新関西製鐵株式会社シンカンサイセイテツ

新関西製鐵株式会社

電炉 平鋼
業種 鉄鋼
本社 大阪

先輩社員にインタビュー

生産管理グループ
鳥原 暁斗(25歳)
【出身】佐賀大学  理工学部電気電子工学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 圧延工場の材料・スケジュール管理。操業の舵取りを行う裏方
部署そのものの目的としては、生産スケジュールを立案し、計画通りの生産量を確保することになります。
毎月下旬に次月生産分の受注を取りまとめて月内に生産計画を立て、その目標量をクリアすべく製鋼・圧延の計画を立てていきます。
製鋼設備は堺工場にしかない為、星田工場では納入の段取りまで含め圧延計画を立てることが重要です。
計画作成後は日々製鋼で鋳造した材料の納入進捗と、圧延操業のペースを確認しつつ指図書の発行やトラブル対応を行い、作業手順の見直し・改善等も行っていきます。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
入社1年後の社内発表で上司に慰労の言葉を貰った。
配属され4ヵ月後、異動で課員が私を含め3人から2人になりました。当部署は原則休日も人を置く部署なので、私1人で日常業務と現場対応を行う日が増え、キツいことも少なくありませんでした。本社でも人員交代があり上司もそちらに目を向けざるを得ない状態でした。
半年が過ぎ、2年目社員対象の実務経験発表がやってきました。先輩と上司に何度もチェックを頼み資料は完成しましたが、私自身は必死だっただけで何かを学び、成したのか?という思いで一杯でした。しかし、発表後に上司から「入社半年足らずで大きく負担を強いてしまったが、この発表での業務改善は君自身の半年間の実績です。お疲れ様」という旨の講評を貰い、気持ちが楽になったことを強く覚えています。
小さな事ですが、他者に認めてもらうことが私にとっては何よりの報酬でした。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 同じ大学出身の先輩が多くいた。
大学3回生の頃同業他社の説明会が学内であり、その際に電炉に興味を持ちました。
いざ就職活動を行うにあたり、電炉あるいは鉄鋼業で就職担当の教授に相談を持ちかけたところ弊社を推された次第です。
私を含め同大学の出身が現在7名在籍しておりますが、先輩方が歓迎会を開いてくださったのは楽しい思い出です。
 
これまでのキャリア 生産管理(現職・今年で3年目)

この仕事のポイント

職種系統 生産管理・品質管理・メンテナンス
仕事の中身 日常生活や身の回りで欠かせないモノやサービスを扱う仕事
仕事のスタイル 目標をきちんと予定通り進めることが必要な仕事
仕事で身につくもの 客観的に整理・分析する能力が身につく仕事
特に向いている性格 誰とでも親しくなれる人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

みんながみんな上手いことすんなり就職活動を終えるに越した事はありませんが、きっとそういう人だけではありません。
もとより一人ひとり走る距離が異なるレースなので自分のペースを忘れずにいきましょう。しんどい時は自分を甘やかすことも必要だと思います。

新関西製鐵株式会社の先輩社員

製鋼工場のスタッフ業務。製鋼工場の操業維持・操業改善及びデータ分析。

販売部 販売グループ
友成 悠
香川大学 工学部 材料創造工学科

工場の設備管理

設備部 設備グループ
藤原 義希
関西大学 化学生命工学部 化学物質工学科

圧延設備の生産能力向上・老朽更新を目的としたプロジェクト

Yプロジェクト部
田中 省吾
愛媛大学大学院

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済 インターンシップにエントリー
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる