株式会社ドーム
ドーム
2021

株式会社ドーム

スポーツアパレル/スポーツサプリメント/スポーツメディカル
業種
その他製造
商社(スポーツ用品)/商社(アパレル・服飾雑貨・貴金属)/スポーツ・フィットネス・ヘルス関連施設/食品
本社
東京

私たちはこんな事業をしています

ドームの活動のすべては、「社会価値の創造」という理念、そして、「スポーツを通じて社会を豊かにする」というミッションに基づいて行われています。

アスリートを直接サポートするための事業として、「スポーツプロダクト事業」「スポーツサプリメント事業」「スポーツメディカル事業」「パフォーマンスディレクション事業」を展開すると同時に、日本スポーツの産業化を目指し、大小さまざまなプロジェクトを進めています。

当社の魅力はここ!!

企業理念

社会価値の創造

創業以来掲げているドームの理念は「社会価値の創造」です。ドームでは「スポーツ」を通じて社会のお役に立つ、新しい市場、新しい人材、新しい文化、新しい生活を創造し、社会に貢献していきたいと考えています。目指す成果は、スポーツ人口の増加や需要促進といったスポーツ業界の経済的な発展にとどまりません。より良い環境や正しい知識の提供、スポーツが結ぶ絆、達成感、喜びの共有など、スポーツを通じてできることは今、無限に広がっています。スポーツが生み出す有形無形の価値を、より広く、より多くの人に届け、一つひとつ具現化し、笑顔あふれる素晴らしい豊かさを生み出す「社会価値の創造」を行っていきます。

事業・商品の特徴

アスリート、そしてすべての人のライフスタイルを進化させる

ドームはアスリートを直接サポートするための事業として、「スポーツプロダクト事業」「スポーツサプリメント事業」「スポーツメディカル事業」「パフォーマンスディレクション事業」を展開しています。これら4つの事業はすべて、アスリートを進化させることに直結。一人のアスリート、もしくは一つのチームに対して、ワンストップで最高の解決策を提供することを意味しています。各事業が相互に共鳴し、効果を最大化することが、本当の進化、真の革命へとつながっていきます。そしてアスリートだけでなく、すべての人がスポーツを通じて豊かなライフスタイルを手に入れることを目指します。

事業優位性

スポーツ産業化の推進

米国はこの20年間で様々なスポーツ改革を行い、スポーツ産業が飛躍的に伸び、自動車産業をも凌駕する勢いで成長を遂げています。それに対し、日本は停滞を続けている為、米国との差は増すばかりです。しかし裏返せば、それは「日本には、スポーツが巨大な成長産業となる大きな可能性が秘められている」ということ。ドームが掲げる「スポーツを通じて社会を豊かにする」というミッションを実現するためには、日本のスポーツ産業化が不可欠。スポーツ市場自体が拡大することは当然、ドームの成長にもつながります。そのため、あらゆる側面から日本のスポーツに改革を起こそうと考えています。

会社データ

事業内容 各種スポーツ用品、スポーツサプリメントの製造・販売。
アスリートへのパフォーマンスディレクション。
設立 1996年5月8日
一本のテーピング販売からスタートしたドームの事業は、アンダーアーマーとの出会いを経て、今、大きな飛躍の時を迎えています。
資本金 90百万円(資本金)、800百万円(資本準備金)
従業員数 374名(2019年1月7日現在)
平均年齢 36歳
女性比率 31%
売上高 356億円(2015年度実績)
422億円(2016年度実績)
458億円(2017年度実績)
代表者 代表取締役 安田 秀一
事業所 東京・いわき・北谷(日本)
ボルチモア(USA/Under Armour Inc.)
香港(中国)
関連会社 株式会社ドームユナイテッド(2012年8月設立)
株式会社いわきスポーツクラブ(2015年12月設立)
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)