パナソニック内装建材株式会社
パナソニックナイソウケンザイ
2021

パナソニック内装建材株式会社

(パナソニック株式会社 エコソリューションズ社グループ)
業種
建材・エクステリア
建設/設備・設備工事関連/住宅
本社
大阪

私たちはこんな事業をしています

〈人と木とのあたたかな関係を〉

当社はパナソニック(株)エコソリューションズ社の100%出資会社として 木の魅力を巧みに活かした玄関収納、収納部材、掘座卓、床下収納、インテリア建材、床材、床暖房等の製造をしています。

※2019年4月1日より、社名が「パナソニック内装建材(株)」へ変更になりました。

当社の魅力はここ!!

事業・商品の特徴

生活を豊かにする「安全と温もり」を商品を通じて提供します

当社が扱う商品は、住宅の「顔」とも言えるものばかり。下駄箱など玄関周りの収納建材や、部屋の印象を一目で変える可能性を秘めた床材、家のメインであるリビングルームをより便利にするテレビ周りの収納、それに家の全体をしっかりさせるための窓枠など、どれも快適な生活には欠かすことのできない製品ばかりです。特に玄関収納や床材においては業界屈指の生産量を誇っています。また、ほとんどの製品が天然木でできており、普段の生活に温かみを持たせられるだけでなく、地球環境に配慮したエコな製品作りを徹底しております。生活に密着した商品だからこそ、安全で温もりのある当社の製品は、認められ、選ばれているのです。

事業優位性

「モノづくりのプロ」として企画から商品化まで携われる!

当社は言うならば“モノづくりのプロ集団”。パナソニックの躍進と共に、私たちも安定的に成長し、今ではパナソニックブランドをモノづくりから支えています。商品の企画段階から試作をし、材料として使用する素材の選定や、生産計画の立案、商品化に至るまで一貫して商品に寄り沿った仕事ができます。「こんなモノを造りたい!世の中に送り出してみたい!」という商品に対するアイデアがあなたの中にあれば、当社でそのアイデアを形にすることが出来るでしょう。自らのアイデアが商品化された時の喜びと達成感は何物にも代えることが出来ません。多くの仲間と大きな成長の機会を得ることの出来る当社で、あなたのアイデアを輝かせてみませんか?

魅力的な人材

自分なりの創意工夫を持ち、ワクワクする仕事を!

当社では、「本当にこれでいいのか」「こうすればもっと良くなるのではないか」など、どんなに小さいことでも常に自分なりの疑問を持ち、創意工夫を凝らして仕事することを重視しています。ひとつの工程を任せられれば、上司などに指示されたことだけではなく、もっと作業を効率化し、自分ならではの付加価値を少しでも加えられるように、向上心を持つことが重要になります。そのためにも、商品に対する知識や、問題が発生した際に原因を解明する強い探究心が必要となるのです。また、当社は決して小規模の会社ではありませんが、ひとりひとりの意見に耳を傾け、全員で最善の選択をしていけるような環境作りにも注力しています。

会社データ

事業内容 [人と木とのあたたかな関係を]

当社は、自然が育んだ木の美しさや機能性など
木の魅力を巧みに活かした玄関収納、内部収納部材、掘座卓、床下収納、造作部材、集合住宅用インテリア建材、床材、床暖房を製造しています。

住まいや暮らしが変化しても、決してかわることのない、人と木のあたたかな関係。
そして、環境・資源問題を背景に、柔軟な対応が求められる、企業と自然とのこれからの関係。

わたしたちはパナソニックグループの一員として、木や自然との良好な関係を築きながら、
木のある暮らしとともに歩み、育てていきたいと考えています。

~当社製品紹介~

<木質床材>一般住宅用木質床材、木質直貼床材、床暖房用床材
<収納用品>玄関収納、床下収納、リビング・個室用収納キュビオス
<内装建材>幅木・廻り縁、窓枠、システム階段
<内装建具>内装ドア、クローゼット、間仕切り開閉壁、ホームエレベーター扉
<そ  の  他>掘座卓、畳が丘など
設立 1974年9月(昭和49年)
資本金 4億5000万円
従業員数 604名(2017年1月現在)
売上高 約405億円(2016年3月期)
代表者 代表取締役/倉本 知典
代表取締役副社長/西岡 伸晃
事業所 【本社】   大阪府門真市大字門真1048 
【群馬工場】 群馬県沼田市井土上町135
【香川工場】 香川県綾歌郡綾川町滝宮2841-1
【兵庫工場】 兵庫県多可郡多可町加美区山野部176
【真岡工場】 栃木県真岡市松山町23番地
【幸田工場】 愛知県額田群幸田町大字野場赤柿4-3
沿革 1950年 4月 南海塗料株式会社 設立

1963年 8月 松下電工(株)向け「化粧合板」生産開始

1974年 9月 南海塗料(株)より独立、
         「株式会社南海」を設立(資本金1,000万円)

1974年11月 資本金4,500万円に増資

1981年 5月 工場を新設(高松市屋島西町から綾南町へ全面移転)

1990年 5月 資本金9,000万円に増資
         松下電工(株)が初めて出資(出資比率35%)

1995年 6月 松下電工(株)出資比率55%
         松下電工グループ連結子会社に(新体制スタート)

1998年 7月 ISO 9002認証取得

2000年 3月 ISO 14001認証取得

2002年10月 環境3R推進協議会会長賞受賞

2004年 4月 松下電工(株)ゼロエミッション工場認定取得
      8月 松下電工(株)出資比率100%
      9月 香川松下電工株式会社に社名変更
         執行役員制度導入
      12月  香川県「環境配慮モデル事業所認定」取得

2005年 2月 四国経済産業局「エネルギー管理優良工場」取得
       7月 「ISOマルチサイト認証」取得
      12月  平成17年度「地球温暖化防止活動環境大臣賞」受賞

2006年 8月 (財)クリーンジャパンセンター「3R体験事業所」認定
       9月 国交省・鉄道貨物協会「エコレールマーク」取得
      10月 国交省・経産省「グリーン物流パートナーシップ事業」認定

2007年10月 資源循環技術・システム表彰奨励賞受賞
      12月 「グリーン物流パートナーシップ」国土交通大臣賞受賞

2008年10月 パナソニック電工香川株式会社に社名変更

2010年 7月 香川労働局「香川労働局長奨励賞」受賞

2012年 1月 パナソニック エコソリューションズ内装建材株式会社に社名変更

2012年 4月 パナソニック電工群馬(株)を合併
          
2012年10月 松尾産業(株)を合併

2014年10月 パナソニックエコソリューションズ住宅設備(株)の
                          建材・階段部門を吸収分割
         本店所在地を大阪府門真市に移転
会社ホームページ http://panasonic.co.jp/es/pesibp/
環境活動 【グリーンファクトリー】

地球温暖化防止、廃棄物削減、水使用量削減、化学物質削減を図り環境パフォーマンス向上を推進しています。

【モーダルシフトの導入】

地球温暖化の原因となる二酸化炭素(CO2)排出量の削減のため、当社から東京物流センターまでの商品輸送をトラックから鉄道とトラックを併用した物流システム(モーダルシフト)に変更。トラックのみで輸送した場合に比べてCO2排出量を約87%削減しました。

【ゼロエミッションへ向けて】

リデュース・リユース・リサイクルを推進し地球環境に配慮した会社づくりにつとめています。(2003年3R推進協議会より表彰)2004年4月には(当時)松下電工(株)ゼロエミッション工場認定を取得。

【パナソニック香川の森(植林活動)】

地域貢献活動、環境保全活動の一環として香川県仲多度郡まんのう町にある「パナソニック香川の森」で除伐・間伐や枝うちを行っています。この活動は香川県が支援する「協働の森づくり事業」のひとつとしてパナソニックライティング香川(株)、香川県、香川西部森林組合と当社の四者が参画し地域の森林再生を支援しています。
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)