鹿児島テレビ放送株式会社カゴシマテレビホウソウ
業種 放送
本社 鹿児島

先輩社員にインタビュー

アナウンス部
美川愛実
【出身】西南学院大学  文学部英文学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 テレビを通して暮らしに必要な情報、毎日が楽しくなる情報をお届けすること
アナウンサー業務と、記者業務を担当しています。具体的には、女性向けの情報番組や市政番組のリポーター、ナレーター、ディレクター業務などです。地域のイベントの司会、朗読会などにも携わっています。
仕事のスケジュールは日によって異なります。リポーターとして1日中ロケをする日もあれば、自ら原稿を書いて番組の構成を考えることもしばしばです。
また、ナレーションの仕事では、声のみで番組に出演することもあります。仕事内容は様々ですが、全てに共通しているのは「視聴者の皆さんに必要な情報をを正しく伝える」ということです。また、プライベートで興味を持ったことが仕事につながることも多いです。自分が肌で感じた驚き、感動をお届けするための情報収集も欠かせません。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
チームでやり遂げた時の達成感、伝えることの喜び
アナウンサーの仕事は決して一人でできるものではありません。取材に応じてくれる方、番組を編集するディレクター、私たちの表情、声を届けるカメラマン。様々な人が一緒になって初めて番組を作ることができます。
例えば、生中継の時です。限られた時間の中で、やり直しのできない放送。たとえ数分の中継でも、全員がこの時間のためにそれぞれ準備をして、本番に向かいます。アナウンサーは、チームの仲間が積み上げたものを最後に届ける、いわばアンカーのような存在です。緊張することもありますが、みんなでやり遂げたときは、何とも言えない達成感を味わえます。
また、仕事では多くのの出会いがあります。取材をした人から「ありがとう」「放送の反響があった」などの言葉を頂けるときも、この仕事をしていて良かったな、と思える瞬間です。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 学べる環境、技術を生かせる現場があります
私がアナウンサーを目指したきっかけに、学生時代の避難経験があります。洪水からの避難先で、真剣に現場の様子を伝えるアナウンサーの姿を見て、安心感を届けられる人になりたいと思いました。KTSのある鹿児島県は、火山の噴火や台風など自然災害などの危険もある場所です。日頃の訓練を通して日々、知識を深めようと努めています。
また、KTSでは報道番組と制作番組共に平日の帯番組があります。また、興味を持ったことを、自分で企画し、番組を作ることもできます。出演者としても、ディレクターとしても成長できる環境なのではないかと感じています。私自身も、多くの現場に出て、学びながら経験を積むことができました。先輩からのアドバイスから学び、学んだことを生かせる現場が多いことも魅力的だと思います。
 
これまでのキャリア 入社1年目は主に定時ニュースや記者業務が中心でした。2年目からは定時ニュースなどに加え、情報番組も担当しています。

この仕事のポイント

職種系統 アナウンサー
仕事の中身 生活にプラスアルファな喜びや潤いを提供していく仕事
仕事のスタイル 慎重さと正確さが問われる仕事
仕事でかかわる人 一般消費者・利用者と接する仕事
仕事で身につくもの 臨機応変な対応力が身につく仕事
特に向いている性格 人前で話すことが得意な人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

これまでに自分のやってきたことに自信を持って取り組んでください。上手くいかず悩んでしまう時こそ自分を見つめ直すことが大切です。そして、一緒に頑張る仲間を見つけてください。同じ目標を持つ人がいることは、モチベーションにつながります。きっとたくさん考えて悩んだ分、仕事ができる喜びに繋がるはずです。

鹿児島テレビ放送株式会社の先輩社員

鹿児島の「きょう」や「みらい」を伝える仕事

報道部
今奈良 美咲
慶應義塾大学 法学部 法律学科

“全部”やる!

制作部
丸山純平
九州大学 経済学部 経済・経営学科

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる