株式会社コバヤシコバヤシ

株式会社コバヤシ

プラスチックの総合企業/化学/食品容器/製品開発
業種 化学
機械/印刷関連/商社(化学製品)/商社(電機・電子・半導体)
本社 東京

先輩社員にインタビュー

開発本部 技術研究所
古川 央庸(31歳)
【出身】山形大学大学院  理工学研究科 機能高分子工学専攻 卒
【年収】非公開
冷静なエキスパート
これが私の仕事 バイオマス材料の検討から量産条件設定まで
バイオマス原料を用いた新規プラスチック複合材料の開発を行っています。
(材料の検討、配合品の各種物性評価、量産条件の検討、営業同行、外部評価機関での評価、
展示会、外部セミナーでの情報収集など)
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
お客様に製品を採用して頂いた時!
配合検討から量産までに様々な問題が発生します。
仮説を検証し問題が解決したり、お客様に製品をご採用頂いた時は非常に嬉しく思います。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 学んできた事をベースに実際に最終消費者の手に渡る製品を作りたい!
私の大学での専攻は機能高分子工学というプラスチック専門の学科でした。
学んだ事を生かせる事がまず一つあり、
更にコバヤシはBtoBが主で最終製品に名前は現れない事が多いですが、
最終消費者の手に渡るものを扱いたいと思い、コバヤシを志望しました。
また、会社説明会でコバヤシの先輩社員と実際にお話しした際の雰囲気が良いと感じた事も
会社を決める際に重要な要素になりました。
 
これまでのキャリア 技術研究所に在籍しております。新規開発をする部署です。
研究所内での移動はありましたが基本的にバイオマス関連の開発を行ってきました。
最近では後輩も増え、活躍の場は広がってきたように感じます。

この仕事のポイント

職種系統 応用研究・技術開発
仕事の中身 日常生活や身の回りで欠かせないモノやサービスを扱う仕事
仕事のスタイル ひとつのプロジェクトを長期間かけて進める仕事
仕事で身につくもの 客観的に整理・分析する能力が身につく仕事
特に向いている性格 何事にも粘り強さで勝負する人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

会社が今必要としている人材と皆さんが出来る事、やりたいことが一致すれば
採用の可能性は高くなると思います。
したがって、自分が出来る事、やりたいことを、相手に分かりやすく伝えることが
とても重要だと思います。

本番は緊張すると思いますが、事前準備はいくらでも出来ると思います。
面接練習を友人や研究室、ゼミのメンバーと行い、
可能であれば先生にも見てもらうと良いと思います。

株式会社コバヤシの先輩社員

納豆容器の設計開発

製造本部 技術部
田 真宏
法政大学大学院 工学研究科 物質化学専攻
[指向タイプ]冷静なエキスパート

設備の保守・保全

製造本部 技術部
本郷 剛志
日本大学 理工学部 電気工学科
[指向タイプ]冷静なエキスパート

中国内陸部(四川省成都市)での新規開拓

凱碧包装材料(上海)有限公司 成都分公司
松尾  将之
法政大学 法学部 国際政治学科
[指向タイプ]冷静なエキスパート

食品容器やパック・袋の営業

容器事業部 販売3部 販売課
岸本 圭
青山学院大学 法学部 法学科
[指向タイプ]頼りになるオーガナイザー

ジャンルを問わない、袋の提案・販売

流通資材事業部 販売課
永瀬  裕子
東邦大学 理学部 化学科
[指向タイプ]活動的なイノベーター

農産物関係から食品容器まで

容器事業部 販売2部 東北営業所
渡辺 裕太
専修大学 経営学部 経営学科
[指向タイプ]わが道を行くパイオニア

先輩社員をすべて見る

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済 説明会・イベント予約 インターンシップにエントリー
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる