富田薬品株式会社トミタヤクヒン
業種 商社(医薬品)
商社(医療機器)
本社 熊本

先輩社員にインタビュー

医薬学術情報室(学術担当=薬剤師)
池川登紀子
【出身】昭和薬科大  薬学部 卒
【年収】非公開
冷静なエキスパート
これが私の仕事 医療従事者(お客様)、MS(営業)に質の高い情報を提供していくことです
私達の仕事は、医療従事者(医師、薬剤師、看護師など)、MS(営業担当者)に質の高い情報を提供していくことです。医療の現場で実務をされている先生方やMSのサポートをする仕事ですから、迅速に、かつ正確な情報提供が要求されます。誰かの役にたてる仕事はやりがいもあり、これからの仕事の活力にもなります。価値のある、納得して戴ける情報を常に提供していくことで信頼関係が築け、その積み重ねによって、自分の知識も高められるのは病院や薬局薬剤師では味わえないところでしょうか。自分の仕事の成果が患者さんやそのご家族に貢献できることを、間接的ですが実感することができる仕事です。電話の向こうには常に患者さんがいることを念頭において、日々、仕事を行っています。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
自分達の作った資料が、MS(営業)やお客様の役に立った時。
私たちは通常業務と並行して、調剤に関するデータや、お客様から問い合わせの多い案件に関する資料をまとめ、情報誌として情報提供を行っています。この資料は、MS職にとっては、お客様の信頼を勝ち取る大切なツールになりますし、お客様にとっては、最新の情報を得る重要な情報源にもなります。MS職から「資料が役に立って成約につながったよ!」お客様からは「最新の情報をありがとう。いつも活用させてもらってるよ」といったお声を頂くと、本当に誰かの役に立っていると実感しますし、自分の働くモチベーションにも繋がります。日々情報にアンテナを巡らせ、さらに皆の役に立てるような存在になることが、多くの「ありがとう」につながり、仕事の働き甲斐に繋がります。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 自分がしたい勉強を通じて成長を実感できると思った為。
私が学生時代の頃ですが、ちょうどDIという仕事が注目されていたんですね。大学の教授からもDIについて色々お話を聞くうちに、実務的な調剤より、医薬品に関わる様々な情報を提供するこの職種に自然と興味を持ったんです。元々、勉強することが好きだったんでしょうか。大学で学んだことを礎に、法律・化学・技術など様々なことを社会人になってからも日々勉強できる職種と環境を志望し、富田薬品のDI職と出会ったんです。地元が熊本であったことと、富田薬品には研修への参加にも寛容な風土があったので、入社を決意しました。今でも本当に入社して良かったと思っています!学会やメーカー主催のセミナー、薬剤師会など自己成長のための機会は自由に選択し、参加することができますから。興味があれば、ぜひ説明会でお会いしましょう!
 
これまでのキャリア DI職(現職・今年で23年目)

この仕事のポイント

職種系統 薬剤師
仕事の中身 ヒトの美容や健康を支える仕事
仕事のスタイル 臨機応変な対応力が必要とされる仕事
仕事でかかわる人 その道のプロと呼ばれる人と一緒に進める仕事
仕事で身につくもの 上質のサービスや商品に接し、知識・教養が深まる仕事
特に向いている性格 何事にも粘り強さで勝負する人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

調剤という実務(技術)だけではなく、幅広い知識・情報を通じた成長を志向している方は、ぜひDI職の話を聞きにきてくださいね!

富田薬品株式会社の先輩社員

薬品の卸業・営業

熊本支店医専3課
横田 翼
大分大学 機械・エネルギーシステム工学科
[指向タイプ]冷静なエキスパート

マーケットに大きな影響を及ぼす。それが医薬品卸の営業の醍醐味です。

大津営業所 医専2課
湯本 宗志
九州大学 経済学部
[指向タイプ]冷静なエキスパート

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる