富士電子工業株式会社
フジデンシコウギョウ
2021
業種
機械
精密機器/重電・産業用電気機器/輸送機器/自動車
本社
大阪

私たちはこんな事業をしています

■数社しか専門に扱っていない技術
私達は金属パーツの耐久性や硬度をあげる「焼入装置」というものを作っています。なかでも「高周波焼入」という日本で数社しか専門に扱っていない方式が得意分野。主に手がけているのが車や機械のパーツ強化。オーダーメイドで強化したい部品ひとつひとつに対し、求められる強度、性能を引き出すべく装置を設計、販売しています。100名強の中小企業ながら車や機械の進化の一端を担っています。

当社の魅力はここ!!

事業・商品の特徴

いわば現代の刀鍛冶!金属を鍛える焼入技術。

世の中、様々なものが「小さく軽く丈夫に」という要望が高まっています。特に世界と戦う自動車・機械産業では、日進月歩の技術競争が激しくなっています。メーカーは「性能や空間の確保を考えればパーツを小さく軽量化したい、でも安全面を考えれば強度は高めたい」という一見矛盾する要望と常に戦っています。そんな時重宝されるのが、私たちの扱う「焼入技術」。これは、金属を赤くなるまで熱して、一気に冷やす、刀鍛冶のような要領で「金属を鍛える」技術です。中でも私たちは日本で専門に扱う会社が数社しかない「高周波焼入」という手法に特化。写真のような複雑なパーツにも均等な焼入れを実現しています。

事業優位性

売るも、作るも楽しい。装置は一台一台オーダーメイド!

このパーツをこんな風に強化したい…案件ごとに求められる強度も、パーツの形状もそれぞれ異なります。それゆえ私たちの作る焼入装置は、基本的にオーダーメイドで一台一台作り上げていくことになります。基本的に直取引。営業はニーズを拾い開発案件での課題を掴み、社内に持ち帰ってきます。技術者たちもお客様のもとに出向き打ち合わせから参加。設計、試作品を作ってのテスト、時には装置の組み立てにも携わり、納品まで見届けます。年々、私たちの装置づくりへの要望もどんどんハードルが高くなっています。けれどそれを工夫を凝らしながら乗り越え、自分たちで最後まで見届けるところにモノづくりの面白味があります。

社風・風土

特許・実用新案は170件以上!この技術力を若手へ伝承したい。

創業以来、技術力を高めてきた結果、保有する特許・実用新案の数、実に170件以上。自動車関連部品の焼入れでは、国内でもトップクラスのシェアを誇るまでになりました。そんな私たちの技術力を若い皆さんにもどんどん学んでいって欲しいと考えています。入社後は各部署を回っての研修。そして配属後は、先輩達の仕事を手伝いながら仕事を覚えていきます。一人前になれば、装置一台ごとに担当をつけ、設計~納品まで見届ける仕事が待っています。難題をクリアして完成した自動車が街を走ったり、機械が動く姿をみるのは、最高の気分ですよ。

会社データ

事業内容 高周波誘導加熱装置および部品の製造販売、高、中周波熱処理受託加工他
設立 昭和35年6月18日
資本金 8000万円
従業員数 130名
売上高 41.5億円(2019年3月期見込み)
40.5億円(2018年3月期)
代表者 代表取締役 社長 渡邊 弘子
事業所 東京営業所、名古屋営業所、技術研究所(大阪)
主要取引先 NTN(株)、川崎重工業(株)、(株)クボタ、(株)コーリツ、(株)SUBARU 、シチズンマシナリー(株)、(株)ジェイテクト、(株)島津製作所、新日本工機(株)、ダイハツ工業(株)、DMG森精機(株)、トヨタ自動車(株)、日産自動車(株)、UDトラックス(株)、日本精工(株)、日本電気硝子(株)、日立工機(株)、日野自動車(株)、本田技研工業(株)、マツダ(株)、三菱自動車工業(株)、三菱重工業(株)、三菱電機(株)、ヤンマー(株) 他多数(50音順)
営業品目 高、中周波熱処理受託加工
高周波誘導加熱装置およびその部品の製造販売
トランジスタ・インバータおよびその部品の製造販売
サイリスタ・インバータおよびその部品の製造販売
電子応用機器の製造販売
誘導加熱付帯各種自動機機器の製造販売
海外への納入実績 アメリカ、オーストラリア、イギリス、インド、インドネシア、韓国、シンガポール、タイ、台湾、中国、チェコ、ベルギー、フランス、ポーランド、マレーシア、メキシコ、ロシア etc.
これらのグローバル展開の実績が優秀と認められ、2014年には経済産業省より「グローバルニッチトップ(GNT)企業100選」にも選ばれました。
『焼入』って? 『焼入』って分かりますか?金属の強度や耐久性のために硬度を増すという技術で,昔の刀鍛冶のやっていた鋼を熱してジュッと冷やすことによって材質の性質を変化させるものです。身近なたくさんのものに生かされています。
その中でも、当社が得意とする高周波焼入は電磁誘導を利用した無公害で環境にやさしい熱処理です。
当社の技術は、何処で使われているの? 主な取引先は車や機械メーカー。直取引です。何万とあるパーツの中でも、特に耐久性や信頼性が問われる数十種の「重要保安部品」に用いられています。例えば、エンジンのクランクシャフトやカムシャフト,足回り部品のドライブシャフトやジョイント,トランスミッションのギヤシャフト。壊れると即命に関わるようなパーツばかり。走行性能を高め、広い居住空間を実現するには、パーツの軽量化やサイズの縮小化は不可欠。これからもお客さまの要望に応えるべく技術を革新していきたいと考えています。
オンリー1企業を目指して 「シェア拡大よりも他社より一歩先を行く事が大切である」という信念と拘りが富士電子工業の技術の源泉です。
トップを狙うのではなく、あくまでお客様の競争力となりトータルコストに貢献する技術に拘りオンリーワンの企業としての誇りを大切にしています。
中国語・英語・スペイン語などの語学力、生かせます! 富士電子工業は国内のみでなく、日本の自動車づくりを支えてきたこの技術力を武器に、世界の各熱処理メーカーともしのぎを削っています。中国、韓国、インド、タイ、メキシコ・・・世界中の様々な場所のお客様に当社の焼入設備を納入しています。
この先も、より広いフィールドで、よりガッツある相手と戦っていくためにも、世界への挑戦もご一緒できる気概のある方と出会いたいと思っています。
英語・韓国語・中国語・フランス語・ラテン語・スペイン語などの各語学に親しみ、日本のものづくり技術を海外に伝えたいという方、大歓迎です。語学を勉強してきて当社に入社した新卒の先輩も、日々熱処理についての勉強をしながら、海外出張も経験し活躍しています。
あなたの語学力を生かせる環境が、当社にはあります。
受賞歴 2006年4月 経済産業省『元気なモノ作り中小企業300社』選出
2013年8月 『おおさか環境賞 奨励賞』受賞
2014年3月 経済産業省『グローバルニッチトップ(GNT)企業100選』選出
2015年11月 第6回『ものづくり日本大賞 優秀賞』受賞
2016年3月 経済産業省『新・ダイバーシティ経営企業100選』選出
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)