株式会社共和
キョウワ
2021

株式会社共和

プラスチック/高分子/開発/メーカー/医療機器/有機/グローバル
業種
化学
タイヤ・ゴム製品/機械/医療機器/文具・事務機器・インテリア
本社
大阪

私たちはこんな事業をしています

輪ゴムや粘着テープなどの包装資材、自転車関連の輪界用品、
医療用品をお客さまに提供する当社。

常に技術革新に力を注ぎ、環境に合った製品づくりと
品質保証により、着実に実績を伸ばしています。

独自の技術はもとより、国内外の関連各社とも連携。
世界的視野をもって新製品の開発・製品づくりを目指しています。

当社の魅力はここ!!

事業・商品の特徴

オーバンドだけではない!~生活に根付く製品~

1917年に日本で初めて輪ゴムを開発した当社。それ以来、ゴムバンドに関して、どんなお客様のご要望にもお応えしつつ、「生活に根付く製品」として、「変わらない製品」として提供させて頂きました。「ゴムバンドと言えばこのデザイン」といわれるほど浸透した「商品の顔」として、グッドデザイン・ロングライフデザイン賞を受賞しました。扱う製品は、輪ゴムや粘着テープの包装資材分野、電線・電絶資材などの電材用品、タイヤ・チューブ(自転車)などの輪界分野と多岐にわっております。今後も生活に根付く製品作りをコンセプトに、ものづくりを続けてまいります。

戦略・ビジョン

古い製品だけでない!新しい挑戦~skinixブランド~

当社が開発した医療用テープ製品「ゼロ感覚フィルムドレッシング エアウォール」を実感した人はそのフィルムの薄さに非常に驚かれ、満足して頂いております。このテープは患者さんがシャワーをする際、防水用として貼る透明フィルムとして使用されています。今までは、「仕方ない」とあきらめていた「貼った時の違和感」をなくしてほしいという患者さんの声から出来上がった製品です。患者さんや医療従事者の方たちが、本当に望んでいるものを地道に開発・提供しながら、医療の明日を、その足元から変えていきたい。そう考え、新しく誕生したブランド「skinix」。本当に必要としているものを常に提供し続けていきます。

社風・風土

人と人が近い企業

当社の社風は、「人と人が近い企業」。そして、できるだけ長く当社と共に歩んで頂きたいと願っています。昨今の経済状況のグローバル化に対応するために20代~30代の若手海外研修を設け、人材育成にも取り組んでいます。

会社データ

事業内容  1. ゴム製品および合成樹脂製品の製造ならびに販売
 2. 電線、配線器具および絶縁材料の製造ならびに販売
 3. 粘着テープ、粘着シートおよび接着剤の製造ならびに販売
 4. 包装材料および包装機械器具の製造ならびに販売
 5. 医薬品、医薬部外品、化粧品および医療機器の製造ならびに販売
設立 大正12年(1923年)8月25日
資本金 7億5,000万円
従業員数 357名(2019年3月期末)
売上高 127億円(2019年3月期末)
代表者 代表取締役社長 杉原 正博
事業所 本社/大阪市西成区
東京支店、札幌営業所、仙台営業所、名古屋営業所、福岡営業所、熊本出張所
工場 大阪第一工場、大阪第二工場、大阪第三工場、泉佐野工場、熊本工場

関連会社 Central Elastic Corporation Sdn,Bhd.(マレーシア):ゴムバンド製造の独資企業
天津共栄包材有限公司(中国):ツイスト・タイ製造の独資企業
天津百万魅力包材有限公司(中国):包装資材・包装機械器具等製造販売の独資企業
昆山共進口腔保健材料有限公司(中国):義歯用製剤の製造販売の合弁企業
ブランドの由来 『オーバンド』
「ゴムバンドの王様だからオーバンド」「輪ゴムの形がO型だからオーバンド」など、ネーミングの由来には諸説がありますが、「Oh! これこそ本当のゴムバンドだ!」の説が有力視されています
2012年10月では、国内シェアナンバー1(60%以上)をしてます。
*株式会社日本能率協会総合研究所 「輪ゴムとビニタイに関する市場調査」

『ビニタイ』
ビニ(VINY)には「植物のツル」という意味があります。しなやかでありながら添え木や支柱などにしっかりと巻きついて離れない「植物のツル」のイメージを「ひねって結ぶ」結束ひも(タイ)に重ね合わせ、結束タイ関連商品のブランドネームとして採用しました。
2012年10月では、国内シェアナンバー1(50%以上)をしてます。
*株式会社日本能率協会総合研究所 「輪ゴムとビニタイに関する市場調査」

『ミリオン』
創業当時から手がけてきた自転車用タイヤ・チューブの「100万本輸出計画」が政府から発表されたことを受け、工業用製品で世界に大きく飛躍するという願いを込めて「ミリオン」(100万)を工業用製品関連のブランドとして採用しました。

『ミリオンエイド』
永く市場に親しまれてきた「ミリオン」ブランドでしたが、工業用製品のイメージが根強く、医療・スポーツ用製品群のブランド展開のためにはこのイメージを払拭し、新しいブランドイメージを創出する必要がありました。そこで援助や救援を意味する「エイド」をつけ、メディカル製品群の新ブランドとして採用しました。

『パイロン』
パイロンとは古代エジプトの高い城楼のことで、人びとの希望も意味するところから、名づけられました。

『skinix スキニックス』
skinとmixを組み合わせた造語スキニックス。肌と交じり合うものをご提供致しますという意味で名づけられました。
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)