株式会社JALエアテック
ジャルエアテック
2021
業種
航空
設備・設備工事関連/重電・産業用電気機器/自動車/機械設計
本社
東京

私たちはこんな事業をしています

当社は1958年に設立された企業です。現在はJALグループの一員として羽田空港・成田空港・福岡空港に拠点を置き、空港インフラ機能のサポートやメンテナンス事業などを幅広く展開しています。当社が製作した製品や提供しているサービスによって、航空機に求められる高い安全性・定時性・快適性を支えています。これからも高品質なサービスを提供し成長を続けていきます。

当社の魅力はここ!!

戦略・ビジョン

お客様から一番に選ばれる会社となり社会の進歩と発展に貢献

当社は1958年の設立以来、空港インフラ機能を担うスペシャリストとして、お客様から一番に選ばれる会社をめざして取組んでいます。日本の空においても最新技術の新鋭旅客機が続々と導入され、航空輸送はより安全で快適であることが望まれています。しかし、いかに技術が進歩しても「品質は人が創りこむ」ものであると考えています。当社は幅広い分野に置いて事業を展開し、当社の製品やサービスの質が航空機の安全性、定時性、快適性に繋がっていることを常に心に留めています。当社は信頼させる人財の育成に積極的に取組み、企業価値を高めることでお客様から一番に選ばれる会社として社会の進歩、発展に貢献していきたいと考えています。

事業優位性

日本を代表するJALグループの一員

当社は日本を代表する航空グループであるJALグループの一員として、羽田空港・成田空港・福岡空港に拠点を置いています。空港内の特殊車両や航空機整備用器材の設計・制作・メンテナンスを主力事業として、空港のインフラ機能のサポートとメンテナンス事業を幅広く展開しています。2004年には品質マネジメントシステムの国際規格である「ISO9001」を取得し、万全の管理体制を構築しながら空港を利用される多くの方々に満足していただける高品質なサービスを提供しています。今後お客様のニーズは多様化していきます。「空港関連技術に関する総合サービスプロバイダー」として、お客様との信頼関係を大切にしながらサービスを提供していきます。

仕事内容

航空機の安全・快適・定時運行を支えるやりがいのある仕事

当社での仕事は空港のインフラ機能をサポートすることです。それぞれの部署や仕事によって役割は違いますが、全員が航空機の安全・快適・定時運行を支えるやりがいのある仕事をおこなっています。航空機の知識など、最初に無くても大丈夫です。先輩や上司がていねいに指導し、さまざまな教育を受けることでスキルを身に付けることができます。さらには組織のマネジメントや経営に近いポジションで活躍していただくことを期待しています。日々の業務で知識と経験を積みながら、やりがいを持って働くことができる職場環境があります。どの仕事においても安全な航空システムを支える重要な役割を担っています。

会社データ

事業内容 空港内の特殊車両や航空機整備用器材の設計・制作・メンテナンス
航空機貨物用コンテナの組み立て、整備
航空機非常用装備品である高圧ガスボトルの整備
航空機エンジン等特殊部品の輸送
石油販売
設立 1958年9月11日
資本金 3億1500万円
従業員数 192名(2018年4月1日現在)
売上高 54億円(2017年)
代表者 代表取締役社長 永岡 真
事業所 【本社】
東京都大田区羽田空港3-5-2 JALメンテナンスセンター2
沿革 1958年 羽田モーターサービス(株)設立
1960年 空港モーターサービス(株)に社名変更
2003年 (株)日本エアモーターサービスと合併し、(株)JALエアテックに社名変更
2008年 会社創立50周年
2017年 子会社2社を吸収合併
ホームページ http://www.jalairtech.com/
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)