トヨタL&F近畿株式会社
トヨタエルアンドエフキンキ
2021

トヨタL&F近畿株式会社

トヨタ/物流/物流コンサル/専門商社/BtoB/インフラ
業種
商社(自動車・輸送機器)
商社(機械)/輸送機器/倉庫/その他専門店・小売
本社
大阪

私たちはこんな事業をしています

フォークリフトをはじめとしたトヨタ産業車両、物流業や製造業で使用される物流機器、搬送機器などを扱う専門商社。
全国の中で当社は滋賀、京都、大阪エリアを担当しています。
販売したモノがメリットを発揮するようどう生かすのか改善に向けたご提案を含めお客様にご提供しています。

トヨタフォークリフトは国内シェア53年連続NO.1を誇り
創立以来の企業活動で得た、数多くのお客様が強固な営業基盤をつくっています。

当社の魅力はここ!!

事業優位性

単なるモノ売りではなく、最適にこだわった物流改善を“提案”

当社で大切にしているのは、お客様の物流現場でコスト削減や効率化、安全面、環境面などをあらゆる方向から見て、お客様の立場で共に考え具体的な形に示すこと。これを“提案”と考えます。単なる”モノ売り”営業ではなく、「物流のプロ」として他社には真似できない”カイゼン”ノウハウを駆使し、お客様の物流現場における全体最適を提案していることこそが、当社の強みであり真の価値ある仕事です。物流商品は一般の商品販売とは違ってただ購入するだけでは、メリットを発揮しません。多種多様にわたる物流商品をどのような物流現場でどのように使用するのか、そのすべてを把握したスタッフが物流現場の最適を今後も追求し提案し続けます。

仕事内容

魅力はお取引企業との「距離の近さ」と「関われる業種の豊富さ」

あらゆる企業には必ず物の流れがあります。当社は世の中の物の流れを支える企業として、社員1人1人が毎日お客様先へ訪問して自ら観察し、自分なりの考えでお客様の物流現場を”最適”に導く提案をしています。そのため、お客様との関係は非常に密接です。だからこそ実感できるお客様からの感謝の言葉はL&F営業をするうえで重要なモチベーションとなります。ある若手社員の担当は約800社で1日平均20社ほどを訪問。そのうち既存:新規の割合は、6:4程度。自分で計画を立て、スケジュール管理しながら仕事を進めていきます。提案書や見積書の作成、活動報告、訪問計画なども自分で行うため、自由度が高い一方、責任感も伴います。

社風・風土

多種多様な商品を取扱うからこそ、充実の研修制度でバックアップ

お客様の物流現場を”最適”に導くためには、商品の熟知から、物流カイゼンノウハウなど様々な知識が必要です。その知識を身につけるため、教育体制が充実していることは、仕事を進めるうえで大きなアドバンテージになっています。営業のベースとなるビジネスマナーや社会人としての基礎知識はもちろん、着実に身につく研修を就業時間の中で段階的に実施していきます。また新入社員フォローアップ研修、交流会などで上位役職者との接点を持つ機会もあり、会社全体で社員をバックアップ。年に1回全社員が集まり、優秀社員を表彰するイベントも実施。頑張りを評価されることでモチベーションにつながりますし、仲間の成果から刺激を受けられます。

会社データ

事業内容 お客様の9割は企業様です。
某有名電機メーカー様のうような大規模な企業様からモノ作りを支える中小企業様まで
お客様は様々な企業様です。

【主力商品であるフォークリフト販売】
 販売といいましても、お客様の購入形態はさまざま。お買取り・リース・レンタルなど
 お客様に合わせた販売をプランニングします。

【お客様の物流現場を最適に導く提案】
 お客様の物流現場をより最適に導くため当社は物の流れをコーディネートし
 お客様に提案します。

【トヨタフリートマネージメント】
 提案はお客様にいかにメリットを感じていただけるかが重要です。メリットとは、コストダウン
 効率向上、安全向上などお客様のニーズによってさまざまです。
 当社はフォークリフトを販売する会社でありながら、フォークリフトを減らす提案もしております。 
 他社にはない手法で物流現場を見極めお客様の物流現場の最適を最大限に引き出す
 提案をしております。

【その他事業内容】
 ・建築工事、機械器具設置工事、とび・土工工事の設計・監理及び請負・施工
 ・中古産業車両ならびに各種中古車両の売買、貸賃及び修理、再生
 ・環境機器の販売、賃貸及び修理
 ・損害保険代理業ならびに自動車損害賠償保障法に基づく保険代理業
 ・生命保険の募集に関する業務
 ・上記に掲げた事業のコンサルティング及び技術、ノウハウの提供に関する事業
設立 1966年7月1日
資本金 1億
従業員数 514名(2019年4月現在)
売上高 223億3,000万円 (2019年3月期)
経常利益 16億1,300万円(2019年3月期)
代表者 代表取締役社長 上田 典昭
事業所 ■本社:大阪市此花区西九条1-1-51
■滋賀県:長浜、彦根、守山、水口
■京都府:綾部、京都
■大阪府:茨木、寝屋川、豊中、東大阪、此花、平野、南港、堺、美原、泉佐野
沿革 1956年(昭和31年)
(株)豊田自動織機製作所においてトヨタ自動車技術陣指導のもとにトヨタフォークリフトを制作、市販開始。

1957年3月(昭和32年)
大阪トヨタディーゼル(株)が創立と同時に大阪府下を販売地域としてトヨタディーゼルトラックと共にトヨタフォークリフトの販売を開始。

1966年7月(昭和41年)
販売台数の伸長に伴い、大阪トヨタディーゼル(株)よりフォークリフト販売部を分離独立、大阪トヨタフォークリフト(株)を設立。大阪地区におけるトヨタフォークリフトの専門販売会社として発足。

1971年6月(昭和46年)
滋賀トヨタ自動車(株)産業車両部とトヨタカローラ京都(株)産業車両部が、合併・独立し、京滋トヨタフォークリフト(株)を創立。滋賀地区・京都地区におけるトヨタフォークリフトの専門販売会社として発足。

1998年(平成10年)
大阪トヨタフォークリフト(株)をトヨタエルアンドエフ大阪株式会社に社名変更。
京滋トヨタフォークリフト(株)をトヨタエルアンドエフ京滋株式会社に社名変更。

2011年7月(平成23年)
トヨタエルアンドエフ大阪株式会社とトヨタエルアンドエフ京滋株式会社の統合によりトヨタL&F近畿株式会社に社名変更。

2014年5月(平成26年)
鳥飼中古車センター開設。

2015年3月(平成27年)
2014年度経常利益が約11億6千万円となり、10億円を突破。

2016年3月(平成28年)
2015年度経常利益が目標12億円達成。

2016年7月(平成28年)
創立50周年を迎える。
取引先 日通商事、日航関西エアカーゴシステム、旭化成住工、日通パナソニックロジスティクス、
三菱商事テクノス、花王ロジスティクス、カゴメ物流サービス、東レ・アムテックス、
明治大和倉庫、日立物流西日本 (40,000社以上)
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)