株式会社関東農産カントウノウサン
業種 農林
その他商社/その他サービス
本社 栃木

先輩社員にインタビュー

研究開発部
清水友佳理(27歳)
【出身】宇都宮大学大学院  農学研究科 生物生産科学学科専攻 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 有機肥料の開発で農家さんのお役にたつこと
私は当社で製造する有機肥料の技術開発や、新製品の開発に携わっています。
そこで私が大切にしているのは実際に農地をみることです。
弊社の製品は農家さんのもとで初めて効果を確認できるものが多いからです。
また、農家さんがお困りのことを当社の技術をもって解決できることもあるからです。

しかしながら、私が知ることのできる農地は限られてしまいます。
そこで、研究開発の他の社員や営業部の社員からの意見も取り入れて、
製品の製造工程については製造部の皆様と話して、開発業務に活かすよう心掛けています。
こうした部署を問わず話せる環境のおかげで開発業務が円滑に進んでいるのだと思います。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
「頼んでよかった」と言われた時
お客様や社員からご相談を受けた際に、原因を調査して解決につなげた時に頂く「頼んでよかった」の言葉がとても嬉しいです。私は有機肥料の開発に携わる以前は、いちご栽培用の培土の開発を行っていたのですが、依頼してくださったお客様から言っていただけたこの言葉が特に嬉しかったです。私が開発して初めて世に出回った商品だったから喜びもひとしおでしたが、自分の業務がお客様のお役に立っていると実感できるこの業務にやりがいを感じています。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 社風と製品に惹かれて
私が関東農産のことを知ったのは、合同説明会がきっかけでした。
農業業界に従事する方は年齢が上の男性が多い印象だったのですが、当社は若い社員、しかも女性社員が活躍されていたところに惹かれました。
また、肥料は畑にまくものなので、人の口に入って問題を起こすような原料を使用しないというコンセプトが素晴らしいと思ったのがきっかけです。
実際に若い社員が活躍できる社風だと思いますし、有機肥料や製品に対する思い入れは部署問わず大きいです。
 
これまでのキャリア 入社後4年間研究開発部所属

この仕事のポイント

職種系統 応用研究・技術開発
仕事の中身 日常生活や身の回りで欠かせないモノやサービスを扱う仕事
仕事のスタイル ひとつのプロジェクトを長期間かけて進める仕事
仕事でかかわる人 一般消費者・利用者と接する仕事
仕事で身につくもの 新しいモノを生み出す力が身につく仕事
特に向いている性格 信念を持って物事に取組むことのできる人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

いろいろな企業の説明を受けられるのはこの時期しかありません。いろんな企業から話をお聞きになって、その中から自分がやりたいことができる企業を選んでください。自分が本当にやりたいと思ったことは企業に通じるものだと、就職活動の際に私は実感しました。
就職活動は本当に大変だと思いますが、皆さんの夢をかなえる第一歩です。頑張ってください!!

株式会社関東農産の先輩社員

植物や環境にあった園芸培土の開発

研究開発部
温井祥太郎
新潟大学大学院 自然科学研究科 生命食料科学専攻
[指向タイプ]わが道を行くパイオニア

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる