自社商品しか提案ができない。当社は医療現場のご要望に応じて最適な機器を提案できる」と先輩が話をしてくれました。この一言が自分の目指している提案スタイルであると確信し当社への入社を決めました。
 
これまでのキャリア 4月から5年目/営業

この仕事のポイント

職種系統 営業(企業向け・得意先中心)
仕事の中身 ヒトの美容や健康を支える仕事
仕事のスタイル 機敏なフットワークと行動力が必要な仕事
仕事でかかわる人 社会的地位の高い人々と出会っていく仕事
仕事で身につくもの 客観的に整理・分析する能力が身につく仕事
特に向いている性格 信念を持って物事に取組むことのできる人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

全く下積みや基礎がないフィールドに飛び込むのは勇気がいるもの。自分が学校で何を学んできたかが自分らしさだと思います。自分らしさを活かせるステージを目指すことがよいのではないでしょうか。また、面接では自己アピールだけでなく、面接官の質問にどんな考え方や意図があるのかを読み解こうとすると緊張しなくなりますよ。

株式会社イノメディックスの先輩社員

大学病院へ最適な医療製品の供給。一番身近な存在として医療現場に貢献。

千葉営業所 SPDグループ
N.H.
東洋大学 経営学部・マーケティング学科

医療機器、医療材料のルート営業や製品のPR、メーカーへの交渉。

本郷営業所 第2グループ 営業部
N.I.
清泉女子大学 文学部・日本語日本文学科

毎日が発見。仕事を通じて専門用語や商品機能を理解できてきた喜び

営業
T・K
中央大学 商学部

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる