テルモ・クリニカルサプライ株式会社テルモクリニカルサプライ

テルモ・クリニカルサプライ株式会社

テルモ株式会社100%出資企業(テルモグループ)
業種 医療機器
化学/精密機器/機械/その他製造
本社 岐阜

先輩社員にインタビュー

商品開発部
【出身】工学部 工学研究科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 開発課長として、チームの統括・管理に携わっています。
中心静脈ポートシステムという製品の開発改良が主な業務です。マーケティング部と一緒に医療現場の先生からの要望や意見を聞き、改良のアイディア出しや部品設計から商品の完成までを一貫して担当します。
開発には様々な課題があり悩み苦しむこともありますが、それを乗り越えて商品が完成し、実際に医療現場で使用されることが格別な喜びとなります。2018年には携わった商品がグッドデザイン賞に選ばれ、チームのみんなとともに喜びました。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
商品改良により、不具合が30件から0件に!
発売後、残念ながら担当製品に多くの不具合があり、2014年から改良が始まりました。原因と対策が見えない苦しい模索が1年ほど続きました。2016年3月、ようやく不具合を回避できそうな仕様が見えてきましたが、安定した品質には程遠く、時には合格、時には不合格…。しかし、のんびり開発を続ける時間はありませんでした。不具合の影響で売り上げが落ちていくのです。2017年、不具合が起こる部分について、全数検査をし、品質を保証することで発売しました。合格したものだけを出荷するため世の中に届けられる数はまだまだ少ない状況でしたが、量産をしながら検証を進め、品質が安定しない原因を追究していきました。今では検査の不良も医療現場の不具合も0件!その安全性が売りとなり、改良前より売り上げも増えています。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 自分の努力やその成果が必要とする人に役に立つこと。
大学時代の専攻はマイクロセンサーとアクチュエーターで、ロボット向きの勉強をしてきました。就職を考えた当時、自動車産業に行くのか、医療産業へ行くのか悩んでいました。どちらも競争が激しい領域で、苦労が避けられない業界だと感じていました。しかし、直接人の命の役に立つという結果を作りたいと思い、医療産業を選択しました。定年まで働いても1つも商品を世に出せない可能性も考えられますが、この会社は、確実に世に製品を出せる立場であると感じたことが決め手のひとつです。むしろ、世界中に販売網があって自分が関わった製品が世界中で使用されるという重い(良い意味で)責任感を感じるほど。自分の成果が、どこかで人の役に立っていると実感しています。
 
これまでのキャリア 研究開発(6年)→商品開発(現職・今年で10年目)

この仕事のポイント

仕事の中身 ヒトの美容や健康を支える仕事
仕事のスタイル 慎重さと正確さが問われる仕事
仕事でかかわる人 企業を相手に商談を行う仕事
仕事で身につくもの 新しい動きに敏感になり、幅広い知識が身につく仕事
特に向いている性格 大勢の人と協力しながら進めるのが好きな人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

就職は、これからの40年間の自分のLife-styleを決める行為です。そのために、自分が求める未来の自分の姿を十分に描いてみること。特に、好きな状況と嫌いな状況を色々並べてみること。そこで、自分があきらめる部分とどうしても諦められない部分を定めておいて、自分をアピールするのが良いと思います。会社は営利のために、ときには仕事を変えることもあります。会社のベクトルに、自分のベクトルがどこまで合わせられるかをアピールすることが大切です。

テルモ・クリニカルサプライ株式会社の先輩社員

カテーテル製造工程の「あったらいいな」の具現化

技術部
工学研究科 生命工学専攻

カテーテル製品の製造技術を支える

技術部
工学研究科 生産システム工学専攻

より均一な品質の商品を製造するために、工程の設計、改善を行っています。

商品開発部
医用工学部 医用工学科

カテーテルの開発と海外展開に携わっています。

商品開発部
生命農学研究科 生物機構・機能科学専攻

臨床評価報告書の作成や、国内外にかかる薬事申請業務に携わっています。

品質保証部
Liberal arts, International Studies American Concentration

品質システムの構築・維持・改善に携わっています

品質保証部
工学部 応用化学科

先輩社員をすべて見る

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる