熊本県畜産農業協同組合
クマモトケンチクサンノウギョウキョウドウクミアイ
2021
業種
農林
本社
熊本

私たちはこんな事業をしています

【プレエントリー・説明会予約受付中!!!】
私たちは、畜産農家の暮らしと消費者の食の満足向上を目指す団体です。熊本県内の畜産農協、酪農農協、総合農協が出資し、全県的な畜産経済事業を担うことを目的として設立されました。その役割の根幹は、畜産農家の営農活動を支える「生産者支援」。生産現場に不可欠な資材やエネルギーの供給、技術面・情報面でのバックアップなど、畜産物を安定的に生産するための支援を行います。

当社の魅力はここ!!

事業・商品の特徴

熊本県をはじめ、全国の皆様に新鮮で良質な“あか牛”を提供

私たち熊本県畜連は、畜産振興から肉畜流通、食肉販売、レストラン業務のほか、飼料や畜産資材販売などの事業も行っています。畜産農家の暮らしと消費者の食の満足の向上を目指すとともに、消費者への食の安定供給を重要な役割としています。中心となる業務は家畜生産から販売に関わる業務で、全国の消費地や消費者に安全・安心な熊本県産畜産物を供給。同時に、県産牛肉・豚肉のブランドの構築やPR活動など、新しい需要やニーズを開拓する活動も積極的に進めています。また、直営店舗ではお肉の販売や卸、レストラン事業も展開。生産農家を支え、熊本県産肉を全国の消費者の皆さんにお届けすることを使命に、幅広い業務に取り組んでいます。

仕事内容

県内の畜産農家をサポートし、全国の皆様を笑顔にする仕事です

業務部飼料課では、本会オリジナル飼料の供給や、牧乾草・種子・草地用肥料の供給斡旋を行っています。販売課は、牛・豚枝肉の集荷販売、素畜の斡旋、直営店の業務運用など、県内畜産生産物の集荷販売を専門に扱っている部署です。薬品資材課では、動物用医薬品の供給販売をはじめ、農薬やダニ駆除薬の供給斡旋、家畜診療器具などの供給斡旋を担当。畜産振興課では、各種補助事業の申請・交付指導や県産家畜の販路拡大、県畜産共進会や品評会などの家畜審査、生産・経営指導などの業務にあたっています。ミートショップ&レストラン「カウベル」は県特産の「あか牛」取扱い指定店。そのほか、総務部では事務全般を担当しています。

会社データ

事業内容 ◆畜産振興、肉畜、流通、食肉販売、レストラン業務、飼料、畜産資材販売
設立 1948年11月1日
資本金
従業員数 50名
売上高
代表者 代表理事会長 穴見 盛雄
事業所 ■事務所
熊本県熊本市東区桜木6丁目3番54号
■店舗
レストラン「カウベル」
ミートショップ「カウベル」
■熊本県家畜市場 
菊池郡大津町岩坂1480
沿革 昭和23年9月 熊本県畜産販売農業協同組合連合会設立
昭和29年12月 再建整備施行規則第7条の規定に基づく再建整備計画書の承認を農林大臣に提出。飼料・動物用医薬品・資材の供給開始
昭和35年6月 中央家畜市場を開設
昭和36年4月 肉牛・肉豚の共同出荷開始
昭和38年8月 北海道庁にあか牛16頭寄贈
昭和39年7月 北海道向けにあか牛100頭移出
昭和40年3月 畜産指導センター(牛・豚共同育成施設)を設置。熊本県子豚価格安定基金協会の設立出資
――― 省 略 ―――
平成11年6月 県畜産農協へ販売事業、食肉事業の業務移管(業務一体化の推進)
平成13年11月 “新世紀くまもとあか牛ルネサンス”「全国あか牛サミットin熊本」開催
平成15年1月 ホームページ「あか牛・TV」開設
平成15年6月 経営管理委員会制度導入
平成17年3月 経営管理委員会制度を廃止し理事会制度導入
平成17年4月 あか牛ブロンズ像除幕
平成19年3月 ホームページ「あか牛TV」から「あか牛チャンネル」へ名称変更
平成19年7月 県畜産農協からの販売事業業務、食肉事業業務移管
平成20年7月 くまもとあか牛の愛称「阿蘇王」 誕生
平成23年3月 全日本あか毛和牛協会が設立される
平成30年7月 ホームページをリニューアル
ホームページ https://akaushi.jp/
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)