株式会社エィ・ダブリュ・エンジニアリング
エィダブリュエンジニアリング
2021

株式会社エィ・ダブリュ・エンジニアリング

アイシングループ/アイシンAWグループ
業種
輸送機器
自動車/機械設計/ソフトウェア/情報処理
本社
愛知

私たちはこんな事業をしています

当社は世界屈指の自動車用部品メーカーであるアイシングループの一員として、オートマチックトランスミッションやハイブリッドトランスミッションなどの駆動系製品の開発プロセスの革新を目指し、最先端のシミュレーション技術やシステム開発を行っています。
駆動系製品は電動化、多段化など開発ニーズの多様化が進み、当社の技術に対する期待も、益々高まっています。

当社の魅力はここ!!

事業・商品の特徴

目指すのは、「モノをつくらないモノづくり」

当社では、90年代後半に『モノをつくらないモノづくり(試作品をつくらない製品開発)』構想を掲げ、シミュレーション技術の高度化を行うべく、技術開発を推進してきました。解析分野・領域の拡大、解析精度の向上、あるいは手法間・分野間の連携・連成などの「形を評価する」技術の高度化だけでなく、製品の構想段階で性能評価を行い「形を創造」する技術の確立など、先進的な技術開発を行うことで、当社の目指すデジタル試作・デジタル評価の実現に着実に近づいています。

技術力・開発力

CAE解析技術で製品設計、生産工程設計をサポート

当社のCAE解析業務の対象は、製品の特性上、強度剛性、熱・流体、振動・音響、機構など多岐に渡っています。さらに駆動系製品の電動化に伴い、電磁気関連のシミュレーション技術開発も強化しています。また、当社では、製品設計の分野以外に、生産技術の分野においてもCAE解析を活用しています。例えば生産工程で行われる「熱処理」では、加熱・冷却の処理により対象物が変形するため、その発生するメカニズムをCAEで解明し、最適な熱処理条件を導き出すなど活用をしています。(左図:熱処理解析)

技術力・開発力

最新のIT技術で、製品開発に最適なソリューションを。

製品開発の設計、評価・確認試験、生産工程設計の各フェーズで行われる計測、データ分析、評価など業務を効率化するため、プログラミングをはじめとするIT技術を駆使し、各業務に必要な専用ソフトウェアの開発を行っています。人が膨大な時間をかけ行っている作業を可能な限り自動化し、業務プロセスを革新するため、最近では、人工知能などの新しい技術を積極的に導入し、それらを活用したシステムの開発に力を入れています。

会社データ

事業内容 自動車用オートマチックトランスミッション、ハイブリッドトランスミッション等の駆動系製品の開発に関連した解析、システム開発

(1)CAE解析
   製品系CAE解析-強度解析、振動解析、流体解析、機構解析 他
   生産系CAE解析-熱処理解析、溶接解析、成形解析 他

(2)システム開発
   HILSモデル開発 、ソフトウェア開発 他
設立 1987年9月21日
資本金 9,000万円
従業員数 133名(2019年3月31日現在)
売上高 20億2,097万円 (19年3月期)
代表者 取締役社長 中村 泰也
事業所 本社/愛知県安城市
平均年齢 36歳
取引先 アイシン精機(株)、アイシン・エィ・ダブリュ(株)、アイシングループ各社
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)