富山県森林組合連合会
トヤマケンシンリンクミアイレンゴウカイ
2021

富山県森林組合連合会

森林組合/森林/林業
業種
農林
団体・連合会
本社
富山

私たちはこんな事業をしています

私たち富山県の森林組合は、森林管理の担い手として、地域の森林を協同の力で育て守り続けています。また、森林環境保全と林業発展を通じて、地球温暖化防止へ貢献するとともに、水源の保全、国土の安全、健全な森林環境と良質な木材を国民へ提供しながら、健康で安心、豊かな住生活を支えていくことを使命としています。こうした使命を自覚し、協同組合運動の基本的な定義・価値・原則に基づき、事業を運営しています。

当社の魅力はここ!!

企業理念

地域の森林管理の担い手として、森林を守る

私たち森林組合は、地域の森林管理の担い手として、地域の森林を協同の力で育て守り続けることを使命としています。そして、森林環境の保全と林業の発展を通じて、地球温暖化防止へ貢献し、水源の保全、国土の安全、健全な森林環境と良質な木材を国民へ提供することを目指しています。この使命を果たすため、森林が持つ公益的機能の発揮を推進し、協同の力によって、組合員の経済的・社会的地位の向上を推進。また、森林を適正に管理し、事業の合理化を進めることで、森林の保続培養を進めます。これらを推進することで、木材の生産力と販売力の向上につながり、持続可能な森林経営を実現したいと考えております。

仕事内容

指導・販売・森林整備の3つの部門で、森林管理をバックアップ

当連合会は3つの事業部門があります。指導部門では会員組合が、組合員、県民の期待に応える組織づくりを進めるうえでのサポートを実施。健全な組織づくりの推進、研修会の開催、労働災害を抑制するための安全指導などを行っています。販売部門では、木材流通を促進する共販事業と、県産材製品の需要拡大を目指す製材品販売事業、輸送コストを抑えた木材安定供給体制構築を推進する契約販売事業、県産材加工製品の利用拡大と販売促進を進める加工販売事業を実施。森林整備部門では、安全資材や優良山行苗木を普及する購買事業、森林調査、森林保険、林業退職金共済事業、庭園施工、屋敷林、街路樹の伐採処理を行う利用事業があります。

会社データ

事業内容 森林整備、木材生産
木材共販、木材製品販売、林業資材販売
森林調査
設立 1941年12月
資本金 801万9,000円
従業員数 16名(2019年5月時点)
売上高 39,000万円(平成29年度3月期)
代表者 代表理事会長 伊東尚志
事業所 ■事務所
〒 930-2228 
富山県富山市八町6931
TEL:076-434-3351
FAX:076-434-1794
沿革 昭和16年 富山県森林組合連合会設立
昭和37年 木材共販所開設(富山県森林組合連合会内)
昭和58年 婦負森林組合発足(5組合合併)
昭和59年 新川森林組合発足(6組合合併)
平成11年 立山山麓森林組合発足(4組合合併)
平成20年 富山県西部森林組合発足(5組合合併)
ホームページ 富山県森林組合連合会 http://moriren-toyama.jp/
新川森林組合 http://www.niikawa-shinrin.or.jp/
立山山麓森林組合 http://tateyama-shinrin.jp/
婦負森林組合 http://www.neiwood.com/
富山県西部森林組合 http://forest-toyama.jp/
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)