TOYO TIRE株式会社
トーヨータイヤ
2021
  • 株式公開
業種
タイヤ・ゴム製品
自動車/輸送機器/化学/その他製造
本社
兵庫

私たちはこんな事業をしています

当社は主幹事業として「自動車用タイヤの開発・製造・販売」を手掛けており、乗用車用タイヤをはじめ、SUVなど大型車向けタイヤなど、グローバルに高い支持をいただいています。現在では、100を超える国や地域で、多様化するニーズを的確に捉えた商品、サービスを提供しています。

■タイヤ事業
自動車用タイヤの開発・製造・販売

■自動車部品事業
自動車部品の開発・製造・販売

当社の魅力はここ!!

事業・商品の特徴

TOYO TIRESをはじめグローバルに支持されているTOYO TIRE

当社は、売上高8割を占める主幹事業として「自動車用タイヤの開発・製造・販売」を手掛けています。乗用車タイヤをはじめ、SUVなど大型車向けのタイヤなど、グローバルに高い支持をいただいています。海外で人気のあるピックアップトラック用タイヤは、ドレスアップ志向のお客様も多く、「恐竜の爪」や「炎」といったユニークなトレッドパターンをタイヤの表面に採用して、表情豊かなタイヤを世界に展開しています。

技術力・開発力

機械・電気・化学・物理 タイヤ作りには様々な知識が活かせます

タイヤ=ゴム=化学と思われがちですが、実はタイヤづくりには化学だけではなく、機械・電気・物理など様々な知識を必要とします。なぜなら、ゴムの材料開発をはじめ、タイヤの溝の設計、製造設備開発まで自社で行う必要があるためです。タイヤは車のパーツの中で、唯一地面との接点を持つ重要な部品です。TOYO TIREはこれからも、様々な知識を活かしながら、新しい驚きを社会に提供できる安全で高品質なタイヤを作っていきます。

社風・風土

新たな挑戦の担い手は、あなたです

TOYO TIREの特長の一つは、風通しが良く若いうちから責任ある仕事を任せられるということです。情熱を持って取り組めば、年齢に関係なく活躍できる場があります。1年目からマレーシアのタイヤ製造設備の機械・電気制御に関わる社員。2年目からタイヤ設計を任され、ゴム材料研究者や工場技術者とチームを組み設計に携わる社員。周囲の協力を得ながら、若くから大きな役割を果たしています。「ものづくり」にかける情熱がある方、やりがいのある仕事がしたい方、私たちと一緒に一歩先の未来に向けて、驚きと感動にあふれた製品づくりに挑戦してみませんか。

会社データ

事業内容 ■タイヤ事業
自動車用タイヤの開発・製造・販売

■自動車部品事業
自動車部品の開発・製造・販売
設立 1945年8月1日
資本金 55,935百万円
従業員数 12,804名(2018年12月 連結)
代表者 代表取締役社長 清水 隆史
売上高 3932.2億円(2018年12月 連結)
財務指標 営業利益 424.0億円(2018年12月 連結)
売上高構成 タイヤ:86,9%、自動車部品他:13,1%(2018年12月 連結)
事業所 ■本社
兵庫県伊丹市

■研究開発拠点
兵庫県(川西市・伊丹市)、愛知(みよし市)

■工場
国内:宮城県(岩沼市)、三重県(員弁郡東員町)

海外:アメリカ(ジョージア州・ケンタッキー州)、中国(広東省、江蘇省、山東省)、マレーシア(ペラ州)、タイ(アユタヤ県)など

■海外事業所
アメリカ、カナダ、ドイツ、イギリス、ロシア、中国、オーストラリア、タイ、メキシコなど

■タイヤテストコース
北海道(常呂郡佐呂間町)、宮崎県(児湯郡都農町)
関連会社 (株)トーヨータイヤジャパン、福島ゴム(株)、東洋ソフラン(株)、トーヨータイヤ物流(株)、東洋ゴム化工品(株)、綾部トーヨーゴム(株)、オリエント工機(株) 他
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)