北陸放送株式会社
ホクリクホウソウ
2021
業種
放送
本社
石川

私たちはこんな事業をしています

☆石川県で唯一、ラジオ・テレビの2つのメディアを持つ兼営放送局です。
☆日本海側でいち早く開局した民間放送局です。
☆愛称:『MRO(えむ・あーる・おー)』  キャッチフレーズ:『みらいへ、いっしょに。』

                   

当社の魅力はここ!!

企業理念

『地域第一局』から『チャレンジする放送局』へ!

北陸放送は、ラジオ・テレビの兼営放送局です。日本海側で一番に開局した民間放送局として66年間、視聴者の皆様に支えられてきました。使命は、ラジオ・テレビで石川の現在(いま)が分かる番組を放送する、喜んでいただけるイベントを企画する、何よりも『地域への密着』が第一です。加えて、これからは新しいことへのチャレンジが重要です。その足がかりとして、2013年からはゴールデンタイムで1時間の自社制作のバラエティ生番組を放送、報道番組も平日は毎日生放送を行っています。地域第一局というと保守的なイメージがあるかもしれませんが、多くの若い力によってチャレンジする放送局へと変化を遂げています。

仕事内容

『テレビ局の仕事』って??

みなさんは『テレビ局の仕事』と聞くと、まずは何を思い浮かべますか?たいていのみなさんは、アナウンサーやテレビディレクター、記者、カメラマンといった仕事を思い浮かべるのではないでしょうか。しかし、実際はテレビ局の中にはたくさんの職種があります。CM枠を販売する営業、どのような番組をいつ放送するかを決定する編成、アンテナ保守や放送システム管理や設備計画等を行う放送技術、イベントを企画運営する事業、総務経理や人事といった事務的な仕事をする部署もあります。 放送と関わる多様なシゴトを経験することで、放送人として『プロフェッショナル』な領域を見出していくことが大切だと考えています。

社風・風土

20代社員の勢力拡大中!

北陸放送ではここ10年、毎年新卒採用を行い、石川県内では20代社員がとても多い放送局です。20代社員は総合職社員として入社し、配属先は入社後に決まります。自分の希望の部署に配属となる場合もあれば、希望ではない場合もあります。しかし、皆それぞれの部署で先輩社員にたくさんのことを教えてもらいながら成長しています。新入社員の時は分からないことがたくさんあって当然です。『分からないことを理解する』、その過程がとても大切です。 また、最近は女性社員の数も多く、産休・育休を取得した後もスムーズに仕事復帰するなど福利厚生面においても充実しています。風通しがよく、何でも相談し合える職場です。

会社データ

事業内容 ラジオ、テレビによる放送事業
●主な自社制作番組
テレビ…『レオスタ』、『絶好調W』             
ラジオ…『あさダッシュ』、『おいね★どいね』
●ネットワーク
テレビ…JNN(TBS系列)
ラジオ…JRN(TBS系列)、NRN(文化放送、ニッポン放送系列)
設立 昭和26年12月
開局 昭和27年5月
資本金 1億8000万円
従業員数 111名 (2019年2月) 
売上高 41億800万円 (2018年3月期)
代表者 代表取締役社長 京村 英二 
事業所 金沢本社、東京支社、関西支社、名古屋支社、富山支社
関連会社 (株)北陸アイティエス、(株)北陸スタッフ
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)