社会福祉法人昇栄会
ショウエイカイ
2021

社会福祉法人昇栄会

児童養護施設ケヤキホーム
業種
教育関連
福祉・介護
本社
埼玉

私たちはこんな事業をしています

埼玉県内で環境上養護を必要とする児童に対して
自立した社会生活を送るための養護支援を行っている「ケヤキホーム」。
一人ひとりに心から深い愛情を注ぎ、児童の心身の健やかな成長を願い、
職員全員が一丸となって支援を行っています。

当社の魅力はここ!!

施設・職場環境

~ 入職3年目の先輩に聞いてみました! ~

私は元々、保育園のように多くの子供と関われる環境よりも養護施設のように少数の子供たちと密接に関われる環境で働きたいと考えていました。そんな中でケヤキホームの子供たちに対する家庭的な接し方を知り、ここで働きたいと思いました。養護施設の職員は親の立場で叱ったり、正しいことを教えなくてはならない時もあります。時には子供に感情移入し過ぎてしまい辛くなることもありますが、それだけ子供の人生に影響を与える仕事なんだなと実感することも多く、その度にもっとしっかりしなくてはと仕事に対する責任・やりがいを感じることができます。

戦略・ビジョン

じっくり一人ひとりと向き合いたいなら――。

児童養護施設には様々な事情を抱えた子供たちが暮らしています。そのため、子供たちにとって親代わりとなる施設の職員の存在はとても重要で、大きな影響力を持ちます。だからこそ、“ケヤキホーム”では職員が一緒にゲームやスポーツをして戯れる時間や学校での出来事や悩み等を聞いてあげる些細な時間を築けるような環境づくりを行っています。子供たちと家族のように触れ合いたい、一人ひとりと絆を深めていきたいと考える方にはピッタリの環境だと思います。

企業理念

より家庭・家族に近い環境を!

埼玉県の県木であるケヤキの如く、大地にしかと根を張りながら伸びゆく子供たちの姿を願い、名付けられた“ケヤキホーム”。子供たちを家庭に近い環境で生活させてあげたいという想いから、現在はより小規模な施設の運営に力を入れています。児童養護施設を運営する上で重要なのは、“施設”としてではなく“家族”としてどれだけ密接に子供たちに関われるかということ。子供たちそれぞれの誕生日を皆で祝ったり、夕食の献立を一緒に考えたりと、ありふれた家庭となんら変わらない日常の風景を“ケヤキホーム”では大切にしています。

会社データ

事業内容 <児童養護施設の運営>
児童養護施設ケヤキホーム(定員6~8名/10ユニット)の他に分園型小規模グループケア1ヶ所と
地域小規模児童養護施設2ヶ所を運営しています。
設立 1973年3月31日
資本金 なし(社会福祉法人のため)
従業員数 39名
売上高 なし(社会福祉法人のため)
代表者 理事長 松村 二郎
事業所 児童養護施設ケヤキホーム(埼玉県行田市真名板2027)
児童養護施設ケヤキホーム小針の家(埼玉県行田市小針78-25)
地域小規模児童養護施設ケヤキホーム敬濱荘(埼玉県羽生市南6-21-9)
地域小規模児童養護施設ケヤキホーム不動岡の家(埼玉県加須市不動岡966-1)
指導方針 保護者、学校、地域、児童相談所やその他関係機関と連携しながら児童の処遇にあたりますが、
園としての指導方針は、創立以来、次の3つを柱としています。

1)事の善悪
2)皆で仲良く
3)豊かな人間味

この原則をもとに部屋ごとの担当職員がそれぞれのお子さんの様々な状況、
ニーズに対応できるよう日々、切磋琢磨し援助技術の向上に努めております。
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)