広島市役所
ヒロシマシヤクショ

「気になるリスト」が「3月プレエントリー候補リスト」に変更になりました。

詳細を見る

画面下部の「3月プレエントリー候補に追加」を押すと、この企業が「3月プレエントリー候補リスト」に追加されます。
「3月プレエントリー候補リスト」に企業を追加しておくと、3月1日のプレエントリー受付開始後、すぐに志望企業にプレエントリーできます。

業種
公社・官庁
本社
広島

私たちはこんな事業をしています

 広島市役所では、基礎自治体として市民の生活全般に関わるサービスを提供するほか、政令指定都市として都道府県と同様の権限により、幅広い業務を行っています。
 広島市職員の仕事内容や魅力をお伝えするため、先輩職員からのメッセージを広島市ホームページで掲載しています。広島市ホームページ[採用試験に関するお知らせ]をご覧ください。

当社の魅力はここ!!

戦略・ビジョン

私たちと一緒に、広島を世界に誇れる「まち」にしましょう!

広島市は、中国山地を背に緑豊かな山々に囲まれ、市域を流れる幾筋もの川を有し、多島美を誇る波静かな瀬戸内海に面した風光明媚な都市です。また、1945年8月6日、人類史上最初の原子爆弾投下により壊滅し、めざましい復興を成し遂げた都市でもあります。本市は、「活力とにぎわい」、「ワーク・ライフ・バランス」、「平和への思いの共有」の三つを柱として、広島の「まち」、さらに広島広域都市圏全体の持続的な発展に向けて取り組んでいきます。そのためには、皆さんの持つエネルギーと新鮮な感覚、そして限りない可能性が必要です。私たちと一丸となって、「世界に誇れる『まち』広島」の実現を目指して取り組んでいきましょう。

会社データ

広島は魅力いっぱいの「まち」です。  中国四国一の大都市である広島市は「水の都ひろしま」とも呼ばれ、市内には6本の川が流れ、河川遊覧船、水辺のオープンカフェや河岸緑地などが訪れた人々や、市民に楽しみや憩いを与える場となっています。また、中山間地・島しょ部には豊かな自然があり、市民に安らぎや心の豊かさを与えています。
 都心に目を向けると、本市が進める「楕円形の都心づくり」の東西の核の一つである広島駅周辺地区において再開発等が着実に進められており、もう一方の核である紙屋町・八丁堀地区においても、再開発を始めとした新たな都市空間の創出に向けた取組が予定されており、日に日に姿を変えていく街並みに、都市の発展を実感することができます。
 本市には四季折々の魅力が満載で、春には「ひろしまフラワーフェスティバル」、夏には「ゆかたできん祭」や「広島みなと 夢 花火大会」、秋には「ひろしまフードフェスティバル」、冬には「ひろしまドリミネーション」など、季節を彩るイベントが市民や多くの来訪者を楽しませています。
 また、スポーツのプロチーム、企業チームやクラブチームも多く、「マツダスタジアム(広島市民球場)」や「エディオンスタジアム広島(広島広域公園陸上競技場)」においてプロチームが熱戦を繰り広げるなど、多くの市民が様々な形でスポーツを楽しんでいます。
 文化・芸術面では、プロオーケストラである広島交響楽団が、「Music for Peace~音楽で平和を~」をキャッチフレーズに、演奏を通じて世界に平和のメッセージを発信しています。市街地には広島市現代美術館など3つの美術館を始めとした様々な文化・芸術施設があり、市民に楽しさや感動をもたらしています。
 ヒロシマは人類史上最初の原子爆弾による被爆体験を原点に、核兵器廃絶と世界恒久平和の実現を訴え続けています。昨年4月にリニューアルした平和記念資料館本館には、国内外から多くの人々が訪れ、被爆の実相にふれていただいています。また、毎年8月6日に挙行する平和記念式典において、市長が「平和宣言」を発表し、核兵器をこの地球上からなくし、いつまでも続く平和な世界の確立を訴えています。
 このように広島市は、自然、歴史、伝統、産業、スポーツ、文化、芸術など、あらゆる分野で様々な地域資源を有しています。こうした地域資源を有効に活用しながらまちづくりを進めることも、本市職員の大切な仕事です。
事業内容 【市政推進に当たっての基本コンセプト】
 広島市が目指すべき「まち」の姿は、市民が「世界に誇れる『まち』」です。「世界中の人々が一生のうち、一度は訪れてみたいと思う『まち』」、そして、「そこに暮らす人々の生き生きとした営みがある『まち』」、そのことが訪れる人々に、他では得られない強い感銘を与えます。本市は被爆体験を通じ、「平和の尊さ」を体現する「まち」となっています。このような広島の「まち」で、誰もが「生きることの素晴らしさ」を心と体で実感できるようにすることを目指します。このような「まち」は、下記の3つの要素から成り立っています。
・「活力のにぎわい」
・「ワーク・ライフ・バランス」
・「平和への思いの共有」
 具体的な「まち」づくりは、このような基本コンセプトを踏まえながら、毎年度編成する政策予算等に基づき、次のような取組を進めていきます。

1 「活力にあふれにぎわいのあるまち」の実現に向けた取組
・ 都市機能の充実強化
・ 産業の振興
・ 観光の振興
・ 中山間地域・島しょ部の活性化
2 「ワーク・ライフ・バランスのまち」の実現に向けた取組
・ 雇用の促進等
・ 保健・医療・福祉の充実
・ 未来を担う子どもの育成
・ スポーツ・文化芸術の振興
・ 安全・安心に暮らせる生活環境の整備
3 「平和への思いを共有するまち」の実現に向けた取組
・ 核兵器廃絶と世界恒久平和の実現
・ 「迎える平和」の推進
設立 明治22年(1889年)4月 市制施行
従業員数 14,595人(2019年4月現在)
代表者 広島市長 松井一實
事業所 広島市役所、市内8区役所、消防局、水道局など
資本金 公官庁のためなし
売上高 公官庁のためなし
2021
3月プレエントリー候補リストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
3月プレエントリー候補リストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

3月プレエントリー
候補に追加
3月プレエントリー
候補
に追加済
3月プレエントリー候補に追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
3月プレエントリー候補の追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)