三建産業株式会社サンケンサンギョウ
業種 プラント・エンジニアリング
重電・産業用電気機器/機械/設備・設備工事関連/その他製造
本社 広島

先輩社員にインタビュー

鉄鋼事業部(取材当時)
竹田太一
【出身】九州工業大学  工学部 物質工学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 炉の設計と施工管理を担当しています。
炉の設計と施工管理を担当しています。営業担当がヒヤリングした内容に基づいて、設計をすすめていきます。納期が決められている仕事なので、何よりも詳細なスケジュールの作成と実践が必要な仕事です。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
車を見るたび、自分の仕事との「接点」を感じて嬉しくなります。
入社1年目の夏頃、お客様にある設備を納入しました。当社の製品は、製造に欠かせない設備なのですが、このとき納品したアルミの溶解炉によってつくられるものは、車のエンジン部分。もちろん、私がエンジンをつくっているわけではないですし、エンジンの製造過程のほんの一部を担っているだけなのです。しかし、日常的に見掛ける車のなかに、自分の仕事が少しでも活かされていると思うと、なんだかくすぐったいような嬉しさを感じました。こうした嬉しさは、仕事をするたびに感じることができ、仕事に対する励みにもつながっています。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 間接的ではありますが、生活必需品の製造に一役買っています。
地元である広島で就職したいと考えていましたので、就職活動はすべて広島で行いました。当初は書店への就職を希望していたのですが、思うような結果が出せず、第二希望であった工業系の企業に方向転換。工業系のほうが大学での専攻と一致しているので、当社には大学の先輩も何人かいるという話も聞き、何となく親しみを持つことができました。また、活気あふれる社内の雰囲気にも魅力を感じましたね。「炉」を扱う仕事というと、世間的な知名度はあまりありませんが、生活に必要なものをつくるには欠かせない製品だけに、仕事の奥深さを実感することができます。
 
これまでのキャリア 工事技術部(現場施工管理)→鉄鋼事業部(設計)→本社営業部(営業)→技術部(設計)

この仕事のポイント

職種系統 施工管理
仕事の中身 日常生活や身の回りで欠かせないモノやサービスを扱う仕事
仕事のスタイル 目標をきちんと予定通り進めることが必要な仕事
仕事でかかわる人 その道のプロと呼ばれる人と一緒に進める仕事
仕事で身につくもの 臨機応変な対応力が身につく仕事
特に向いている性格 何事にも粘り強さで勝負する人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

私はまず「自分がやりたいこと」を考えて仕事選びをスタートさせました。現在の仕事は、第二希望の職種だったとはいえ、もともと興味のあった内容ですから、入社後も楽しく仕事に取り組むことができています。やはり仕事というものは、ある程度興味を持てないと結構つらいのではないかと思います。どこでもいいから就職だけできれば……という考えだけでは、長続きしないかもしれませんね。

三建産業株式会社の先輩社員

世界の新しいスタンダードを創り出したい!

開発部(取材当時)
加茂川伸征
山口大学 工学部 機械工学科

工業用炉の施工現場監督、設計をしています

熱処理事業部(取材当時)
藤田健
広島工業大学 工学部 機械システム工学科

既存設備のリニューアルに関する設計業務を担当しています。

デザイン技術センター(取材当時)
花岡 奈保子
九州工業大学 工学部 建設社会工学科

オーダーメイド生産の、工業炉の設計。

開発本部 開発推進部
秋丸 佳廣
佐賀大学 理工学部 機能材料化学科

お客様と当社内との架け橋となる仕事です。

プロジェクト営業部
山口 剛
広島大学 工学部 第一類(機械コース)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済 説明会・イベント予約 インターンシップにエントリー
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる