豊田バンモップス株式会社
トヨダバンモップス
2021

豊田バンモップス株式会社

トヨタグループ/JTEKT(ジェイテクト)出資企業
業種
自動車
ガラス・セラミックス/鉄鋼/機械/金属製品
本社
愛知

私たちはこんな事業をしています

【トヨタグループ唯一のダイヤモンド工具メーカー】

豊田バンモップスは、トヨタグループで唯一のダイヤモンド工具メーカーとして
自動車部品やIT関連部門などの高精度加工に不可欠な「専用工具」の製造を行っています。
創業時から自動車や工作機械分野で培ったノウハウを活かし、
今後は半導体や航空機、モーター分野などの新しいプロダクトにも果敢にチャレンジ!
私たちは、これからも進化し続けていきます。

当社の魅力はここ!!

戦略・ビジョン

クルマも飛行機も、そして自分もダイヤモンドで磨かれる。

豊田バンモップスは、トヨタグループで唯一のダイヤモンド工具メーカーです。自動車から航空機、IT関連まで様々な製品を加工するダイヤモンド砥石をはじめ、砥石を加工するためのドレッサなども製造しています。これらは厳しい条件下で何万個もの加工を行うため、高い技術力と品質が不可欠。私たちは世界一の製品を作り出しているという自負があります。今後は売上の倍増を目標に掲げ、世界市場へ、そして様々なフィールドに果敢にチャレンジしていきます。ダイヤモンド工具によって作られる製品と同じように、きっと、あなたも磨かれて大きく生まれ変わるはず。さらなるグルーバル化や新製品の開発など、私たちと一緒に成長しましょう。

事業・商品の特徴

ノウハウを活かし半導体やモーターなど新たなプロダクトに挑戦!

自動車業界ではPHV・EVや自動運転技術、コネクテッドカーの登場など100年に1度と言われるほどの大きな変化の時代を迎えています。当社のダイヤモンド工具は、自動車のカムシャフト加工用ではトップクラスのシェアを誇っています。またIT関連ではAIの普及、製造業ではIoTとビッグデータを活用した「インダストリー4.0」など、多くの産業で技術革新の波が押し寄せています。私たちは自動車や半導体、工作機械などで培ったノウハウを活かし、航空機やモーターといったまったく新しいプロダクトに果敢にチャレンジしていきます。すべては、お客様のあらゆるニーズに応えるために。これからも、豊田バンモップスは進化し続けていきます。

事業優位性

グローバル企業「サンゴバン」との連携で世界へ羽ばたく。

当社は、トヨタグループの研削機械メーカーである「ジェイテクト」と、フランスに本社を構え、350年の歴史を誇る「サンゴバン」の共同出資によって設立されました。ジェイテクトの切削機械には当社のダイヤモンド工具が標準装備されています。サンゴバンはガラスやセラミック、ダイヤモンドなどの素材や機能性材料を手がけるグローバル企業であり、その世界64ヶ国に広がるネットワークを活かすことで、日系の自動車メーカーだけではなくフォードやGM、ルノー、フィアット、ボルボ、現代自動車との取引が始まるなど、海外売上は約50%を占めるまでに成長しました。トヨタグループの安定性とサンゴバンのネットワークが大きな強みです。

会社データ

事業内容 【トヨタグループ唯一のダイヤモンド工具専門メーカー】

豊田バンモップスは、ダイヤモンド・CBNという素材の特性を活かし、
技術開発力、精密加工・生産技術力をもとに、
自動車部品、IT関連部門などの高精度加工に必要な
専用工具の製造・販売をグローバルに行っています。
環境への取組み 砥石はベースと呼ばれる部分と
実際に加工物と接触するチップ部分とに分かれますが、
加工をしていくごとにチップはすり減っていきます。
そうした砥石を回収し、ベースはそのまま生かしながら、
新しいチップを付けたのがリサイクル砥石です。

省資源につながる環境負荷の少ない製品であるのと同時に
コスト面でも有利であるため、この事業の海外展開を目指しています。
砥石の活躍場所 当社製品が主に活躍しているのは自動車分野です。
たとえばエンジンのカムシャフト。

回転することでバルブを開閉させる役割をもつ重要部品ですが、
この加工には研削盤に付けられた当社のダイヤモンド工具が不可欠です。

バルブが開閉するタイミングはエンジンの性能を決定的に左右するため、
カムシャフトには高い精度が要求されます。
それに応えるのが当社のダイヤモンド工具なのです。
設立 1975年4月26日
資本金 4億8125万円
従業員数 313名(2018年3月末時点)
売上高 2018年3月期 58億3000万円
2017年3月期 54億9000円
2016年3月期 54億2000万円
2015年3月期 52億9000万円
2014年3月期 50億7000万円
2013年3月期 48億7000万円

代表者 取締役社長 新井東
事業所 【本社・工場】
愛知県岡崎市舞木町字城山1-54

【東日本営業所】
東京都中央区銀座7-11-15

【西日本営業所】
大阪府吹田市江坂町1-12-38 江坂ソリトンビル8F

【浜松出張所】
静岡県浜松市東区和田町561-2 (株)JTEKT 2F

【広島出張所】
広島市南区東雲本町2-21-22

【福岡出張所】
福岡市西区姪浜駅南4-12-12
株主 株式会社ジェイテクト
Saint Gobain Ltd.(サンゴバン)
海外提携先 イギリス、フランス、スペイン、ドイツ、イタリア、スウェーデン、ポーランド、インド、
アメリカ、ブラジル、インド、シンガポール、インドネシア、中国、オーストラリア
のサンゴバン社現地法人
沿革 ◆1975年/豊田工機(株)(現ジェイテクト)とL.M.Van Moppes & Sons LTD.(現サンゴバン)により
       豊田バンモップス株式会社設立

◆1976年/ロータリドレッサ製造販売開始

◆1977年/本社工場を岡崎市に新設

◆1978年/超砥粒ホイールの製造販売開始

◆1988年/第二工場新設

◆1997年/ビトリファイドボンドホイールの設計、製造および付帯サービスに関して
       ISO9001の認証を得る

◆2001年/本社・工場ISO14001の認証を得る

◆2002年/アメリカにてUniversal Superabrasive,Inc.(現サンゴバン)と
       ビトリファイドボンドCBNホイールの合作を開始

◆2004年/イギリスにてVan Moppes-IDP Ltd. (現サンゴバン)と
       ビトリファイドボンドCBNホイールの合作を開始、
       本社・工場カスタマーセンターを新設

◆2008年/中国にてサンゴバン上海とビトリファイドボンドCBNホイールの合作を開始

◆2008年/福岡出張所を開設

◆2010年/イギリスでのビトリファイドボンドCBNホイールの再生をドイツサンゴバンに移す

◆2011年/インドにてGrindwell Norton Ltd. とビトリファイドボンドCBNホイールの再生を開始

◆2012年/ベトナムにToyoda Van Moppes Vietnam Co.,Ltdを設立、
       本社工場技術棟を増設、
       ブラジルにてサンゴバンブラジルとビトリファイドボンドCBNホイールの再生を開始、
       無災害記録470万時間(第2種)達成

◆2013年/ベトナム事業拡大ロータリドレッサ製作開始(セッティング)

◆2014年/トヨタ自動車株式会社より品質管理優秀賞受賞

◆2015年/創立40周年、ブラジルにてビトCBNホイールの再生事業開始(Saint-Gobain社)、
       文部科学大臣より創意工夫功労賞受賞(3名)

◆2016年/ベトナムにてビトリファイドCBNホイールの再生を開始
       無災害記録(第三種)700万時間達成

◆2017年/物流センター新設
       トヨタ自動車株式会社より品質管理優秀賞受賞

◆2018年/文部科学大臣より創意工夫功労賞受賞(2名)
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)