丸栄コンクリート工業株式会社マルエイコンクリートコウギョウ

丸栄コンクリート工業株式会社

コンクリート二次製品の設計・製造・販売/土木建設事業
業種 セメント
建材・エクステリア/建設/商社(建材・エクステリア)/建設コンサルタント
本社 岐阜

先輩社員にインタビュー

本社 技術開発部 開発課
石黒 憲司
【出身】名古屋工業大学大学院  工学研究科 創成シミュレーション工学専攻 都市シミュレーション分野 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 コンクリート二次製品の設計・開発。
「こんな製品があればいいのに」というお客様の要望に対し、技術者という立場でプロジェクトをバックアップするのが私の主な仕事です。ここで、単純ながら難しいのが、図面を描くだけで製品はできないということです。特に、新製品となると構造計算の仕方や製造方法・施工方法、その他の様々なことをお客様や工場、資材メーカー等多くの人と打ち合わせて決める必要があります。格好良く言えば人を動かす仕事ですが、こちらの意図を伝えたり正しく理解してもらったりするのは想像よりも難しいことです。その分、完成した製品が無事に現場に据え付けられたのを見ると、それまでの苦労が報われた喜びを感じます。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
被災した宮城県の漁港に設置する桟橋を設計し、復興に貢献した。
大手建設会社から、漁港の復旧工事として桟橋にコンクリート二次製品を使いたいという依頼があり、私はそのプロジェクトに入社1年目の時から携わりました。勤務地の岐阜県から、現場のある宮城県、工場のある茨城県、福井県へと何度も足を運び、打ち合わせを重ねました。上司や関係者に頼らざるを得ない時には「どうしたらよいですか」ではなく「こう思うのですがどうでしょうか」と意見し、その問題を解消した時に自分の糧となるように仕事を進めました。製品の据付けが開始されてから2ヶ月半で260mもの桟橋が完成し、お客様に喜んでいただくことができました。できあがった桟橋を見て、微力ながら復興に貢献できたのだと、実感と自信を得ました。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 理想とする仕事のスタイルをとれると感じた。
この会社を選んだ理由は2つあります。1つは「モノをつくれること」です。特に新しいモノを開発することを希望していた私にとっては、オリジナル製品が非常に多いこの会社は魅力的であり、モノをつくるならこの会社だと考えました。
もう1つは「休日をとれること」です。これは働くことに後ろ向きなわけではなく、仕事も休日も充実させたいという思いからです。休みたい時に休めない会社では、仕事に嫌気が差し、疲れてしまって有意義な休日も過ごせないと私は考えています。休日を充実させるために働き、仕事への英気を養うために休日を楽しむ。それが私の理想としている「働き方」で、この会社ならそれを実現できると思いました。
 
これまでのキャリア 技術開発部 開発課(現職・今年で3年目)

この仕事のポイント

職種系統 建築・土木技術者
仕事の中身 災害・事故・犯罪からヒトの命を守る仕事
仕事のスタイル ひとつのプロジェクトを長期間かけて進める仕事
仕事でかかわる人 一般消費者・利用者と接する仕事
仕事で身につくもの 客観的に整理・分析する能力が身につく仕事
特に向いている性格 大勢の人と協力しながら進めるのが好きな人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

自分のやりたい業務内容がハッキリしない人やわからない人は、業務内容以外で自分が何を優先するのかハッキリさせるとよいと思います。給料、休日数、業績、規模、知名度、勤務地・・・自分の希望に少しでも合う会社を見つけて、選考を受けてみることから始めてみましょう。「自分が何をしたいかわからない」と躊躇している時間があれば、少しでも興味の沸いた企業をどんどん受けることをお勧めします。

丸栄コンクリート工業株式会社の先輩社員

公共事業工事に関わり、社会インフラを支える仕事。

匿名
立命館大学 経済学部 経済学科

想像×創造

東京支店設計課
吉田 貴彦
立命館大学大学院 創造理工学専攻環境都市コース

コンクリート二次製品の図面および計算書の作成。

名古屋支店 設計課
井下 千尋
鳥取大学大学院 農学研究科 フィールド生産科学専攻

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済 説明会・イベント予約 インターンシップにエントリー
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる