船昌商事株式会社
フナショウショウジ
2021
業種
商社(食料品)
食品/倉庫
本社
東京

私たちはこんな事業をしています

【エントリー・説明会予約受付中!!!】
私たちは、青果物流通の専門商社です。世界のさまざまなフルーツを取り扱い、産地も含めると品目は実に100以上。
特に、バナナ、キウイフルーツ、アボカド、マンゴーなど、トロピカルフルーツの取り扱いには定評があります。

業界の老舗として1924年(大正13年)創業から95年の歴史があり、世界各国の仕入れルートを通じて、
新鮮で安心・安全、おいしい商品をお届けしています。

当社の魅力はここ!!

企業理念

「安全・安心・新鮮」を追求し、日本の市場活性化に貢献します

私たちは、フルーツを中心に世界各地の青果物を輸入・販売しています。大正時代、船昌商店を母体とする「船昌グループ」として発足し、1974年(昭和49年)に海外輸入部門を担う商社として誕生しました。本社は東京「大田市場」のすぐ近くにあり、特に関東地区では大きなシェアを確立。卸売市場やスーパーマーケットなどの量販店へ、選りすぐりのおいしさを提供しています。私たちは青果物流通の専門商社として、世界中の生産者から卸業者、そして日本の食卓をつなぐ責任を負っています。信頼に応え得る品質とサービスを提供できるよう、お客さま第一の心で、相互に信頼しあえる明るい職場、生きがいを感じる会社にしていきたいと思っています。

事業・商品の特徴

日本と世界をつなぐ、誇り高き輸入青果物コーディネーターです

キウイフルーツなどトロピカルフルーツをメインに扱い、業績を伸ばしてきました。一方で、輸入青果業界はグローバリゼーションの進展を受け、変革の時を迎えています。食文化は多様化し、消費者意識も高度化し、さらに変化が加速する中で、スピード感をもって時流を読み解いていかなければなりません。そんな中、当社は時代のニーズに応える食文化をつくるべく、産地の開拓、商品開発、加工技術の向上など努力を続けています。「フルーツ」には、人々を幸せにする力があります。お取引様、産地、社員、さらに消費者の皆様とともに、その幸せを分かちあっていくのが、当社の大きな役割であり、ビジョンです。

会社データ

事業内容 ◆外国産果実、野菜輸入および卸売業務
設立 1974年12月
資本金 9000万円
従業員数 53名(男性34名・女性19名、2019年2月時点)
売上高 138億6600万(2018年3月期実績)
代表者 代表取締役会長 関野章、代表取締役社長 関野貴文
事業所 【本社】
東京都大田区東海3-8-2 TSKビル5階

【加工場】
大井ほか2カ所

【関連企業】
株式会社船昌、ウェルネス株式会社、有限会社フルーツネット
沿革 大正13年(1924年) 神田市場に青果問屋を開業
ホームページ https://www.funasho-s.co.jp/
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)