大塚テクノ株式会社オオツカテクノ

大塚テクノ株式会社

大塚グループ
業種 医療機器
半導体・電子部品・その他/その他製造
本社 徳島

先輩社員にインタビュー

電子デバイス開発室
高橋 知之
【出身】愛媛大学  工学部 機械工学科(機械工学専攻) 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 電子デバイスの生産設備を設計・管理
私の担当している仕事は、製品を作るための機械や装置といった生産設備の設計・管理です。製品全体のクオリティを決定する非常に大切な役割ですので、責任感を持って取り組んでいます。
具体的には、製品の製造工程を明確にして、その工程を正確に無駄なく実現できる生産設備の仕様を決定します。機械メーカーに発注して、動作や正確性を0.01ミリ単位で調整し、工場に搬入していきます。搬入後も動作を検証したり、販売先のオーダーに応じて装置を改造します。変化の激しい電気分野なので、新しい技術の導入や製造個数の数量アップなど、常に新しい挑戦が求められます。
仕様決定や改造は難しい仕事ですが、自分の狙い通りに機械が動作しているのを見たときは、喜びが湧きあがって来ます。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
試作から量産化まで、新しい製造現場を生み出す喜び
大塚テクノとして、全く新しい分野である電子デバイスの製品開発から量産化までを担当することができました。製品を試作することからスタートしましたので、ピンセットで製品を組み立てて試作・検証を繰り返し、製品開発を行っていました。半年~1年間は手作業での試作を繰り返し、ようやく製品としてGOが掛かり、生産設備を導入することになりました。機械が導入され、生産設備が完成したときは、本当に嬉しかったですね。
ものづくりを一から体験できたことは、私にとって大きな経験であり、成長の機会につながったと思います。また、工場設立の際に、様々な分野のエンジニアと力を合わせ、自分の知らない分野のスペシャリストとも意見交換する機会が持てたことも大きな刺激となりました。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 自分の手で製品開発ができます。
進路を意識しだしたころには機械に興味を持っていましたので、大学では機械工学科へ進学し、卒業後も機械系の仕事をしてきました。きっかけは子供のころに流行していた、ミニ四駆という電池で動く車のおもちゃです。説明図通りに組み立てれば動いてはくれるのですが、もっと早く走らせるために子供ながらに考えて改良していました。そのうちラジコンにはまり、これも改造して・・・。振り返ると子供のころから機械をいじることが好きだったと思います。
現在の生産設備の仕事では、市場のニーズや顧客の要求に合わせていくために、日々、設備機器の改造を行っています。もちろん難易度も高く、責任もありますが、新しい改造を考え実践するという基本は変わりません。このようにワクワクできる仕事を担当できることが、大塚テクノの魅力です。
 
これまでのキャリア 大学卒業後、愛媛県の製造業に機械系技術者として入社。2011年に大塚テクノへ入社し、電子デバイス開発室に所属。新製品の開発から機械設計、設備機器の導入や改良まで行っている。2016年同室 課長補佐に昇格。

この仕事のポイント

職種系統 機械・電機・電子機器設計
仕事の中身 日常生活や身の回りで欠かせないモノやサービスを扱う仕事
仕事のスタイル 多少のリスクにも果敢にチャレンジする精神が必要とされる仕事
仕事でかかわる人 その道のプロと呼ばれる人と一緒に進める仕事
仕事で身につくもの 新しいモノを生み出す力が身につく仕事
特に向いている性格 常に新しいものに敏感な人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

技術者を目指されている方は、技術者としてのやりがいを感じられる企業へ就職することをお勧めします。そのためには、自分が目指す方向と会社が目指す方向が同じであれば、とても働きやすいのではないかと思います。当社は、ものづくりに対して「こうでなければいけない」と決め付けることなく、新しい挑戦を続けることができる会社です。この想いに共感できる人なら、きっとやりがいを感じることができると職場だと思います。

大塚テクノ株式会社の先輩社員

チームワークで製品のカタチを作ります。

精密製品開発室 技術開発課
花岡 真悟
法政大学 工学部 情報電気電子工学科

商品の品質を管理するお仕事

品質保証部 第一品質管理課
橋本 久子
徳島文理大学 人間生活学部 食物栄養学科

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる