株式会社飯田設計イイダセッケイ

株式会社飯田設計

自動車、航空機、宇宙機器、産業機械、冷熱機器等の開発・設計
業種 輸送機器
自動車/機械/半導体・電子部品・その他/ソフトウェア
本社 愛知

先輩社員にインタビュー

大江分室
Daiki S.(24歳)
【出身】信州大学  工学部 物質工学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 航空機等に使われる作動油の定期試験やHII-Aロケットの清浄度試験など
作動油の定期試験の項目が主にろ過や動粘度測定、
水分量測定などの作業なのですが、
それらが一人でスムーズにやれるようになることが嬉しいです。
また、自分がしっかりと試験をしないと事故につながるかもしれないという
緊張感を持って仕事が出来ることも良いところだと思います。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
間近でロケットを見ることが出来た!
ロケットの清浄度試験の関係で飛島工場へ行ったときの話です。
飛島工場という場所ではロケットの組み立てをしている為、
設備点検の仕事が年に数回あります。
大きなロケットの組み立て作業をしている横で仕事をするので、
普段種子島での打ち上げのときにしか見られないロケットを間近で見ることが出来ました。
自分の仕事がこのような大きなものに繋がっているという実感が湧き、嬉しくなりました。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 説明会での話が丁寧で、しっかりした会社だという印象を持ったから
私は大学で学んできた化学の知識を活かせる仕事を探している中で当社を見つけました。
設計会社ということで機械系のイメージがあり、自分でもやっていけるのか最初は不安でした。
ですが、説明会に参加した際に機械系以外にも様々な仕事があり、
ロケットや飛行機などのスケールが大きい製品にも化学の知識が役に立つことを知り、
面白そうだと思い志望しました。
また、他社の説明会と比べて説明が丁寧で、
人事の方が話しやすく良い印象を受けたことも決め手となりました。
 
これまでのキャリア 大江分室(現職・2年目)

この仕事のポイント

職種系統 生産管理・品質管理・メンテナンス
仕事の中身 生活基盤や社会インフラを作り上げる仕事
仕事のスタイル 慎重さと正確さが問われる仕事
仕事でかかわる人 その道のプロと呼ばれる人と一緒に進める仕事
仕事で身につくもの 人を動かしたり、管理する能力が身につく仕事
特に向いている性格 常に新しいものに敏感な人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

就職に関して何を重視するかは人それぞれ違いますが、
仕事内容や給料、年間休日などは就活サイトを見たり、
説明会に行くことで様々な会社を比べることが出来ます。
時間は掛かるかもしれませんが、自分の納得がいく会社を選んでください。

株式会社飯田設計の先輩社員

民間航空機の電装設計

大江分室
Ryuzo M.
日本文理大学 工学部 航空宇宙工学科

車載用ICの検査プログラム設計

刈谷分室
Makoto S.
名古屋工業大学 工学部 第二部電気情報工学科

航空・宇宙関連機器の試験装置の設計をしています。

本社設計室
Mamoru K.
福井大学 工学部 機械工学科

H-II A/B ロケットに搭載する電子機器の検査

大江分室
Taiki I.
静岡理工科大学 理工学部 機械工学科

車載用圧力センサの設計。

刈谷分室
Matsuki O.
愛知工業大学 工学部 電気学科

環境に優しい快適空間をつくることを目指しています。

枇杷島分室
Hiroshi N.
大同大学 機械工学部 機械工学科

先輩社員をすべて見る

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる