関口漬物食品株式会社
セキグチツケモノショクヒン
2021

関口漬物食品株式会社

漬物の製造/卸売/商社
業種
食品
商社(食料品)
本社
東京

私たちはこんな事業をしています

私たちは大手スーパーマーケットの店頭販売や、外食チェーンのメニューでご利用いただく「漬物製品」の製造・販売をしています

1962年の創業以来、「本物の漬物」を作り続けてきた当社

1、お客様に喜ばれる商品を造ろう
2、お客様が安心出来る会社にしよう
3、自分が納得できる仕事をしよう 
をモットーに励んでいます

伝統技法を大切にしていますが
実は受注管理にはITを取り入れるなど変化にも柔軟なんです

当社の魅力はここ!!

事業・商品の特徴

生産地はもちろん、“生産者”の方も厳選しています。

漬物の命は、なんといっても野菜の質。皆さまに、おいしくて安心・安全な漬物を食べてほしいという思いから、私たちはその野菜を“誰がつくったか”にもこだわっています。一緒に美味しい漬物をつくるために頑張ってくれる、そういう信頼できる相手を探すために、私たちは各地の生産者の方のもとへと足をはこんで、じっくり面談。社長の関口も「目を見て話せば『意気込み』が伝わってくるんだ。大切なパートナー選びだからね、しっかり見極めたいんだよ」と言って、今も生産者の方に会うために全国を飛び回っています。信頼できる生産者の方が育ててくれた自慢の野菜を使っているからこそ、社員が胸をはってオススメできる商品をつくれるのです。

事業優位性

漬物はきっと50年後もなくなりません。でも今っぽさは必要です。

1958年の創業以来、一途に漬物を作り続けて50年がたちました。ズルをせず、誇りをもって、野菜本来の旨味を引出す伝統手法にこだわり続けてきたからこそ、半世紀ものあいだ多くの方々にお選びいただけたのだと思います。ありがたいことに私たちの携わる「漬物」という事業は、日本の食文化に深く根付いた安定事業です。さらに「食の安全」への意識が高まり、食材や製造手法にこだわった高品質な商品が求められる今、私たちのつくる「本物の漬物」は注目を集めています。この機会を活かし、より多くの方に漬物を楽しんでいただくために、私たちは昔ながらの伝統を守ると同時に、時代の流れに合わせて新しい商品の開発・提供を実践していきます。

会社データ

事業内容 漬物の製造・卸
設立 1962年12月
資本金 5,000万円
従業員数 105名(男25・女80)
年商 19億1200万円(平成29年度)
18億5000万円(平成30年度)
代表者 代表取締役社長 関口 悟
事業所 本社/〒157-0077
東京都世田谷区鎌田2-26-6

北関東営業所/〒374-0042
群馬県館林市近藤町1524-22

館林工場/〒374-0042
群馬県館林市近藤町1524-22

大志辺工場/〒374-0051
群馬県館林市成島1121-20
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)