テルモ・クリニカルサプライ株式会社テルモクリニカルサプライ

テルモ・クリニカルサプライ株式会社

テルモ株式会社100%出資企業(テルモグループ)
業種 医療機器
化学/精密機器/機械/その他製造
本社 岐阜

先輩社員にインタビュー

商品開発部
【出身】医用工学部 医用工学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 より均一な品質の商品を製造するために、工程の設計、改善を行っています。
製造工程で製品をどのように作るかを検討する、工程設計を担当しています。モノづくりにおいて、開発段階の試作では発生しなかったことが生産の量産段階で発生したり、実際の生産メンバーが作ったときに想定外のエラーが起きたりすることがしばしばあります。そのようなことが起こると、再設計が必要になり発売が遅れ、良品が減り少ない量でしか商品を出荷できなくなってしまいます。そうならないようにするためには、事前に確認することが大切です。今では試作段階で生産メンバーと確認し、問題がある場合は発生原因がどうなっているかを突き止めて対応策を考えるようにしています。その結果、工程で問題なく量産され、世に出ていくことに喜びを感じます。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
「良いものを作ったね」と先生から褒められたこと!
2011~2015年にマイクロバルーンカテーテルという製品を担当していた時のことです。当時は、より外径が細く、末梢血管まで挿入できる新商品が要望されていました。しかし、どうしてもバルーン(風船)をつける部分が太くなってしまう、また細くするとカテーテル全体が柔らかくなってコシがなくなり、細い血管の中を押していけないなど、バランスの最適化に苦労しました。何度も加工方法を検討して工夫をし、そこにグループ会社のコーティング技術を組み合わせることで問題を解決することができました。いち早く製品を医療現場に届けるために、商品開発部のみならず様々な部署の方々の協力を得ることで商品化を実現しました。最終的に使用した病院の先生からお褒めを頂くときは、その苦労が報われる瞬間です。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 開発から製造まで一貫して行うことが出来る会社。
医療関係とモノづくりに興味があったので、地元(東海三県)で医療関係の会社を中心に探していました。当時は具体的に何がやりたいということではなく、ただ漠然と医療に携わり世の中の役に立つ仕事がしたいと考えていました。その中で大学に会社説明会の話を聞いて、医療機器という分野があることを知り、自分のやりたいことが具体的になっていきました。最後の決め手は会社説明会に来ていた先輩方の人柄で、何か縁を感じました。
 
これまでのキャリア 生産技術(1年)→開発(3年)→生産(1年)→開発(1年)→開発出向@テルモ愛鷹工場(1年)→開発(現職・今年で9年目)

この仕事のポイント

仕事の中身 ヒトの美容や健康を支える仕事
仕事のスタイル 目標をきちんと予定通り進めることが必要な仕事
仕事でかかわる人 企業を相手に商談を行う仕事
仕事で身につくもの 客観的に整理・分析する能力が身につく仕事
特に向いている性格 信念を持って物事に取組むことのできる人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

自分にとって一番大切なことは何かを意識して、就職活動されると良いと思います。

テルモ・クリニカルサプライ株式会社の先輩社員

カテーテル製造工程の「あったらいいな」の具現化

技術部
工学研究科 生命工学専攻

カテーテル製品の製造技術を支える

技術部
工学研究科 生産システム工学専攻

開発課長として、チームの統括・管理に携わっています。

商品開発部
工学部 工学研究科

カテーテルの開発と海外展開に携わっています。

商品開発部
生命農学研究科 生物機構・機能科学専攻

臨床評価報告書の作成や、国内外にかかる薬事申請業務に携わっています。

品質保証部
Liberal arts, International Studies American Concentration

品質システムの構築・維持・改善に携わっています

品質保証部
工学部 応用化学科

先輩社員をすべて見る

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる