新関西製鐵株式会社シンカンサイセイテツ

新関西製鐵株式会社

電炉 平鋼
業種 鉄鋼
本社 大阪

先輩社員にインタビュー

設備部 設備グループ
藤原 義希(24歳)
【出身】関西大学  化学生命工学部 化学物質工学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 工場の設備管理
入社してからまだ1年経っておらず、勉強の毎日ですが業務内容としては、工場内の設備の保全・故障したときの修繕や更新をするための、設計や計画を行なっています。工場設備に異変が無いか、点検やメンテナンスを行なう計画を立てたり、工場の設備の中には、自分の生まれる前から稼動しているものも少なくないので、メンテナンスや故障対策のみでは対応できず故障してしまうことも多々あるので、修繕や更新の計画を立てます。このように日々工場を円滑に動かせるように、工場設備の管理を行なっています。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
故障設備の修繕の計画
現在工場内のシャッターの更新工事の担当をしています。シャッターの故障で開放状態で放置されているのが現状で、製品が雨に濡れ、錆が発生してしまう要因となっています。更新が必要なので、施工を行なってもらう業者の選定から、工事計画、安全管理のための打合せ、現場調査など重ねに重ねて、やっと5月に工事に取り掛かれる状態です。あとは何事もなく安全に工事が終えれば達成です。まだ達成していない案件なので、達成感を伝えることは出来ませんが過程の時点で、一つずつものになっていく楽しさを味わい、やりがいを感じています。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 大阪に工場がある、時代は循環型社会であると感じたこと
大学時代では化学物質工学科で金属を中心に学んでいました。そこで循環型社会について学ぶ機会があり、興味を持っていました。循環型社会とは、有限である資源を効率的に利用するとともに再生産を行って、持続可能な形で循環させながら利用していく社会であり、鉄くずを鉄にリサイクルを行なう電気炉メーカーはこれからの時代にぴったりだと感じていました。電気炉メーカーの中でも、会社の雰囲気が良く、勤務地が大阪である点に魅力感じ、入社を決断しました。
 
これまでのキャリア 設備(一年目)

この仕事のポイント

職種系統 機械・電機・電子機器設計
仕事の中身 生活基盤や社会インフラを作り上げる仕事
仕事でかかわる人 その道のプロと呼ばれる人と一緒に進める仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

少しでも興味があることには積極的に行動してください。周りの意見も大切ですが、百聞は一見にしかずです。また採用担当者が親身になってくれることは当たり前です。その一人の人間に惹かれるのではなく、会社全体の雰囲気を感じるように意識してみてください。

新関西製鐵株式会社の先輩社員

製鋼工場のスタッフ業務。製鋼工場の操業維持・操業改善及びデータ分析。

販売部 販売グループ
友成 悠
香川大学 工学部 材料創造工学科

圧延工場の材料・スケジュール管理。操業の舵取りを行う裏方

生産管理グループ
鳥原 暁斗
佐賀大学 理工学部電気電子工学科

圧延設備の生産能力向上・老朽更新を目的としたプロジェクト

Yプロジェクト部
田中 省吾
愛媛大学大学院

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済 インターンシップにエントリー
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる