鹿児島テレビ放送株式会社カゴシマテレビホウソウ
業種 放送
本社 鹿児島

先輩社員にインタビュー

報道部
今奈良 美咲
【出身】慶應義塾大学  法学部 法律学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 鹿児島の「きょう」や「みらい」を伝える仕事
報道部の仕事は鹿児島できょう起こったこと、鹿児島の未来、それを私たちの視点で県民の皆さんと共有する仕事です。私は社会部として、事件・事故を主に担当していて、現場に駆け付けて取材をしたり、裁判を傍聴したり、まさに「ニュースの最前線」で日々の仕事をしています。毎日が知らないことだらけで、それを自分というフィルターを通して視聴者の皆さんに分かりやすく伝えるというのは、とても難しく悩むこともたくさんありますが、その分、自分が取材したニュースが無事に放送されたときはとても充実感を覚えます。KTSのニュースを見て、「交通事故に気を付けよう」とか「地域の人ともう少し関わりを持とう」とかそれぞれの生活が少しでもよりよくなるきっかけになればいいなと思いながら、日々の仕事をしています。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
県民のみなさんの協力あってこそ!見たよの一言が嬉しい!
「ニュース見たよ!」「また取材にきてくださいね!」といろいろな方から声をかけてもらえたときはとても嬉しく感じます。まだまだ未熟な記者ですので、取材を受けてくれた方の思いをしっかりと視聴者に伝えることができているか、いつも不安でいっぱいですが、ニュースを見てくださったみなさん、取材に答えてくださったみなさんからかけてもらう言葉に救われることがたくさんあります。放送の中ではたった1分程度のニュースが多いですが、本当に多くの方々に協力してもらいながら一つひとつ取材しています。これからは、私が伝えるニュースで視聴者の皆さんのためになることをしっかりと正確に伝えていけるようにどんどん成長していきたいと思っています。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 大好きな鹿児島を盛り上げることができます!
私は大学入学を機に上京し、そのまま東京で働きたいと思っていました。テレビが大好きだったので、キー局などの採用試験を受けていて、正直に言うと「せっかくなら地元も受けようかな」という気持ちでKTSを受けました。選考が進むにつれて、親身になって話を聞いてくださる先輩方にとても魅力を感じたこと、やっぱり私は鹿児島が好きなんだと実感したこと、ローカル局でも面白いことがたくさんできると分かったこと、自分の中でもだんだんと「鹿児島・KTSで働きたい」と思いが強くなりました。私は入社当時は営業部、その後報道部と全く違う部署に異動していますが、どちらも「鹿児島を盛り上げたい、良くしたい」という思いは同じなので、テレビを通して鹿児島のために働いているという実感を得られることは大きな喜びに感じています。
 
これまでのキャリア 2015年4月~2017年8月
本社営業局営業部でスポットデスク業務
2017年9月~現在
報道制作局報道部で記者

この仕事のポイント

職種系統 記者・ライター
仕事の中身 生活にプラスアルファな喜びや潤いを提供していく仕事
仕事のスタイル 機敏なフットワークと行動力が必要な仕事
仕事でかかわる人 一般消費者・利用者と接する仕事
仕事で身につくもの 交渉力・折衝力が身につく仕事
特に向いている性格 常に新しいものに敏感な人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

就職活動中は気が張ってしまって、他のことが手につかない!という人もいるかと思いますが、できるだけそれまでと変わらない生活(アルバイトや趣味)をすることをオススメします。上手に時間を使ってオンオフを切り替えるというのは、仕事をするようになってからも大切なことですし、趣味の活動も面接のネタになりますよ!

鹿児島テレビ放送株式会社の先輩社員

テレビを通して暮らしに必要な情報、毎日が楽しくなる情報をお届けすること

アナウンス部
美川愛実
西南学院大学 文学部英文学科

“全部”やる!

制作部
丸山純平
九州大学 経済学部 経済・経営学科

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる