新関西製鐵株式会社シンカンサイセイテツ

新関西製鐵株式会社

電炉 平鋼
業種 鉄鋼
本社 大阪

先輩社員にインタビュー

販売部 販売グループ
友成 悠(26歳)
【出身】香川大学  工学部 材料創造工学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 製鋼工場のスタッフ業務。製鋼工場の操業維持・操業改善及びデータ分析。
製鋼工場のスタッフとして、日々の操業のチェック・改善を行っています。不良やトラブルが発生した際は原因を突き止め、改善に繋げることが必要になります。
一筋縄ではいかない内容が多いですが、グループ内で調査を行い、生産コストや生産性・品質を改善できたときの達成感が喜び・やりがいとなっています。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
Aサイズの浸漬ノズル耐用UPにより、MAX連数を伸ばせたこと。
入社し、製鋼部に配属されたときに、当時から課題となっていたAサイズの生産性改善(MAX連々UP)を 一年間のテーマとして与えてもらいました。その目標を達成する為には、
現状の問題点の把握、分析から始まり、浸漬ノズルスペック変更の為のメーカーとのやり取りやテスト計画。
何より、実際に作業する製鋼工場のメンバーとの調整や指示、やりとりが必要不可欠でした。
テストの進め方や抑えるべきポイントなど 分からないことばかりでしたが、先輩や上司にサポートしてもらい、Aサイズの連々を1.3倍にUPすることができました。
その成果を2年目の発表で報告することができ、お祝いとして上司と飲みに行けた時は最高に嬉しかったです。
その成功体験が、今でも自信となっています。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 自分に合っていると思ったから。
地元が四国なので、就職をきっかけに大阪で暮らしてみたいという漠然とした考えを持ちながら、就職活動をしていた際に
同じ大学の先輩に紹介されたのがきっかけでした。材料系の学科だったので、仕事内容にも興味を持ち、応募にいたりました。
弊社は、中小企業であり、スタッフの数も多くありません。当然、一人当たりの仕事量や負担は増えますが、
経験の浅い自分でも、上司と会議に出席する機会が多く、前線に立って業務に取り組むことが出来ます。
若手の頃から、豊富な経験や責任感・達成感を得られるという点が、自分の希望と一致していたのが決め手でした。
 
これまでのキャリア 入社→製鋼グループ(今年で5年目)

この仕事のポイント

職種系統 生産・製造技術開発
仕事の中身 生活基盤や社会インフラを作り上げる仕事
仕事のスタイル 慎重さと正確さが問われる仕事
仕事でかかわる人 その道のプロと呼ばれる人と一緒に進める仕事
仕事で身につくもの 新しい動きに敏感になり、幅広い知識が身につく仕事
特に向いている性格 何事にも粘り強さで勝負する人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

仕事内容というよりは、職場の雰囲気・環境などが自分に合っているかどうかが最重要だと思います。

新関西製鐵株式会社の先輩社員

圧延工場の材料・スケジュール管理。操業の舵取りを行う裏方

生産管理グループ
鳥原 暁斗
佐賀大学 理工学部電気電子工学科

工場の設備管理

設備部 設備グループ
藤原 義希
関西大学 化学生命工学部 化学物質工学科

圧延設備の生産能力向上・老朽更新を目的としたプロジェクト

Yプロジェクト部
田中 省吾
愛媛大学大学院

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済 インターンシップにエントリー
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる