株式会社エラストミックスエラストミックス

株式会社エラストミックス

【JSRグループ/合成ゴムのマスターバッチの製造および販売】
業種 化学
機械/タイヤ・ゴム製品/非鉄金属/その他製造
本社 三重

先輩社員にインタビュー

四日市工場・技術チーム
H.N
【出身】九州大学大学院  材料物性工学専攻 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 製品の品質検査・異常品発生時の原因調査。
工場で生産された製品を出荷する前に各種試験を行い、品質に問題がないかを調べる検査を担当しています。また異常品が発生した際には、異常の原因調査をしています。当社の製品であるマスターバッチは最終的なゴム製品の用途によって配合が異なり、物性も外観も多種多様です。それらの加硫特性や粘度などを測定し、製品の規格から外れてないか、異常はないかをチェックしています。これらの品質を管理することは、難しくもありますが、その分やりがいのある仕事です。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
一人で調査を任せてもらえるようになったこと。
私達の検査でOKと判断された製品は、後は出荷されるだけなので、大変に責任のある仕事だと感じています。異常を検査の段階で察知すること、異常の原因を調査していくためには、ゴムのマスターバッチについてよく理解しておくことが非常に大切です。この仕事の醍醐味は工場で生産している製品を直接見て、触れるところにあります。実際に触れることでマスターバッチの特性が少しずつ理解できるようになりました。最初に異常の出た製品の調査をした際には原因の特定には至りませんでした。しかし経験を重ねる中で、異常が起こりやすいポイントやゴムの性質が分かって、異常の調査から報告書の作成まで、ある程度一人でできるようになれたことに成長を感じました。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 学生時代に学んだことが活かせる仕事がしたかった。
大学では高分子化学を専攻しており、企業を選ぶ上で「大学で学んだことを生かせる仕事がしたい」と考えていました。そんな折、とある企業の説明会にて"配合検討"という仕事に興味が湧くようになりました。材料の知識を活かせること、製品に近い立場で開発の仕事に携われることに魅力を感じたからです。そうした中で出会ったのが当社。ゴムといっても、使用する製品によって要求される物性や外観は様々。ゴムの混練りでは、ポリマーや薬品の種類や量、練り条件などをたくさんの条件の中から一つに決定。ユーザーの望むマスターバッチを生産しており、奥深い技術だと感じました。当社の製品は中間材料ではありますが、当社のマスターバッチを使った自動車部品等が広く市場に出回っており、ものづくりの面白さを感じることができる仕事だと思います。
 
これまでのキャリア 工場技術→配合技術開発(2014年入社)
※本内容は2015年作成時のデータです

この仕事のポイント

職種系統 生産管理・品質管理・メンテナンス
仕事の中身 日常生活や身の回りで欠かせないモノやサービスを扱う仕事
仕事のスタイル 目標をきちんと予定通り進めることが必要な仕事
仕事でかかわる人 企業を相手に商談を行う仕事
仕事で身につくもの 客観的に整理・分析する能力が身につく仕事
特に向いている性格 何事にも粘り強さで勝負する人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

自分のやりたいことを見つけることが大切です。様々な業界をみてみると新しく自分にあった仕事が見つかることもあります。私自身就職活動をするまではゴムの混練業界についてはほとんど知りませんでした。また、技術系だと研究活動も大変だと思います。技術系職種志望であれば、志望理由と同じくらいに自分の研究の背景についてよく理解しておくことも大切です。

株式会社エラストミックスの先輩社員

・工程異常調査及び処置対応 ・顧客クレーム対応

生産部 四日市工場 技術チーム
匿名
中部大学 工学部 応用化学科

原材料管理および品質保証、コストダウン評価の実施

技術部 管理チーム
匿名
愛知工業大学大学院 工学研究科 材料化学専攻

ゴムマスターバッチの営業をしています

営業本部 営業部 東京営業所
N.S
東洋大学 経営学部 マーケティング学科

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる