国際紙パルプ商事株式会社
コクサイカミパルプショウジ
2021

国際紙パルプ商事株式会社

紙製品・事務OA総合商社(環境/エコ/企画)/海外(グローバル)
業種
商社(紙)
商社(繊維製品)/商社(事務機器・OA関連)/紙・パルプ/その他商社
本社
東京

私たちはこんな事業をしています

過去から現在にわたり社会に不可欠な素材としての紙の販売を主力としながら、古紙のリサイクル事業、紙ビジネスにとらわれない高付加価値商品の販売、BtoCビジネス実現のNETshopまで、幅広い事業を展開しています。

当社の魅力はここ!!

戦略・ビジョン

変革時代を生きる、「紙」の枠を超えたリーディングカンパニー

私たちは「日本の紙を世界に 世界の紙を日本に」のスローガンの下、紙を媒体とし地球へ貢献する“紙流通のリーディングカンパニー”として、成長して参りました。GIFTという理念の元、紙を通じた社会貢献から環境保護への取り組み、そして新たなサービスのイノベーションを目標に、地球全体を活動拠点と考えています。デジタル社会への変革に伴い、紙の存在意義が問われる今、私たちは新たに、拡張現実(AR)、ギフト(コーヒー等)ビジネス、そして建設資材といった新規事業も次々に発足。単なる「流通業」としてではなく「モノづくり×流通」を担う、新たなビジネスモデルへと、今まさにシフトチェンジしています。

事業優位性

まずは安定した環境を選ぶか?可能性を信じて挑戦してみるか?

皆さんが企業を選択する際、規模の大きさや知名度で選ぶのも賢明な判断かもしれません。例えば人々の日常生活に欠かせないエネルギーやインフラを担う企業、または安定した知名度で堅実な経営を続ける老舗企業などなど・・・。そう言った意味では、日常生活に欠かせない「紙」を扱う当社も、選択肢のひとつに入るかもしれません。でも、ここで皆さんが思い描いている将来と、私たちが目指しているフィールドは残念ながら少し違うようです。

企業理念

混迷の時代にも恐れず立ち向かう。自分の力で道を切り拓く。

従来からのビジネスモデルを貫くか。もしくは逆境をバネに挑戦をし、時代のパイオニアとなるか。私たちが目指すのは、国内と海外の架け橋となる「紙のトータルプランナー」であり「世界レベルでの紙文化の向上」を実現することです。当社の経営理念<GIFT+1>を掲げ前進あるのみ。皆さんも私たちと一緒に自分の可能性を試してみませんか?■G(Globalization=グローバルにビジネスフィールドを展開する)■I(Innovation=創紙力で未来を開拓する)■F(Function=提案力・企画力で付加価値を創造する)■T(Trust=ステークホルダーの信頼に応える)■+1(プラスワン=環境に配慮した循環型社会の実現)

会社データ

人事からアナタへ ここまで読んでくださり、ありがとうございます。

もし今後、縁あって当社とアナタがお会い出来るチャンスがあったら
その時は、あなたが胸を張って「1番」と言える事を、教えていただきたいと思っています。

そこに、優劣はありません。
ただ、皆さんが自分の魅力と可能性を信じて、当社にお越しいただくことに対して、
当社も真剣に向き合いたいと考えているのです。


・アルバイト

・部活

・学校の成績

・趣味

・習い事

・私生活のちょっとした事

・めずらしい特技

などなど、挙げればキリがありませんが…


何でも良いのです、何か一つだけでも「これだ!」と思う事を胸に、是非ご来社下さい。

皆さんとお会いできる事を楽しみにしています。
募集会社 国際紙パルプ商事株式会社(KPPC)
事業内容 ・紙、板紙、紙加工品の売買及び輸出入
・パルプ、古紙の売買及び輸出入
・化成品、工業薬品、園芸薬品、紙関連機械、事務用機器、建材、包装資材、日用品雑貨の売買及び輸出入
設立 1924年11月
代表者 代表取締役 社長執行役員CEO 田辺 円
資本金 47億2353万円
売上高 3,777億円(2017年4月~2018年3月)
従業員数 655名(2018年3月31日現在)
取扱商品 紙、板紙、段ボール原紙、パルプ、古紙、ノーカーボン紙、感熱紙、タック紙、合成樹脂、クロス、アルミ箔、セロファン、包装資材、成型品、紙関連機械、各種薬品、環境機器、建材、日用品雑貨
主要取引先 紙と一口に言っても、様々な用途があり、取引先業種は、多様を極めています。
官公庁、新聞社、出版社、印刷会社、紙製品・紙器メーカー、段ボールメーカー、卸商、一般企業など、印刷用から産業用まで幅広い業界の需要に応えています。
取引銀行 みずほ銀行、農林中央金庫、三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、三菱UFJ信託銀行
沿革 1924年 (株)大同洋紙店創立
1973年 王子連合通商(株)と合併、社名を大永紙通商(株)と改める
1999年 (株)日亜と合併、社名を国際紙パルプ商事(株)と改める
2002年 海外部門を分社し、(株)ダイエイペーパーズ インターナショナル コーポレーション設立
2003年 新本社ビル竣工
2006年 服部紙商事(株)と合併、KPP中国設立
2007年 柏井紙業(株)と合併
2013年 住商紙パルプ(株)と合併
2013年 (株)ダイエイペーパーズ インターナショナル コーポレーションと合併
2015年 KPPアジアパシフィック設立
2018年   東証一部上場
事業所(国内) 東京本店、関西支店、中部支店、九州支店、京都営業部、北日本支店(札幌営業部・仙台営業部)
事業所(海外) 上海、北京、広州、ヴァージニア、ロサンゼルス、サンパウロ、メルボルン、ヨハネスブルグ、香港、台北、シンガポール、ジャカルタ、マニラ、バンコク、クアラルンプール、ホーチミン、バンガロール、ソウル
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)