有限会社丸相相馬建設興業
マルソウソウマケンセツコウギョウ
2021

有限会社丸相相馬建設興業

ビル建設/型枠工事/エクステリア/外装
業種
建設
建設コンサルタント/建材・エクステリア/建築設計/商社(建材・エクステリア)
本社
東京

私たちはこんな事業をしています

当社は大手企業の1次請け工事のうち、型枠工事を主な事業としておこなっています。型枠工事は高い技術力が要求され、一人ひとりの職人の力が重要となります。当社には経験豊富な高いスキルを持つ職人が在籍しており、お客様の要求と信頼に応える仕事をしています。ビルなどの建設に欠かせない型枠工事で多くの建設現場で重要な役割を果たしている企業です。

当社の魅力はここ!!

事業優位性

信頼と実績あり!大手企業の1次下請けとして安定経営

関東圏を中心とした国内の建設業界は活況を呈しています。当社は大手建設企業の1次下請けとして多くの受注があり、少しでも多くの人手を求めている状況です。1970年代から建設業に関わり、信頼と実績を築いてきました。型枠工事は専門的な技術とノウハウが要求される仕事であり、精密な施工が必要とされています。スケジュールに合わせて、必要な資材を準備し現場との調整をしながら、職人技を武器に要求される仕様を満たす型枠工事を実施することで多くの現場で活躍しています。建設ラッシュが続く首都圏において受注も増加しており、新たな飛躍に向けて積極的に人材を募集し、一緒に成長をしていきたいと考えています。

仕事内容

型枠職人として技術を身につけ一生を支える仕事にできる!

型枠工事はコンクリートを使って建設する工事では必ず必要とされます。ビルや施設など多くの現場があり、仕事に困ることはありません。また、現場での職人の技術が重要となる仕事でもありますので、一度技術を習得することで一生自分を支えることができるのもこの仕事の魅力です。型枠工事では垂直精度±3mmが要求される精密なもので、正確な設計とそれを現場で実現できる職人の高度な技術がものをいう仕事でもあります。図面を起こし、必要な資材を集め、型枠を切り出し、現場において型枠の建て込みをするなど一連の作業を熟練の技術者が実施していきます。まずは現場での作業を覚え、将来的には職人として成長をめざしていただきます。

会社データ

事業内容 型枠工事
・1次請けで、建設業界 大手企業などの工事を実施
設立 1974年6月15日
資本金 300万円
従業員数 正社員12人、アルバイト1人(事務)
売上高 7億2,443万9,000円(2018年3月実績)
代表者 代表取締役社長 相馬 光雄
事業所 ■本社
〒194-0003 東京都町田市小川七丁目3番1-322

■営業所
〒241-0802 神奈川県横浜市旭区上川井町3050-2
沿革 1974年6月 設立
ホームページ https://m-souma.com/
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)