警視庁ケイシチョウ
業種 公社・官庁
その他サービス
本社 東京

先輩社員にインタビュー

通信指令本部 指令第五係 巡査長
E.Y
【出身】北海道帯広南商業高等学校 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 迅速・正確な110番受理で初動警察活動を支える。
私は通信指令本部に所属していますが、そこでは都内で発生した事件・事故に関する110番受理業務と、警察官を現場に急行させ、隣接警察署と連携して配備の発令などを行う無線指令業務があります。現在私は110番受理業務を担当しており、日々都民の声に耳を傾けています。警視庁における110番受理件数は、平均で一日4,800件ほどあります。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
的確な無線指令で、事件・事故を早期解決に導く。
都民からの緊急を要する声を聞く最初の窓口が通信指令本部です。「いつ、どこで、何が起きているのか」、一件一件を迅速かつ正確に、また思いやりを持って聴取することを心掛けています。そして、的確な無線指令によって関係部署がすぐに連携し、事案の対応にあたります。自分の仕事が警視庁の初動警察活動を支えていることに大きなやりがいを感じるとともに、事件や事故が解決した時は、改めて警視庁という組織の大きさを実感します。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 首都を守る使命がある。
北海道で警察官をしている父の背中を見て育ち、子供の頃警察官から剣道を直接指導してもらう中で、大人になったら絶対に警察官になると考えていました。警視庁への入庁を決めたのは、職域が広く、給与や福利厚生などの待遇が良いこと、将来は子供たちに剣道を教える道があること、そして何よりも警視庁には首都を守る使命があると父から勧められたことが大きな理由でした。
 
これまでのキャリア 警察学校→蒲田警察署 地域第二係→第九機動隊 第一中隊→通信指令本部 通信係を経て、現職

この仕事のポイント

職種系統 警察官・自衛官
仕事の中身 災害・事故・犯罪からヒトの命を守る仕事
仕事のスタイル 臨機応変な対応力が必要とされる仕事
仕事で身につくもの 臨機応変な対応力が身につく仕事
特に向いている性格 ヒトの気持ちを理解し、相手に合わせた対応がとれる人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

家族が温かく見守ってくれていたので、試験勉強に集中することができました。支えてくれた家族へ恩返しができるように、「絶対合格する」という強い気持ちで勉強できました。採用試験は知識を問う筆記試験や体力試験、面接などがあり、様々な対策が必要です。まずは健康管理を第一に、計画的に試験勉強や体力づくりを進めることや、自分を磨くためにいろいろなことに挑戦し、経験を積むことも必要です。

警視庁の先輩社員

地域の安全・安心を守り、都民に頼りにされる存在。

城東警察署 地域第二係 巡査
I.H
東海大学 理学部

白バイの機動力で事故撲滅を目指す。

第六方面交通機動隊 第三中隊 巡査長
O.K
鶴岡東高等学校

SPの誇りを胸に要人を守り抜く。

警護課 警護第三係 巡査部長
S.K
青森県立木造高等学校

頼れる相棒は、人間だけじゃない。

鑑識課 警察犬係 巡査長
S.R
専門学校ビジョナリーアーツ ドッグトレーナー専攻

巧妙化する組織犯罪を暴き、暴力団を壊滅へと追い込む。

日野警察署 暴力団対策係 巡査部長
S..E
西南学院大学 国際文化学部

住民からの相談事案を解決し、安心できる毎日を実現する。

大崎警察署 生活安全相談係 巡査長
I.R
流通経済大学 経済学部

先輩社員をすべて見る

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる