シロキ工業株式会社
シロキコウギョウ
2021

シロキ工業株式会社

自動車部品メーカー、アイシングループ
業種
自動車
輸送機器
本社
愛知

私たちはこんな事業をしています

 世界のクルマを支えるグローバル1次サプライヤーとして
 自動車用内装機能部品・車体外装部品の開発から製造・販売まで行っています。
 他社の追従を許さない技術力を武器に国内市場のシェアの維持・拡大はもちろんのこと
 海外展開にも積極的に取り組んでいます。
 
 【製品群】
  ◇シートリクライナ・アジャスタ  
  ◇ドアサッシ
  ◇モールディング
  ◇ウインドレギュレータ
  ◇ロック

当社の魅力はここ!!

戦略・ビジョン

世界に、もっと快適と安全を。-新たな挑戦へ-

2016年4月、アイシン精機株式会社と経営統合し、シロキは新たな1歩を踏み出しました。今後、完成車メーカーがますますグローバル展開を加速していく中で、新興国を中心とするコスト競争の激化に加え、軽量化や安全面でのさらなる技術開発ニーズ拡大も予想されます。そうした環境下でそれぞれの課題に対応し持続的に成長しつづけるために、両社の重複する事業を集約し、シロキ工業が担っていくこととなりました。グローバルサプライヤーとして、より大きくなる役割と責任を噛みしめ、今後もクルマを通じて、世界にもっと快適と安全を提供してまいります。

戦略・ビジョン

活躍の場は世界へ!シロキは挑戦を続けます!

全世界的に成長を続ける自動車産業。特に近年はアジア圏を中心とした新興国で著しく成長しています。シロキが持続的で揺るぎない発展を遂げるためには、更なる海外展開が必要不可欠です。そんな海外では、日本で当たり前のことが通じない世界。毎日毎日が挑戦です。シロキではChallenge=失敗を恐れず積極的に挑戦 Change=常識を変える勇気 Ownership=責任感 の精神を大切にグローバルでの更なる成長を目指していきます。

社風・風土

"お客様を大切にする"モノづくり集団

当社は、江戸時代から続く老舗百貨店「白木屋(現:東急百貨店)」の子会社である「白木金属工業」からスタートしました。シロキには永年に亘り"お客様を大切にする"精神が培われています。現在は自動車部品メーカーとしての地位を築き上げている途上ですが、当時から続くこの精神は今でも受け継がれ、より良いものを生み出し世界のクルマづくりに貢献するため"全社員が一丸となって目標に取り組む姿勢"がシロキの大きな強みとなっています。

会社データ

事業内容 自動車用内装機能部品・車体外装部品の開発・製造・販売
経営方針 1. 時代を先取した研究と開発に努め、物づくりの知恵と技術でお客様に満足を提供する
2. たゆみない変革で信頼されるグローバル企業をめざす
3. 社員一人ひとりを大切にし、社員が誇りを持てる会社づくりを進める
4. コンプライアンスを重視し、社会の一員としての責任を果たす
設立 1946年3月(昭和21年)
資本金 74億6千万円
代表者 代表取締役社長 松井 拓夫
売上高 【単 独】 1,820億6,000万円(2018年3月期)
【連 結】 2,661億3,000万円(2018年3月期)
従業員数 【単 独】 2,615名(2018年3月末現在)
【連 結】 5,964名(2018年3月末現在)
国内拠点 本  社・・・愛知県豊川市
工  場・・・藤沢工場(神奈川県藤沢市)
       豊川工場(愛知県豊川市)
       名古屋工場(愛知県豊田市)
               新豊工場(愛知県豊田市)
       大阪工場(大阪府茨木市)
海外拠点 北米、中国、タイ、インドネシア、インド
主要製品 ◆内装機能部品◆
  ◇シートリクライナ・シートアジャスタ(シートポジションの調整機能部品)
  ◇ウインドレギュレータ(窓ガラス昇降装置)
  ◇ロック(トランクロックなど)

◆車体外装部品◆
  ◇ドアサッシ
  ◇モールディング

◆鉄道車両用シート◆
主要取引先 ◆自動車◆
 (日本)
 トヨタ自動車、スズキ、日産自動車、ダイハツ工業、富士重工業、三菱自動車工業、
 マツダ、本田技研工業、日野自動車、トヨタ車体、日産車体、いすゞ自動車
 (海外)
 ゼネラルモーターズ、吉利

◆自動車関連◆
 トヨタ紡織、日本発条、富士シート、デルタ工業 等

◆鉄道関連◆
 日本車輛製造 等
沿 革 当社は江戸時代から続く老舗百貨店「白木屋」の子会社「白木金属工業株式会社」としてスタートしました。当時から永年にわたって培った「お客様を大切にする精神」を強みとし、より良いものをより安くお客様の元へ届け、世界中のクルマを支えています。

1946年  白木金属工業株式会社 設立
1950年  ドアサッシ、モールディング部門に進出
1951年  ウインドレギュレータ量産開始
1954年  ドアサッシ量産開始
1956年  旧名古屋工場操業開始
1959年  大阪工場(池田市)操業開始
1960年  豊田工場操業開始
1963年   シートリクライニング量産開始
1964年  東京工場操業開始
       東京急行電鉄(株)傘下となる  
1967年  本社移転、藤沢工場操業開始
1970年  東京証券取引所第二部上場
1972年   名古屋証券取引所第二部上場
1973年   東京・名古屋両証券取引所第一部に指定替え
1977年   大阪工場を現在地(茨木市)に移転
1986年   豊川本社・技術センター竣工
           東京工場を藤沢工場に統合
1988年  SWマニュファクチャリング設立(アメリカ)
      社名を「シロキ工業株式会社」に変更  
1991年  名古屋工場操業開始
1992年  名古屋工場「日経優秀先端事業所賞」受賞
1995年   SWMジョージアL.L.C.設立(アメリカ)
2002年   シロキタイランド(株)設立(タイ)
2003年  広州白木汽車零部件(有)設立(中国)  
2006年   SWM-GT, L.L.C. (アメリカ)設立
2011年  筆頭株主がトヨタ自動車に変更
       PTシロキインドネシア設立
2012年   シロキアジア本社(タイ)設立
2014年  シロキテクニコインダストリーズ(インド)設立
2015年  シロキテクニコインディア操業開始
       広州白木寧波分公司操業開始
2016年  アイシン精機株式会社との事業統合により同社の100%子会社となる
       (東京・名古屋証券取引所第1部上場廃止)
系列 アイシングループ
(2016年4月にアイシン精機株式会社と経営統合し、アイシン精機株式会社の100%子会社となりました)
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)