澤藤電機株式会社
サワフジデンキ
2021

澤藤電機株式会社

東証一部上場 【輸送機器・自動車/機械・電気電子】
  • 株式公開
業種
輸送機器
自動車/半導体・電子部品・その他/重電・産業用電気機器/その他製造
本社
群馬

私たちはこんな事業をしています

【1】電装品部門/商用車(トラック・バス)用スタータ、オルタネータを始め、電子制御製品、HVモータ等を手がけています。 
【2】発電機部門/建設現場やレジャー用、さらには非常時の電源として活躍するポータブル発電機(0.3~25KVA)を手がけています。 
【3】冷蔵庫部門/車や船舶に搭載される、小型ながら冷凍も可能な電気冷蔵庫を手がけています。

当社の魅力はここ!!

事業・商品の特徴

3つの技術フィールドで世界トップクラスのシェアを誇ります

当社は、業界のリーディングカンパニーとして「電装品部門」「発電機部門」「冷蔵庫部門」の3つの技術フィールドで事業を展開しています。「電装品部門」では、24V系自動車(トラックやバスといった商用車)の電装品を手がけ、スタータやオルタネータなど多彩な製品を開発。国内マーケットをリードしています。「発電機部門」では、小型発電機(0.3~15キロボルトアンペア)で世界トップクラスのシェアを獲得。自社ブランド製品『ELEMAX』の輸出も行っています。「冷蔵庫部門」では、世界で先駆けてスイングモータ搭載の小型電気冷蔵庫を開発。自動車・船舶用電気冷蔵庫では、世界トップクラスのシェアを誇っています。

戦略・ビジョン

環境適合型企業、技術開発型メーカーとして前進し続けます

「良い商品を造り、企業としての社会的責任を果たし、関係する全ての人に栄を与える」が当社の経営理念です。すなわち、良質な製品を造り、お客様、株主、従業員、そして国及び地域へ還元することと同時に、環境適合型企業としてたゆまなく前進していくことを私たちは目指しています。現在、商用車用電装品、ポータブル発電機、車載用冷蔵庫の分野でトップクラスのシェアをもっており、たくさんのお客様に支えられています。今後も技術開発型メーカーとして、ニーズにもとづく要素技術・固有技術の育成を図るとともに、お客様に満足いただける製品をタイムリーに提供していきます。

会社データ

事業内容 自動車(主に商用車)用電装品(スタータ・オルタネータ・ECU等)、ポータブル発電機、
小型電気冷蔵庫(車両・船舶用)等の開発・製造・販売
設立 1919年5月10日
資本金 10億8050万円
従業員数 731名 ※単体(2019年1月末時点)
売上高 308億円(2017年度) ※連結
代表者 代表取締役社長 吉川 昭彦
事業所 本社・工場/群馬県太田市
関連会社(サワフジグループ) ■(株)エス・テー・エス
 事業内容/貨物運送および関連業務
 所在地/群馬県太田市

■Engel Distribution Pty Ltd.
 事業内容/エンゲル電気冷蔵庫、発電機の販売
 所在地/オーストラリア

■SAWAFUJI ELECTRIC (THAILAMD) CO., LTD.
 事業内容/電装品(スタータ、オルタネータ等)、
      エンジン発電機用発電体の製造・販売
 所在地/タイ
主要取引先 日野自動車(株)、(株)デンソー、本田技研工業(株)、(株)小松製作所、
(株)ショーワ、(株)クボタほか
取引銀行 三井住友銀行、三井住友信託銀行、三菱東京UFJ銀行、群馬銀行
沿革 1908年 当社の前身澤藤電機工業所を創業  
1919年 法人組織に改組
1934年 社名を澤藤電機株式会社に改称
     自動車用電装品の製造販売開始
1949年 東京・大阪証券取引所第一部に上場
1962年 小型電気冷蔵庫「エンゲル」の製造販売開始
1965年 ポータブル発電機の製造販売開始
1988年 株式会社エス・エス・デーを設立
1990年 株式会社エス・テー・エスを設立
1996年 第2・3事業本部がISO9001を認証取得
1997年 新田工場がISO14001を認証取得
1998年 第1事業本部がISO9001を認証取得
2000年 Engel Distribution Pty Ltd.を設立
2008年 本社を群馬県太田市に移転
2012年  タイ国に合弁子会社
    「サワフジ エレクトリック タイランドCO.,LTD.」を設立
ここが会社の自慢 歴史を積み重ね、2019年に創業111周年を迎えました。
【それぞれの製品群で高いシェア】 3つの部門(電装品、発電機、冷蔵庫)において、
国内外で高いシェアを維持しています。
【コア技術の高さ】 モータ、発電機といった回転を制御する技術に関しては
他社の追随を許さないレベルにあります。
【生産設備・治具の内製化率】 コア技術となる巻線工程では生産設備・治具をほぼ100%近く、
組立ライン全体でも70%以上を内製化しています。
【プロジェクト制】 開発の仕事の進め方ですが、その特長は「プロジェクト制」です。
関連部門から担当者が集まり、企画段階から生産フォローまで見届けます。
よって、自分の意見・考えを最初から最後まで反映できます。
仕事には「やりがい」を感じるでしょうし、
製品には「愛着」を感じるでしょう。
【技術部門と製造部門の近さ】 技術部門と製造部門は同一敷地内にあり、
かつ距離も近いため、連携も取りやすいです。
【環境への取組み】 97年にISO14001を取得後、01年には直接埋立て廃棄物ゼロを達成。
工場では必要な電力の7~8割を
コージェネレーションシステム(2800KW、03年導入)や
太陽光発電システム(100KW、07年導入)による
環境にやさしい電力を使用して操業しています。
また、製品開発においては小型・軽量化、高効率化を進めて
CO2排出量を低減しています。
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)